マクラーレン・ホンダにはタフな週末/F1オーストリアGP

この記事は3分で読めます

MC-02マクラーレン・ホンダは、F1オーストリアGPの決勝レースで、フェルナンド・アロンソ、ジェンソン・バトンともにリタイアでした。現在の状況について、マクラーレン・ホンダ レーシングディレクターをはじめ、各ドライバーも日曜日のレースを振り返っています。

エリック・ブーリエ (マクラーレン・ホンダ レーシングディレクター)

erick「『失敗する余地があるなら、失敗する』というマーフィーの法則がありますが、マクラーレン・ホンダについて言えば、今日はそれを100%証明したような一日でした。数々のペナルティによってグリッド最後尾に追いやられた結果、我々のドライバーは今日のグランプリを19番手および20番手からスタートしました。

レースがまだ1周目の段階で、フェルナンドはフェラーリーのキミ・ライコネン選手との接触によってリタイアとなりました。かなり激しい衝突でしたので、一番大事なのは、誰も深刻なケガを負わなかったということです。それから数周後に、今度はジェンソンがレースを終えることになりました。これは、マシンの吸気システムのセンサーに不具合が発生したためです。

今回は、ウォーキングおよび日本のさくらにいるマクラーレン・ホンダチームの全員にとって厳しい週末となりましたが、我々がこれに怯むことは決してありません。もちろん、厳しい状況であることは認めますが、状況が厳しいほど人は強くなるのです。我々は強い気持ちを持って突き進んでいくので、見ていてください。」

新井康久 (ホンダ F1プロジェクト総責任者)

arai「厳しいペナルティを受けてのスタートでしたが、レースにならずに終了してしまいました。まず何よりも、フェルナンドが無事であったことに安心しました。ジェンソンについては、吸気系のセンサーのフェイルにより、出力が絞られてしまいレースにならないと判断して、リタイアを選択しました。

信頼性に課題が残っていますが、次のイギリスGPに向けては2台のシャシーのアップデートとともに良いレースができるよう準備します。」

フェルナンド・アロンソ (リタイア)

alonso004「好スタートを切り、1コーナーおよび2コーナーで、順位を大幅に上げることに成功した。前を走っていたキミ・ライコネンのマシンはプライムタイヤを装着しており、2コーナーの出口でホイールをスピンさせていたので追い越そうとしたところ、ライコネンのマシンがコントロールを失って左側に流れ、そこにいたのが僕のマシンだった。

その結果、両マシンがウォールに激突したけど、幸い、2人ともケガはなかった。ライコネンのマシンはギアが5速に入っていて、グリップ力がほとんどない状態だったと思うので、奇妙なアクシデントだった。僕たちが前に突き進むには、チームワークが不可欠だ。当然のことながら、チームの目標は、現時点で達しているレベルよりもさらに高いところにあるけど、我々は正しい方向に向かいつつある。近いうちに運がまわってくることはわかっているので、僕は前向きな姿勢でいる。

あの瞬間、何も見えなかった。僕のシートポジションからは空しか見えなかったから、ミラーを見ていた。マシンの動きが止まった時、自分のクルマの下に他のマシンがあるのが分かった。すぐにマシンから飛び降りて、彼の無事を確かめた。」

ジェンソン・バトン (リタイア)

button03「マシンには何も故障はなかったけど、何らかの不具合が発生した。スイッチを切り替えても変化がなかったので、チームとして、マシンをリタイアさせる決断を下した。今週末は新品のエンジンを搭載していたので、不必要に損傷を与えることを避けるために、そこでレースを終えることにした。シルバーストーンでは、また前進することになるだろう。今、抱えている問題を解決し、母国の観客の前でさらに力強いレースを披露できるようにしたいと思う。また、その次のハンガリーGPは、僕たちのマシンに適したサーキットなので、良い結果が残せるようにしたい。

こういうときは、前向きな姿勢でいるようにするしかない。ファクトリーにいるメンバー全員がレース後の僕たちのインタビューを聞いているので、フェルナンドも私も、みんなのモチベーションを維持できるようにしたいと思う。このパッケージで何を達成できるのかはわかっているので、状況はそれほど悪くない。チームのメンバー全員が引き続き強い気持ちを持っていられるように心がける。」

クラッシュの影響でテストプランを変更

MC-03マクラーレン・ホンダは、キミ・ライコネンとのクラッシュによるフェルナンド・アロンソのマシンのダメージの影響で、オーストリアでのインシーズンテストで少ないアップグレードを走らせることになったと発表しました。

マクラーレン・ホンダは、F1オーストリアGPに、新しいショートノーズ、フロントウィング、フロア、ディフューザーを含めた大幅なアップグレードパッケージを導入しましたが、パーツが十分ではなく、フェルナンド・アロンソのマシンにのみ装着されました。

フェルナンド・アロンソは、アップグレードがうまく働いていて、火曜日のテストでさらに新しいパーツを評価する予定だと土曜日に述べていました。しかし、アロンソは、F1オーストリアGPの決勝レースの1周目にキミ・ライコネンとクラッシュ。マシンがダメージを負ったことで、マクラーレン・ホンダは、新旧のパーツをミックスして走らせることになりました。

チームには、スペアとして新しいノーズボックスや互換性をもつフロントウィングなどがあって、それらはアップグレードの部分的な評価をすることはできます。

このような状況を考慮して、マクラーレン・ホンダはテストプランを変更。初日にストッフェル・ファンドーネがテストを行い、フェルナンド・アロンソは2日目に走行することになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ