インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝

この記事は4分で読めます

ミルウォーキー/表彰台インディカー・シリーズ第12戦は、1マイルオーバルで開催される伝統の一戦“ザ・ミルウォーキー・マイル”を制したのは、セバスチャン・ブルデー(KVレーシング)でした。佐藤琢磨(AJフォイト)は、スピードが伸びず14位でレースを終えました。

予選と同日に決勝レースを行う新しいスケジュールは、実に慌ただしく、夕方4時30分過ぎ、24台のインディカーは快晴の下で決勝レースのスタートを切りました。

エアロキット装着による初めてのショートオーバルレース、スタートからポールシッターのジョセフ・ニューガーデン(CFHレーシング)が圧倒的な速さでトップを疾走。これに対抗できたのは予選2番手のライアン・ブリスコ(シュミット・ピーターソン)だけでしたが、彼はタイヤ交換、燃料補給と2回続けてピットストップで大幅なタイムロスを喫し、最後は単独スピンでウィル・パワー(チーム・ペンスキー)を巻き添えにレースを終えました。

レース中盤に2回続けて出されたフルコースコーションが明暗を分けました。
ジェイムズ・ジェイクス(シュミット・ピーターソン・モータースポーツ)のエンジンブローと、ブリスコとパワーのアクシデントによるコーションで、セバスチャン・ブルデーだけがピットストップを行わず、2位以下を大きく引き離し、一時的に、全員を周回遅れにするほど大きなリードを手にしていました。最後のピットストップをグリーン下で行っても、ブルデーはトップを保ったままレースに復帰しました。

ブルデーにとって唯一の試練は、最後の最後にやって来ました。
ゴール目前の222周目にジャスティン・ウィルソン(アンドレッティ・オートスポート)がエンジンブローでストップ。3回目のイエローが出された時、ブルデーは、ピットインしたばかり。8周しか走っていないタイヤを装着していましたが、残り周回での大逆転に向けて多くのチームがフレッシュ・タイヤへの交換を決意したです。ブルデーはコース上にステイアウトしてトップをキープ。残り18周でライバル勢を凌ぎ切れるかに注目が集まりました。

リスタートが切られると、クリーンエアを武器にブルデーはダッシュ。オールドタイヤで戦うファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)とエド・カーペンター(CFHレーシング)は2、3番手のポジションを諦めるしかなくなり、フレッシュタイヤを武器にエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)は彼らをパスし、トップをいくブルデーを追います。セバスチャン・ブルデー

しかし、ブルデーのスピードが衰えることはなく、2秒以上の差をもって彼は悠々とゴール。チャンプカーとインディカーが合併して以来、ブルデーはついに初めてのオーバル優勝を飾りました。デトロイトでのレース2(シリーズ第8戦)に続く今シーズン2勝目でもありました。

エリオ・カストロネベス最後尾スタートながら2位フィニッシュしたカストロネベスの戦いぶりも賞賛に値します。マシンが良く、ピットストップの短さなど、チーム力を味方につけてのパフォーマンスでした。レイホールの3位フィニッシュもまた素晴らしい結果です。今シーズン5回目の表彰台も驚きです。彼らは1台体制のチームなのです。

この3位フィニッシュによってレイホールはランキングをひとつ上げ、ポイントランキング3位となりました。カストロネベスと同ポイントですが、レイホールは1勝しているため、ランキングは彼より上となります。

ランキング2位だったパワーは今日のクラッシュで5位まで一気に後退。今日、ランキング2位に浮上したのはスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)ですが、レイホールとの差は15点しかありません。レイホールはトップのモントーヤとの差も69点となっています。

佐藤琢磨ミルウォーキーまた、佐藤琢磨はスタート直後のスピードの無さが最後まで響いた。1周遅れを最後の最後で挽回し、最後のピットストップに10番手で入った琢磨でしたが、右リヤタイヤ・チェンジャーがミス。大きくタイムをロスして15番手まで後退し、リスタート後にはカルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)1台だけしかパスできませんでした。結果は14位。

ドライバーコメント

セバスチャン・ブルデー(KVレーシング)

セバスチャン・ブルデー(KVレーシング)「今日の僕らのマシンは本当に速かった。ミルウォーキーのようなコースでは時としてマシンが本当に素晴らしいものに仕上がることがあるが、今日がまさにそれだった。一度は自分たちの作戦が裏目に出たと思ったが、コース上のスピードで自分たちの有利にひっくり返すことができた。」
グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)

グラハム・レイホール「チームが本当に頑張ってくれている。持てる力のすべてを出し切る戦いが今日もできていた。最後のピットストップで3つもポジションを稼ぎ、リスタートの後に2つ更にポジションアップ。本当はエリオ(カストロネベス)を抜いて、更に上位とのポイント差を縮めたかったが、それは叶わなかった。残るレースでも僕らは思い切りプッシュをし続ける。ホンダの先頭を切って戦っていることも誇りに感じている。」

佐藤琢磨(AJフォイト)
佐藤琢磨04「長く厳しいレースでした。スタート直後のマシンは非常にドライビングが難しいものになっていて、最初のピットストップを行う前までに順位を大きく落としました。そのうえ、そのピットストップに時間がかかってしまったことから周回遅れに陥りました。
その後はリードラップに戻るべく全力で追い上げました。マシンはウイングを調整したことでトップグループに匹敵するスピードで走ることができました。しかし、一台のマシンが、一つのフルコースコーションでコース上に残る作戦を採用し、彼が私の前を走り続けたためにリードラップに戻ることができませんでした。それでも奮闘を続けた結果、リードラップに戻ることはできたのですが、もうレースの残り周回数は20周を切っていました。それでもトップ10でゴールできるチャンスを手に入れ、最後のピットストップ後にはさらに順位を上げることを狙っていました。

ところが、最後のピットストップのリアタイヤの交換でトラブルが発生。10番手でピットインしたのに15番手まで後退。リスタート後に1台を抜きましたが、同じく新品タイヤを履くライバルたちが相手となっていたため、14位でのゴールとなりました。悔しいレースでした。」

インディカー・シリーズ第12戦ミルウォーキー決勝レース結果

Pos. No. Driver Team Eng/Aero Laps
1 11 S.ブルデー KVSHレーシング C 250
2 3 H.カストロネべス チーム・ペンスキー C 250
3 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 250
4 2 JP.モントーヤ チーム・ペンスキー C 250
5 67 J.ニューガーデン CFHレーシング C 250
6 10 T.カナーン チップ・ガナッシ C 250
7 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ C 250
8 27 M.アンドレッティ アンドレッティ・オートスポート H 250
9 22 S.ペジナウ チーム・ペンスキー C 250
10 20 E.カーペンター CFHレーシング C 250
11 98 G.チャベス BHA H 250
12 83 C.キンボール チップ・ガナッシ C 250
13 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 250
14 14 佐藤琢磨 A.J.フォイト・レーシング H 250
15 26 C.ムニョス アンドレッティ・オートスポート H 250
16 19 T.ボーティエ デイル・コイン・レーシング H 248
17 41 J.ホークスワース A.J.フォイト・レーシング H 221
18 25 J.ウィルソン アンドレッティ・オートスポート H 219
19 8 S.カラム チップ・ガナッシ C 183
20 4 S.コレッティ KVレーシング C 156
21 5 R.ブリスコ シュミット・ピーターソン H 130
22 1 W.パワー チーム・ペンスキー C 130
23 7 J.ジェイクス シュミット・ピーターソン H 113
24 18 P.マン デイル・コイン・レーシング H 27

※C=シボレー、H=ホンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ