アロンソの事故は600ワットの感電?

この記事は2分で読めます

600wフェルナンド・アロンソは、2月22日(日)のバルセロナテストでのクラッシュ事故で脳震盪を起こしたことで、2度目の脳震盪による「セカンド・インパクト症候群」に陥るリスクを避けるために開幕戦を欠場することになりましたが、事故についての推測は止む気配はありません。

マクラーレンは、アロンソの事故が“突風”によるものだと説明していますが、詳細な情報を開示しないことから、逆により憶測が広まってしまっています。

しかしイタリアの Skyは、アロンソが、親しい友人や家族に対し、マクラーレン・ホンダ MP4-30のコントロールを失って壁に激突する前に「脊椎部分に大きなショックを受けていた」と打ち明けたと報じています。

同レポートでは、フェルナンド・アロンソが具体的に“感電した”と語ったわけではないと説明していますが、このような報道により、あの事故には何か隠蔽された事実があるのではないかとの疑惑がさらに強まることになりそうです。

1990年代初期にF1に参戦したイタリア人元F1ドライバーのファブリツィオ・バルバッツァは「フェルナンドは600ワットの電気ショックを受けたことで重大な影響を受けてしまった」と La Repubblica にコメントしています。

また、ファブリツィオ・バルバッツァは、「集中することが困難となり、一時的に静脈が閉塞してしまったのだ」と、この情報をどこで入手したのかは明らかにしていないものの、信頼性の高いものだと主張しています。

さらに、70年代終盤から80年代にF1で活躍し、キャリアを通じて7勝をあげたフランス人元F1ドライバーのルネ・アルヌーも、ジュネーブ・モーターショーの会場で記者たちに次のように語りました。

「アロンソの医師たちが開幕戦欠場を勧告したことは、私にとっては少しの驚きではない。
私は、フェルナンドが事故を起こす前に身体的な異常を抱えていたと確信している」
「私だってF1で走っていた人間だ。自分が何を言っているかはわかっている」
「衝突は横からだったし、かすめたようなものだった。それではアロンソが受けたダメージの説明がつかない」
「あのとき風が吹いていたことが、うまい言い訳として使われたということだ」

そしてバルセロナのクイロン・デクセウス病院で神経科医を務めるロベルト・ベルビス博士は、フェルナンド・アロンソが開幕戦を欠場するのが「セカンドインパクト症候群」のリスクを回避するためだと説明されていることに対して怪訝な表情を見せている。

「もし、もう脳震盪の症状が見られないのであれば、セカンドインパクト症候群を防ぐためというのは論理的な説明ではない。
すでに回復しており、頭痛や集中力の欠如といった問題もなく、患者が正しく会話ができているようなら、もはや2回目の衝撃による危険はないと言える」とロベルト・ベルビス博士は AS にコメントしています。

ロベルト・ベルビス博士は、ひとつの仮説として、フェルナンド・アロンソに説明のつかない意識消失の症状が残っているのではないかと考えています。

「もし、原因不明の意識消失症状が残っていたとすれば、アロンソは3~4週間にわたって運転を控えるほうが賢明だ。
そして検査を受け続けなくてはならない」
「だが、メディアに対してアロンソが100パーセント回復していると説明しながら、セカンドインパクト症候群のリスクを回避するためにレースに出ないと言うのは意味をなさない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ