F1ハンガリーGP フリー走行1・2 共にハミルトンがトップ

この記事は3分で読めます

ルイス・ハミルトン05ドイツGPの中止で3週間のインターバルが空いたF1は、24日、首都ブダペスト近郊にあるハンガロリンクで幕を開け、F1第10戦ハンガリーGPの2回のフリー走行が行われ、ともにルイス・ハミルトンがトップタイムをマークしました。

快晴に恵まれた初日の金曜日は朝から徐々に気温が上がり、セッション開始時の路面温度は39度を記録。その後、45度近くまで路面温度は上昇し、予想どおり厳しいコンディションでのセッションとなりました。

フリー走行1回目

10時ちょうどにセッションが始まると、数台のマシンがフロービズや気流センサーをつけて新たなパーツのチェックに励むなか、メルセデスの2台がいち早く計測ラップを開始。序盤は1分25秒台前半のタイムをマークしたルイス・ハミルトンがトップに立ちます。

最初のスティントでチームメイトと同じ11周を走ったニコ・ロズベルグは2番手につけますが、その差はコンマ9秒と大きなギャップ。そのメルセデスにレッドブルのダニエル・リカルドが続き、4番手にフェラーリのキミ・ライコネン、さらにトロロッソの2台を挟んで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが7番手につけました。

最初の走行を終えた各車は、セッション折り返し過ぎから再びコースイン。ここでは、マシントラブルで序盤を走れなかったフェラーリのもう一台、セバスチャン・ベッテルがようやくコースインを果たしましたが、10周を走ったところで今度はエンジンパワーを喪失。再度のトラブルに見舞われ、一足早くマシンを降りることとなりました。

セルジオ・ペレス横転

セルジオ・ペレス横転

その後セッションは残り30分を前にセルジオ・ペレスが単独スピンから横転するアクシデントを起こし、赤旗中断。幸いペレスは無事でしたが、セッション再開まで10分近くを要すると、今度はそれまで順調に周回を重ねていた3番手ライコネンのフロントウイングが脱落。パーツが散乱し、セッションは残り5分で再び赤旗が振られることとなりました。

結局、終了1分前にセッションは再開されましたが、上位の顔ぶれは変わらず、ライコネンの赤旗前にベストタイムをわずかに更新したハミルトンがトップ。序盤のハミルトンとのギャップをコンマ1秒まで縮めたロズベルグが2番手という形となりました。

3番手はウイングの脱落でセッションを終えたフェラーリのライコネン。リカルドとダニール・クビアトのレッドブル勢が4番手と5番手につけ、ベッテルを挟んでトロロッソのカルロス・サインツJr.が7番手で続きました。

マクラーレン・ホンダは、16周を走ったアロンソがトップから2.1秒差、10番手のマックス・フェルスタッペンとは約コンマ3秒差の11番手。17周のジェンソン・バトンもチームメイトから約コンマ1秒差の12番手と、まずまずのポジションにつけました。

フリー走行1回目結果

フリー走行2回目

フリー走行2回目も、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークしました。

午後に入って一層気温の上昇したハンガロリンクは、始めから路面温度が50度を超えるなか、金曜2回目となる90分のフリープラクティスが行われました。

結果的にハミルトンが午前中に続くトップタイムを奪ったフリー走行2ですが、セッション後半のロングランではダニール・クビアトとダニエル・リカルドの駆るレッドブルRB11・ルノーが印象的な速さをみせました。

メルセデスと同じくソフトタイヤで連続走行を開始したレッドブル2台は、走り始めから1分28秒台を刻みながら周回。特にリカルドは28秒前半のタイムを並べます。一方、メルセデスを駆るハミルトンとニコ・ロズベルグは、同じく1分28秒台を並べるも、時折29秒台を挟むなどタイムに若干のばらつきがみられました。

ダニエル・リカルド白煙

ダニエル・リカルド白煙

ただ、拮抗していた両者のペースは、10周程度を走ったところでリカルドのマシンから大量の白煙が上がり、セッション中断となったことで走行が妨げられ、それ以降の比較はできず。再開後のメルセデスは、ミディアムタイヤに履き替えて2度目のロングランに取り組んでいます。

各車ソフトタイヤで記録したフリー走行2回目のベストタイムは、ここでもトップのハミルトンに続いてクビアトとリカルドが2、3番手を奪い、ロズベルグは4番手。フリー走行1回目でトラブルが相次いだフェラーリは、キミ・ライコネンが5番手につけるも、セバスチャン・ベッテルは何度かスピンを喫したほか、フロアを外しての作業を強いられるなど、引き続き慌ただしいセッションを過ごすこととなり、ベストタイムも1分25秒台で7番手という結果に終わりました。

フリー走行1回目でトップ10に迫る走りをみせたマクラーレン・ホンダは、フリー走行2回目でも大きなトラブルなく走行。31周を走ったフェルナンド・アロンソが8番手に入り、12番手につけたジェンソン・バトンも32周と周回を伸ばしました。

なお、フォース・インディアは午前中にセルジオ・ペレスがクラッシュした原因を詳しく調査するため、2台ともフリー走行2回目への出走を事前に取りやめています。

フリー走行2回目結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ