フォーミュラE 第10戦 予選/セバスチャン・ブエミがポール

この記事は4分で読めます

セバスチャン・ブエミ03フォーミュラE第10戦ロンドンePrixの予選が行われ、e.ダムス・ルノーのセバスチャン・ブエミが圧倒的なタイムでポールポジションを獲得しました。ジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン)が2番手。ブエミとタイトルを争うルーカス・ディ・グラッシ(アウディ・アプト)が3番手につけました。
ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)も4番手タイムを記録しましたが、予選後審議対象となっています。
アムリン・アグリから参戦している山本左近は18番手でした。

フォーミュラEもいよいよ最終ラウンド。
6月27日、そして28日の2日間、ロンドン市内のバターシーパークで、ロンドンePrixが行われています。コース幅は非常に狭く、木々が生い茂り、そしてバンピー。今季最大級の難コースと言えるでしょう。

予選は現地時間の12時から行われました。

第1グループ

チャンピオンを争うディ・グラッシが登場します。
先頭でアタックに入ったのは、e.ダムス・ルノーのニコラス・プロスト。
プロストは、いきなり1分26秒593という好タイムを記録します。
しかし、ディ・グラッシが、ターン3でドリフトばりのコーナリングを見せる渾身のアタックで1分25秒676を記録し奪首。
サム・バード(ヴァージン)も1分25秒台に入れてディ・グラッシを追います。
ステファン・サラザン(ベンチュリ)もセクター2まで好ペースを維持しますが、他のマシンに進路を邪魔されてペースダウン。無線で怒りを表します。

2回目のアタックでプロストが1分25秒258にペースアップ。これでこのグループ首位は確実かと思われましたが、直後にディ・グラッシが1分25秒105でトップタイムを更新し、首位へ。
その直後、ターン8で今回が初参戦となるファビオ・ライマー(ヴァージン)がクラッシュし、イエローフラッグ掲示。
このイエローフラッグの影響でサラザンはまたしてもアタックを妨害される形となってしまい、このグループ4番手で終えてしまいます。バードはポールポジションを獲得すれば、決勝以降にチャンピオン獲得の可能性を残していましたが、この時点でポールの可能性はなく、タイトル争いから脱落することが決定してしまいました。

第2グループ

優勝こそないものの速さを見せ続けているジャン-エリック・ベルニュ(アンドレッティ)が登場。今回からアンドレッティのマシンはカラーリングが変わり、オレンジ色に塗られています。また、スーパーGTに参戦中のオリバー・ターベイもネクストEV TCRのマシンをドライブ。

そのターベイが先頭でアタックへ。ベルニュが素晴らしいタイムでセクター1をクリアしますが、ターン8で痛恨のオーバーラン。ランオフエリアでマシンを止めてしまいます。
ターベイは順調にアタックを完了させ、1分25秒952で全体の4番手タイムを記録します。フォーミュラE初参戦ながら、見事な適応力です。

アタックをやり直したベルニュは、1分25秒182を記録し全体の2番手へ。
しかしこのアタックラップは、1回目のアタックと比べるとセクター1が遅く、ベルニュによれば、最初のアタックの際にはマシンに不具合があったよう。ターベイもペースアップを果たし、第2グループ終了時点で全体の2番手。ブルーノ・セナ(マヒンドラ)が全体の5番手に入っています。

第3グループ

この組には、このレースがフォーミュラE最初のレースとなる山本左近(アムリン・アグリ)や、開幕戦で勝利を逃したニック・ハイドフェルド(ベンチュリ)、ベテランのヤルノ・トゥルーリ(トゥルーリ)らが名を連ねています。

先頭でコースに出ていったのは、ダニエル・アプト(アウディ・アプト)。
左近はタイミングを計り、大きく遅れてコースイン。このグループのアタック1回目は、アプトの1分26秒302が最速。
左近は1分27秒728で全体の12番手。2回目のアタックではハイドフェルドが全体の8番手にアップし、アプトも9番手に。
左近は自身のタイムを伸ばしたものの、13番手がやっと。
一方、最後にアタックを行っていたカルン・チャンドック(マヒンドラ)が最終コーナーアウト側にクラッシュしてしまいます。

第4グループ

チャンピオンを争うピケJr.とブエミが登場。
現在ランキング3位のブエミとすれば、獲得ポイントを少しでも稼ぐため、なんとかポールポジションを獲得し、2ポイントを加算したいところです。

アタックラップに最初に入っていったのはダンブロジオ。ピケJr.はその後ろにピッタリとついていきます。
ブエミはピケJr.の後ろですが、大きくスペースを開けました。ピケJr.はさすがにダンブロジオに近づきすぎてしまって、アタックを自重。この動きを見たブエミも、1周待つ選択をします。

そして最初のアタックラップ。ピケJr.のタイムは伸びず、全体の4番手。一方ブエミは、素晴らしいアタック。1分24秒648と、それまでのトップタイムを0.5秒以上更新する圧倒的な最速タイムを記録。この時点でトップに立ちます。ブエミは最終コーナーでリヤをウォールに擦らせてのアタックでした。

続く2回目のアタックでは、ピケJr.が全体の3番手に上がります。しかし、その直後にダンブロジオがこれを上回って2番手に。
ブエミは自身のタイムを更新することはできませんでしたが、またも1分25秒1を記録し、これでポールポジションを確定させました。なお、ピケJr.は審議対象となり、決勝に向けて何らかのペナルティが課せられる可能性があります。

フォーミュラE第10戦ロンドンePrix決勝は、日本時間の今夜24時から行われます。

フォーミュラE第10戦ロンドンePrix予選結果(暫定)

順位 No. ドライバー チーム タイム
1 9 セバスチャン・ブエミ e.ダムス・ルノー 1’24”648
2 7 ジェローム・ダンブロジオ ドラゴン 1’25”104
3 11 ルーカス・ディ・グラッシ アウディ・アプト 1’25”105
4 99 ネルソン・ピケJr. ネクストEV TCR 1’25”144
5 27 ジャン-エリック・ベルニュ アンドレッティ 1’25”182
6 8 ニコラス・プロスト e.ダムス・ルノー 1’25”258
7 88 オリバー・ターベイ ネクストEV TCR 1’25”829
8 21 ブルーノ・セナ マヒンドラ 1’25”879
9 2 サム・バード ヴァージン 1’25”894
10 77 サルバドール・デュラン アムリン・アグリ 1’25”964
11 6 ロイック・デュバル ドラゴン 1’25”988
12 23 ニック・ハイドフェルド ベンチュリ 1’26”128
13 66 ダニエル・アプト アウディ・アプト 1’26”302
14 30 ステファン・サラザン ベンチュリ 1’26”318
15 10 ヤルノ・トゥルーリ トゥルーリ 1’26”852
16 5 カルン・チャンドック マヒンドラ 1’27”160
17 28 シモーナ・デ・シルベストロ アンドレッティ 1’27”208
18 55 山本左近 アムリン・アグリ 1’27”456
19 18 アレックス・フォンタナ トゥルーリ 1’28”083
20 3 ファビオ・ライマー ヴァージン 1’28”152

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ