インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目

この記事は2分で読めます

ジョセフ・ニューガーデン01ベライゾン・インディカー・シリーズ第10戦が、カナダ・トロントで決勝レースが開催され、ジョセフ・ニューガーデンが今季2勝目を挙げました。チームメイトのルカ・フィリッピも2位に入り、CFHレーシングが1-2フィニッシュを達成しました。CFHレーシング01

また、自己ベストとなる8番グリッドからスタートした佐藤琢磨は、序盤には得意のウエットコンディションで6番手までポジションを上げましたが、ピットストップでポジションを落とし、10位でレースを終えました。

金曜日のプラクティスからスピードは見せていたニューガーデンですが、予選で失敗し、ファイナル進出を逃して11番グリッドからスタートすることとなり、序盤は9、10番手を走っていました。ジョセフ・ニューガーデン02

全車ウエットタイヤ装着で始まったレース、トップグループにいなかったニューガーデンは、早いタイミングでスリックにスイッチ。
9周目にジェイムズ・ジェイクス(シュミット・ピーターソン)がタイヤバリアに突っ込むと、フルコースコーションが出されるギリギリ前にピットへと滑り込み、タイヤ交換と燃料補給を行い作戦成功。

アクシデントの処理に目処がついてピットロードがオープンにされた31周目に、トップグループが次にピットイン。ここでステイアウトできたニューガーデンは一気に2番手にまで順位を上げ、優勝の決め手となりました。

レース終盤に2番手へと浮上して来たチームメイトのルカ・フィリッピが、ゴール前15周となってニューガーデンにバトルを挑んできましたが、前を走る優位をフルに使ったニューガーデンがギリギリのところでフィリッピの攻撃を封じ込め、キャリア2勝目へと逃げ切りました。フィリッピもキャリアベストの2位フィニッシュし、CFHレーシングが初めての1-2フィニッシュを達成しました。

3位はエリオ・カストロネベス、4位はウィル・パワーとシボレー軍団のナンバーワンであるチーム・ペンスキーのふたりを後ろに従えての1-2フィニッシュは大きな価値があります。

ドライバーコメント

ジョセフ・ニューガーデン(優勝)

ジョセフ・ニューガーデン03「また優勝できて最高に嬉しい。それがチームの1-2フィニッシュになるなんて驚きだ。チームが本当に凄い力を発揮してくれている。今日は凄まじい接戦になっていた。そして僕はイエローで少々ラッキーも貰えた。」

 

 

ルカ・フィリッピ(2位)

ルカ・フィリッピ「今日は表彰台に上ることをチームとして目標に掲げた。そして、2台揃って目標を達成したんだから嬉しいね。チームが僕らをトップグループで走らせるために必要な仕事をすべて完璧にこなしていくれていた。マシンには速さがあったので、いかにしてクリーンエアを受けて走るチャンスを作るかが課題となっていた。それを実現できたから1-2フィニッシュができた。」

一方、佐藤琢磨にとっては今シーズン3回目となるトップ10フィニッシュとなりました。

佐藤琢磨(10位)

takuma03「路面が濡れているレース序盤の私たちは非常に速かったと思います。1回目のピットストップでユーズドのソフトタイヤを装着してからも、トップより速いラップタイムを刻み続けることができていました。しかし、路面が乾いてきて、ハードタイヤを装着したときからのペースは少し足りていませんでしたね。

ピットストップのタイミングもベストではなく、コース上に残り続ける作戦に出たドライバー何人かに先行されました。私たちとしては、レース中にもっと雨が降ってほしかったところです。

しかし、そうはならず、最後のピットストップでは給油がタンクいっぱいまでされないトラブルがあり、ゴール前の私たちは燃費セーブをしながら走っていました。激しいポジション争いが延々と続いたレースは、85周の長さでしたが、とても短く感じられました。そして、緊迫したバトルを戦い抜いた結果、トップ10フィニッシュを達成できました」

次戦までには1週末のインターバルを挟みます。第11戦は6月26・27日カリフォルニア州フォンタナでの500マイルレースです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ