ハミルトン呆然 メルセデスピットミスを謝罪/F1モナコGP

この記事は2分で読めます

メルセデス012015年F1第6戦モナコGPは24日(日)、モナコ・モンテカルロの市街地サーキットで78周(260.520km)の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが終盤の逆転劇で前戦スペインに続く今季2勝目、通算10勝目となるトップチェッカーを受けました。

しかし、表彰台で呆然と立ち尽くすルイス・ハミルトンの心境はいかほどのものか。
ポールポジションから終始レースを支配していて、終盤まで2度目のモナコ制覇を信じて疑わなかったハミルトンの不運は、終盤63周目のマックス・フェルスタッペンとロマン・グロージャンによるクラッシュが大波乱の引き金を引いたのです。

セーフティーカーそれまで2番手のロズベルグに約17秒のリードを築いていたハミルトンでしたが、クラッシュ直後のバーチャルセーフティカーに続き通常のセーフティカーが導入されたところでチームからピットインの指示を受けます。

この時、チームはロズベルグとの間にピットストップ分のギャップがある、つまりピットアウトした時点でもハミルトンがトップのポジションで戻れることを確認して、隊列の先頭を走る彼を呼び寄せたはずです。
ところが、ハミルトンがピットボックスを離れようとするタイミングで不運にもザウバーの一台がメルセデスのピット脇を通過。
これによって一瞬スタートを待たされる格好となったハミルトンは、ピット出口でロズベルグに先を行かれたばかりか、暫定3番手を走っていたフェラーリのセバスチャン・ベッテルにもわずかな差で前にいかれてしまいます。

これで一気に3番手まで後退したハミルトンは、70周目のレース再開直後からスーパーソフトタイヤでなんとかポジションを取り戻そうと猛チャージをかけますが、“抜けないモナコ”ではそのハミルトンをもってしてもソフトタイヤのベッテルをオーバーテイクすることはできませんでした。その間、トップを走るロズベルグは、2番手を争う後方2台との差を徐々に広げていき、結局78周をトップでチェッカー。
結果的にハミルトンは3位に後退し、ロズベルグがモナコ3連覇を達成。
メルセデスの戦略ミスが両ドライバーの結果を大きく変えたレースになりました。

メルセデスの謝罪

トト・ウォルフこのピットインのサインに関して、メルセデスは、
「ミスによって、我々はルイスのグランプリを失わせた。我々は、ギャップが実際とは異なるものだと考えていた。
そして、彼は無線で、タイヤ温度が落ちており、もうグリップはないと言った。
完全なミスジャッジだった。我々は全体像を持っていなかった。とにかく心から申し訳なく思う。
ルイスがもたらすべき勝利だった。楽な走りでね。我々は彼からそれを奪ってしまった。
謝罪し続けること以外にできることはない」と述べています。

ニコ・ロズベルグ コメント(優勝)

nico04「これまでのレースで最も幸運な経験だった。なんてクレイジーなレースだ。セーフティカーの後ろに誰もいないことが
わかったときは驚いた。その時点では何が起こったのかわからなかった。でも、タイヤに熱を入れることに集中していた。氷のように感じていたからね。セーフティカーまで、ルイスは完璧な仕事をしていたし、彼は週末にわたって僕よりもよかたので、彼が勝利に値するのは確かだ。彼が今どれくらい酷い気分かはわかる。
僕にとって今週末は、モントリオールでの次のレースにむけてさらにハードに働かなければならないという警告だった。ここモナコで再び勝つことができて嬉しいのも確かだ。それはいつだって本当に特別だし、今日の勝利を祝うつもりだ。勝利は勝利だ」

ルイス・ハミルトン コメント(3位)

hamilton06-2「今の気持ちを表すことはできない。スクリーンのひとつでチームがピットレーンに出てきたのを見て、
ニコがピットインしていると思った。僕は他のドライバーも同じことをすると完全に確信してピットに入った。
これは長い間大事なレースだったし、僕にとって特別なレースなので、本当に勝ちたかった。
チームは一年中素晴らしかったので、彼らを非難するつもりはない。何がうまくいかなかったのかを分析し、
理解していくつもりだけど、今後のむけて改善するために全体的にそれをしていきたい。
僕はいつもチームやファンに勝つときも負けるときも一緒だと言っている。戦うために生きている」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ