ドライバーが語るマクラーレン・ホンダへの想い

この記事は3分で読めます

alonso&buttonF1GPを闘うチーム「マクラーレン・ホンダ」の今季のドライバー「フェルナンド・アロンソ」と「ジェンソン・バトン」が、マクラーレン・ホンダへの想いを語りました。

フェルナンド・アロンソ

20150409-alonsoマクラーレン・ホンダへの移籍を後悔することがあるとすれば、それはフェラーリが2015年のタイトルを獲ったときだけだといっています。

フェラーリで無冠のまま5年間を過ごしたアロンソは、2007年に一度決別したチームであるマクラーレンに復帰することを選びました。それは、マクラーレンが新たにエンジンパートナーにホンダを迎えたのと同じタイミングでした。

2014年シーズンに1勝もできずに終わったフェラーリですが、アロンソが去ってからわずか2戦目のマレーシアGPで久しぶりの勝利を達成。一方、マクラーレンは2台ともリタイアに終わっています。そのため、移籍したフェルナンド・アロンソの判断は正しかったのかという疑問が浮上しました。

フェラーリを離れたことについて後悔はない?

「その質問は来ると思っていた」
「フェラーリが2戦目で勝ち、僕はQ2の前に脱落してしまったんだからね。質問するにはパーフェクトなタイミングだろう」
「でも、僕はフェラーリに5年間いて、そのうち3年を2位で終えた。4回目はもう嫌だった」

「彼らがシーズン末にチャンピオンになったら、僕の考えは変わるかもしれない。でも、彼らが2位や3位で終わったなら、僕は自分の判断が正しかったと考えるだろう」

「彼らが序盤にとても調子がいいことは何回もあった。ここ中国でも2013年に勝っている。それなのに、肝心な11月にはチャンピオンシップに勝てなかった。僕は11月に勝っていたい。それは見てみよう」

アロンソは、2014年の終わりにはもはやフェラーリで喜びを感じられなくなっていたとし、チームを変える必要があったと説明しました。

「僕は素晴らしい5年間を過ごしたし、僕たちは2回、タイトルにあと一歩というところまで迫った」
「いい思い出しかないし、彼らに対する気持ちは変わらない。でも、僕にとってはもう限界だった。あれ以上、ラップや年を重ねていくためのモチベーションが続かなかった」

「マクラーレンはチャレンジングだし、新しいチームと新しいプロジェクトを始めるのは楽しい。それが僕をパッピーしてくれているし、満たしてくれる。僕の心と魂はもうフェラーリで楽しめなかったんだ」

またアロンソは「マクラーレン・ホンダでF1キャリアを終えたい」とも語っています。今年、複数年契約を結んでフェラーリからマクラーレンに復帰したフェルナンド・アロンソは、引退するまでに他のF1チームで走るとは思っていないことをリポーターに明かしました。

ドライバーとしてのキャリア終了後、チームマネジメントに加入することを考えている?

「そういうことは考えていない。F1で15~17年間過ごせば、たとえそれがどうであっても、それで十分だ。フェラーリ時代も同じ例だと思う。人生のその部分のループを閉じるだろう」

「僕は3歳だったときに父のレプリカのマクラーレン・ホンダでスタートした。マクラーレン・ホンダとF1そのものを終えるだろう。それでも人生の3分の1だ」

「素晴らしい経験だろうし、素晴らしい思い出や友好関係があるけど、引退したときからノーマルな生活がスタートするだろう。マネージャーとしての自分は想像できない。それで十分だと思う」

「もちろん、僕たちはスポーツマンなので勝ちたいし、僕たち全員が競争的だ。でも、この年になり、キャリアのその時期になると、別のことにも目を向けていくものだ」

「幸運にも僕はチャンピオンを獲得したし、多くのグランプリで勝ってきた。
今はより幸せに感じることがあるし、トロフィを獲得するよりも、自分の仕事や自分のチームがやっていることをより誇りに思うときがある」

「成熟した心のステージに到達すると、人生における異なるプライオリティを持つときもある」

マクラーレン・ホンダは厳しいシーズンスタートを切りましたが、アロンソは、競技者としてのプライオリティは年齢とともにわずかに変化したと感じているようです。まるで、引退を考えているかのようなコメントで、ファンとしては少し不安を感じたのは私だけでしょうか・・・。

ジェンソン・バトン

buttonマクラーレンにはエンジンサプライヤーのホンダとの“素晴らしい未来”が見えているため、ポジティブな気持ちは変わらないと述べました。
スロースタートを切った新生マクラーレン・ホンダは、開幕2戦を終えても信頼性トラブルが続いていて、ノーポイントのままとなっています。

ホンダのパワーユニットは、信頼性を確保するためには今も性能を抑えて使用されていて、チームの空力構成もベーシックな状態となっています。しかし、ジェンソン・バトンは、これから続々と改良が投入されると語りました。

「未来のためのものがパイプライン上にはたくさんある」
「なぜ僕やチームがこんなにポジティブで陽気なのかと多くに人に聞かれるけど、それは僕たちには素晴らしい未来が見えているからだ。そこへ行くために、今も改善しながら多くのハードワークがなされている」

中国でマクラーレン・ホンダにどれくらいパフォーマンス改善を期待できるのか?

「できれば、とても大きなものであってほしい」

「冬にマイレージを稼げずにスタートするのは常にトリッキーだし、メルボルンで僕たちが完走したのは誰にとっても驚きだったはずだ」

「外部の人たちにとっては、オーストラリアからマレーシアに向けて僕たちがそんなに大きなステップを果たしたようには思えないかもしれないけど、かなり大きなものだったのは事実だ。
レースは完走できなかったけど、今後の大きなステップのために多くの重要な情報を得ることができた」

「ここでどうなるか見てみなければならない。とても長いストレートがあるのでちょっとトリッキーだけど、僕たちは力を合わせてとてもいい仕事ができている。僕たちの実力はまだこんなものではないはずだ。今週末はそれを見せられたら嬉しいね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ