インディ第11戦フォンタナ/ペジナウが初ポール

この記事は2分で読めます

サイモン・ペジナウ02ベライゾン・インディカー・シリーズ第11戦がカリフォルニア州フォンタナのオート・クラブ・スピードウェイで開催され、26日に行われた予選は、サイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)が今季初ポールを獲得しました。佐藤琢磨(AJフォイト)は、ホンダ勢2番手の予選9位でした。

カリフォルニア州ロサンジェルス郊外のフォンタナ。全長2マイルのオート・クラブ・スピードウェイでのシリーズ第11戦の予選が開催されました。

2回のプラクティスの後、夕方の4時45分にシングルカー・クオリファイは始まりました。
ポイントリーダーのファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)が最初のアタッカーとしてコースインした時、35度もあった気温から徐々に下がっていくコンディションの為、アタック順が後半連れて有利になっていました。

しかし、3番目にアタックしたサイモン・ペジナウの2ラップ平均スピード=218.952mphは最後まで誰にも破られず、ペジナウの計測1ラップ目は219.11mphでした。今日の予選で219mph台を記録したペジナウのみ、間違いなくナンバーワンでした。

ペジナウにとってキャリア2回目のポールポジション獲得は、チーム・ペンスキー移籍後では初。そして、オーバルでも初のPPとなりました。

予選2番手はエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)。
2ラップ平均は218.734m phでした。チーム・ペンスキーの予選ワンツー。
そして、彼らだけが2ラップ平均を218mph台に乗せていました。

予選3番手はマルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)が手に入れ、ホンダ勢でダントツのパフォーマンスを見せつけました。

予選4番手はエド・カーペンター(CFHレーシング)。5番手はモントーヤ。5、7番手にはチップ・ガナッシ・レーシングのトニー・カナーン、スコット・ディク ソンが並び、ポイントランキング2位のウィル・パワー(チーム・ペンスキー)はペンスキー勢でもっとも後方の8番グリッドとなりました。

佐藤琢磨は、予選9番手につけました。
昨年は4位でしたが、今年は2回のプラクティスで予選セッティングまでを十分にチェックし切れませんでした。それでも、限られたデータからマシンのセッティングをひねり出し、トップ10入りを達成しました。

今週末の苦戦組は、セバスチャン・ブルデー(KVSHレーシング)の予選15番手と、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)の予選19番手。ジェイムズ・ジェイクス(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)はプラクティス2でエンジンがブロー。その交換が間に合わず、予選に出走しませんでした。

ドライバーコメント

サイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)
サイモン・ペジナウ03「とてもうれしい結果。22号車のクルー達は本当に一生懸命やってきてくれている。彼らに少しでも恩返しがしたかった。
今日こうしてPPを獲得できたので、少しはそれができたかな。
500マイルのレースだけれど予選ポジションは重要。特に、フロントローならスタート直後などにトラブルに遭遇する可能性を小さくできるし、上位にポジションを保ち続けるのがレースを戦う上ではおおいに有利だ。」

マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)
マルコ・アンドレッティ(アンドレッティ・オートスポート)

「明日が楽しみだ。3位という予選結果もうれしいが、決勝用マシンの仕上がり具合が最高なんだ。」

 
佐藤琢磨(AJフォイト)
佐藤琢磨04「チームのパフォーマンスから言って、満足のいく結果となりました。プラクティスではマシンの力を最大限発揮し切れていませんでしたが、予選では持っているものをすべて注ぎ込み、バンピーなボトムレーンも走れるマシンを手にしました。2ラップ目は少しスピードが下がりましたが、それはタイヤのデグラデーションなど、仕方の無い部分だったたと思います。トップ10に入れたし、いいスタートポジションを得られたと思います。」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ