スーパーフォーミュラ岡山予選/石浦が初ポール獲得

この記事は4分で読めます

ishiura01全日本選手権スーパーフォーミュラ第2戦岡山は23日、公式予選が行われ、1分12秒429でレコードタイムを更新した石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)が、自身初のポールポジションを獲得しました。小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)は予選4番手を獲得しています。

– Q1 –

午前に引き続き、くもり空のもと14時30分から始まった20分間の予選Q1では、開始直後からほとんどのマシンがコースイン。
序盤からアタックが行われ、開始から7分経過時には小暮卓史(DRAGO CORSE)が1分13秒857と、午前のフリー走行でマークされたコースレコードを早くも更新。その後も平川亮(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が1分13秒695までタイムを刻みました。

その後、各車は一旦ピットへと戻り、残り7分を切ったタイミングで再び一斉にコースイン。
チェッカーに向けてまずはQ1突破を目指してのアタックが行われていきます。
可夢偉やアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)がトップを奪っていきましたが、ここで首位につけたのは開幕戦でPPを獲得した山本尚貴(TEAM無限)。1分13秒104をマークしてQ1をトップで通過しました。

この結果、首位の山本から1秒以内に17台がひしめくことに。
中嶋一貴に代わって1号車をドライブしている大嶋和也(PETRONAS TEAM TOM’S)は1分14秒889で19番手となり、残念ながら予選Q1で敗退を喫することになりました。
ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)、国本雄資(P.MU/cerumo・INGING)、伊沢拓也(REAL RACING)、中嶋大祐もこのセッションで予選を終えています。

– Q2 –

続いて14時10分から始まった7分間の予選Q2も、進出した14台が続々とコースイン。
計測3周目に向けて走行を行っていきます。
ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)が計測2周目で1分13秒446をマークして首位につけますが、多くのマシンは計測3周目に向けて走行を行っていきました。

しかし、多くのマシンがその計測3周目に入っていた残り約1分半というタイミングで、中山雄一(KCMG)が9コーナーでハーフスピン状態でストップ。再始動することができず、この回収のために赤旗が提示されました。

この時点では、オリベイラ以外は1分18秒~19秒台のタイム。
赤旗は10分弱で解除され、残り時間2分30秒でセッション再開。
各マシンのQ2アタックは計測1周のタイムで争われる状況となりました。

そんなセッション再開後も波乱が。開幕戦ウイナーのロッテラーは、早めのアタックでまずは上位に名を連ねるも、タイムとしては1分14秒170。他車のタイムがマークされていくにつれて順位を落とし、最終的に13番手と、なんとここで予選を終えることとなってしまいました。

トップタイムは野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)の1分13秒047となり、2番手に山本尚貴(TEAM無限)とトップ2をホンダ陣営が独占。
ただし、ホンダ勢でQ3進出したのはこの2台のみとなりました。
3番手には石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)が続いています。
小林可夢偉も1分13秒572で7番手につけ、SFデビュー2戦目で予選Q3へ進出。
また、前戦は予選Q1敗退を喫してしまった平川亮(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)も6番手でQ3進出を果たしています。

一方、小暮、アンドレア・カルダレッリ(LENOVO TEAM IMPUL)、ナレイン・カーティケヤン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、塚越広大(REAL RACING)、中山、そしてロッテラーはここで予選を終えています。

– Q3 –

14時37分から始まった7分間の予選Q3。ishiura02
7分間のセッションながら、開始とともに全車コースインとはならず、各車間合いを見ながらのようなセッションスタートとなりました。

予選Q2は波乱の展開となった一方で、今回のセッションは大きなアクシデントなく推移。
ほとんどのマシンが計測3周目にアタックを行いました。
そんな中、まずは1分13秒083をマークして首位につけたのは、Q3初進出となる可夢偉。

しかし、その後方では石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)がセクター1のベストタイムをマークしながらコースを周回。
1分12秒台に入れるとともに、それまでの予選Q2のトップタイムをコンマ5秒以上更新する1分12秒429をマーク!一気にトップへ躍り出ます。

Q2でトップ2を占めたホンダ勢の2台も1分12秒をマークしますが、野尻が1分12秒525、山本が1分12秒695と石浦には及ばず。
この結果、石浦が自身初となるポールポジションを決めました。

Q3初進出となった小林可夢偉も1分12秒263で4番手につけ、オリベイラ、平川、ロシター、ウイリアム・ブラー(KONDO RACING)と8番手まで続いています。

2015 全日本選手権SUPER FORMULA 第2戦 予選ダイジェスト

ドライバーコメント

石浦宏明選手/予選ポールポジション

ishiura04「テストの時はフィーリングがよくて、その流れで開幕戦に臨んだのですが、速さが足りない感じがあったので、
インターバルの期間にエンジニアと相談して、まったく違うセッティングを持ち込むことを決めました」

「課題としては、朝の1時間でしっかりセットをまとめ上げきれるかというところだったのですが、
エンジニアがしっかりとメニューを作ってくれて、内容の濃い1時間になったので、予選に間に合わせることができました」

「予選の足りなかったところもデータで見つかって、予選を走り始めたらクルマのフィーリングも良かった。去年も、Q2では2番手とか3番手をよく獲得していたのですが、Q3での上がりしろがいつも足りなくて、そこをドライビングでもクルマでも課題にしていたんです。このクルマでもそこばかり集中してやっていました。
Q2、Q3とコンディションを読んで、セットアップを追いかけていくというのはテストでしっかり練習した通りにできたし、ドライビングも納得いく走りができました。もともと岡山は得意ですし、そのあたりは自信をもっていたので、うまくハマってくれてよかったです」

野尻智紀選手/予選2番手

noziri01「僕たちは走り始めからまずまず調子が良くて、朝のフリー走行でもいいタイムを記録できたかなと思います。
予選になってもそのフィーリングは変わらずにいけて、Q2はトップタイムを出せました」

「Q3になったらアンダーステアが少し出てきそうだなという話をチームともしたのですが、そこでさらに状況を先読みしてセットアップを進めることができなかったことが、敗因のひとつかなと思いますね。
ただ、2番手というのはいい位置だと思いますし、明日はスタート練習もありますから、なにかしらコツだとか岡山の路面状況をしっかり掴んで、良いレースができるように準備をしていきたいと思います」

山本尚貴選手/予選3番手

yamamoto04「テストの段階ではあまり調子が良くなかったので、少し苦戦するかなと思っていたのですが、持ち込んでみたら上位で走ることができました。予選に入ってからはポールポジションを獲ることだけを考えて戦っていたので、非常に悔しい気持ちはあります」

「ただ、この会見に2戦連続で来られたのは僕だけですし、まだ2戦しか走っていませんが、比較的キャラクターの違うコースに行っても、こうして速く走れるクルマがあるということは、僕にとっては非常にポジティブなことだと思います。そのポジティブなクルマがあるからこそ、明日は結果を残したいと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ