マクラーレン・ホンダ 今後の課題

この記事は3分で読めます

マクラーレン012015年F1カナダGPの日曜決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンは共にリタイアに終わっています。

開幕から、全てにおいて不発に終わっているマクラーレン・ホンダが抱えている問題をカナダGPを終えて、それぞれが分析しています。

エリック・ブーリエ(マクラーレン・ホンダ レーシングディレクター)

erickひと言で表現すると、期待はずれのレースと言うほかない。
フェルナンドは13番グリッドからスタートをうまく決めて1周目を終えるころには11位に上がっていた。
だがその後、次々やってくるライバルたちのマシンに対抗することができずに抜かれていった。
直線スピードが足りない上に、燃料に懸念があり、レースの間ずっと広範囲にわたってリフト&コーストをしなければならなかったからだ。20周目の時点で16位に落ち、46周目でエキゾーストトラブルのためリタイアすることになった。問題の詳細はまだ不明だ。

ジェンソンは予選に参加できなかったためにグリッド最後尾からスタートし、決勝前にMGU-Hとターボを交換したことで、ドライブスルーペナルティも受けなければならなかった。58周目には18位まで順位を上げたが、彼もエキゾーストトラブルによってリタイアしなければならなくなった。この問題はフェルナンドのトラブルとは別の種類のものだ。

こういったすべてのことに失望を感じたし、その気持ちは今も変わらない。失望感は非常に強い。だが昨日も申し上げたように、自分たちが何を改善すべきかは承知しており、それに取り組んでいる。時間は少しかかるかもしれないが、必ずや成果を挙げる。

この場を借りてフェルナンドとジェンソンに感謝と称賛の言葉を贈りたい。ふたりはどれだけきつい状況でも素晴らしい走りを見せてくれている。彼らは水面下で大変な努力をし、懸命に作業に取り組み、我々が信頼できる競争力を確立し、いずれ成功を収めるための進歩に貢献してくれている。マクラーレンとホンダのスタッフも同じ目標を達成するために休みなく働いている。

最後にファンの方々に敬意を表したい。この難しい時期にゆるぎないサポートを行ってくれる彼らに感銘を受け、同時に教えられる思いだ。実際彼らは#BelieveInMcLarenHondを体現しており、それを見ると励みになる。皆さん、ありがとう。心から感謝している。

新井康久(ホンダF1プロジェクト総責任者)

arai今週末の結果を心の底から悲しんでいます。
フリープラクティスと予選で発生した問題を修正するために懸命に作業に取り組んできました。非常に不利な状況を乗り越えて、なんとか2台のマシンの準備を整え決勝に送り出すことができたのです。それにもかかわらず、2台ともそれぞれ異なるエキゾースト関係のトラブルによってリタイアすることになりました。

フェルナンドのマシンに関しては、エキゾーストに温度の上昇が見られたため、ガレージに戻さなければなりませんでした。ジェンソンのマシンにもエキゾースト関係のトラブルが発生したと考えていますが、マシンをファクトリーに戻して調査するまでははっきりしたことは分かりません。

次戦オーストリアもハイスピードサーキットですが、今日の問題の原因を深く追求し、修正し、このレースに備えます。

フェルナンド・アロンソ

alonso-13戦連続リタイアという結果になりもちろん悲しい。パワーが低下し、ピットに入らなければならなかった。
そこでレースが終わった。僕らはいろいろな部分で状況を整える必要がある。現状を理解してはいるが、今やるべきことは今まで以上に努力することだ。今まで以上に現状を変えたいと思っているのだから。

開発がなされ、今後のレースに導入されていくことは分かっている。だからポジティブな兆候は感じている。今は我慢の時だ。必死に作業を進めていかなければならない。

ジェンソン(・バトン)にとっても僕にとっても困難な週末だった。土曜にトラブルが起こり、日曜の決勝では2台ともリタイアしなければならなかった。でも僕らは学習している。そう願っている。まだ競争力が乏しい今の段階でトラブルが出る方がまだいい。いつか表彰台争いをしたり、優勝争いをしているときにリタイアすることになれば、今リタイアするよりもっとずっと辛いだろうからね。だから毎週末、大事なことを学び、徐々にいい状態に持っていこう。

(無線で燃料をセーブするよう言われ「いやだ」と言ったことについて)フラストレーションを感じていたわけではない。いつ燃料をセーブすべきか、そのタイミングについて議論になっただけだ。レースの中では、段階に応じて違うドライビングテクニックを用いる必要がある。バトルの最中には燃料(節約)は最優先事項ではない。

燃料のことを優先する時間はその後にあった。(バトルしている間は)レースをさせてくれ。そうしたらその後、燃料をセーブするから。

後ろから集団が追いついてきて、彼らの方が圧倒的に速くて簡単に抜かれてしまうと、こっちはアマチュアドライバーのように見える。それはよくない。僕らの競争力がトップレベルでないことは分かっている。それに信頼性も向上させなければならない。僕らにはやるべきことが多い。今週末は改善すべき問題を知る重要なレッスンになった。

ジェンソン・バトン

baton本当に難しい一日だった。最後尾からスタートし、その上最初の3周以内にドライブスルーペナルティを受けなければならなかったので、より一層苦労した。そのために他から大きく遅れ、上位のマシンは僕を周回遅れにし、ピットストップした後、もう一度周回遅れにしていった。

今日の最大の問題は燃料をセーブしなければならないことだった。それに加えてタイヤの温度が下がってしまったのも厳しかった。それでもプライムタイヤでのペースはすごくよかったと思う。

今日の結果を他人が見れば、ひどいシーズンだと思うだろうけど、決してそうではない。実際、開幕戦から比べると大きな改善を果たしている。時には苦しい日もある。今日は間違いなくそういう一日だった。でも新しいプロジェクトをゼロからスタートしたときにはそういう日があるのも仕方がないことだ。パワーユニットの開発の面で他のチームから相当遅れているし、マシンのデザインフィロソフィーについても同じことがいえる。それでも新プロジェクトをスタートし、シーズン初めからチャレンジしていかなければ、いつまでたってもトップと戦える日は来ないだろう。

確かに今日は辛い一日だった。でもシーズンが始まって以来、1戦ごとに改善している。今日は例外だったけどね。このサーキットのレイアウトが僕らにとって不利なのは分かっていた。でもオーストリアではアップデートが導入される予定だし、また正しい方向へと進めると思うよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ