F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ

この記事は4分で読めます

ハンガリーGP決勝3F1第10戦ハンガリーGPは26日(現地時間)、首都ブダペストにあるハンガロリンクで70周の決勝が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今季2勝目となる通算41回目のトップチェッカーを受けました。この優勝を亡くなったジュール・ビアンキに捧げると述べました。ハンガリーGP決勝2

ビアンキに捧ぐ3 ビアンキに捧ぐ4

ジュール・ビアンキに黙祷
2位はダニール・クビアト、3位にはチームメイトのダニエル・リカルドが入り、レッドブルが今季初表彰台を獲得しました。
マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが殊勲の5位入賞。ジェンソン・バトンも9位に入り、チームは今季初のダブル入賞を果たしました。

今季前半戦を締めくくるシーズン折り返しの第10戦ハンガリーGP。
スタート前に黙祷が捧げられたジュール・ビアンキへの追悼レースとなった一戦は、オープニングラップから波乱が起きる荒れたレースとなりました。

セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)2スタートのやり直しにより69周で争われたレースは、注目のスタートダッシュで見事ホールショットを奪った3番グリッドのベッテルがトップを奪い、チームメイトに続いたキミ・ライコネンも2番手に浮上し、フェラーリ2台が1-2態勢で序盤をリードすることとなりました。

一方、フェラーリに先行されたフロントロウのメルセデス2台はニコ・ロズベルグが3番手で続くも、ポールシッターのルイス・ハミルトンはチームメイトとの争いでコースオフを喫し、10番手まで大きく順位を落としてしまいます。ルイス・ハミルトン(メルセデス)

レースリーダーとなったフェラーリ2台は、序盤から快調なペースで周回を重ね、戦前の予想に反してメルセデスを上回るペースで走行。3番手ロズベルグを徐々に引き離していき、10周目にはその差を約6秒と広げ、その後もベッテルとライコネンの2台が2秒前後のギャップで後続との差をさらに広げていきました。

彼らは20周目に最初のピットストップに向かったロズベルグの翌周にベッテル、さらにその翌周にライコネンがソフトタイヤに交換し、再びトップでコースへ復帰、3番手ロズベルグとはさらにその差が開いて約10秒、その後ろを走るレッドブルのダニエル・リカルドには早くも30秒近い大量リードをつけました。

一方、10番手から追い上げていたハミルトンは、ピットストップも絡めて5番手まで順位を挽回すると、29周目にはリカルドを抜いて4番手に浮上します。ただ、トップを走るベッテルにはその時点で30秒以上も離されていて、優勝争いの可能性はほぼなくなっていました。

レース中盤、ベッテルとライコネンの差が9秒と若干開くも、先頭のベッテルと3番手ロズベルグとの差は最大27秒まで拡大するなど、フェラーリの1-2フィニッシュ(2010年ドイツ以来)の可能性が徐々に現実味を帯びてきます。

ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)しかし、41周目にライコネンのMGU-Kにトラブルが発生、徐々に彼のペースが落ち始めると、43周目にはフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが1コーナーのバリヤにクラッシュし、レースは一旦バーチャル・セーフティカー(VSC)を挟んで、セーフティカー(SC)先導となります。ここで各車は最後のタイヤ交換を済ませ、ギャップもクリアにしてレースを再開。残り20周となった49周目からベッテルとメルセデス2台の優勝をかけた争いが幕を開けました。

しかしメルセデスは、パワーを失ったライコネンをロズベルグがあっさり攻略するも、4番手のハミルトンはオーバーテイクに動いたリカルドと接触してフロントウイングを破損。再度のピットストップを余儀なくされると、さらにドライブスルーペナルティも受けてしまい、ここで完全に優勝争いから脱落。

ニコ・ロズベルグ(メルセデス)2また、最後のタイヤ交換で手堅くミディアムタイヤを選んでいた2番手ロズベルグも、次第にリカルドからの追い上げを受けることになって、64周目に両者は1コーナーで接触。これで右リタイヤのパンクに見舞われたロズベルグは大幅な後退を余儀なくされ、ついに表彰台争いからメルセデス2台が消える事態となってしまいます。

その後、メルセデスに代わって2、3番手に浮上したレッドブルもリカルドが接触によるフロントウイングの交換でピットイン、ダニール・クビアトにも10秒ペナルティが課せられましたが、それまでに築いた後続との大きなギャップもあって、表彰台のポジションはキープします。

結果、レースは最後までノートラブル、ノーアクシントで走りきったベッテルが、第2戦マレーシアGP以来となるトップでチェッカーを受け、フェラーリが今季開幕前に目標としたシーズン2勝目を挙げるとともに、フェラーリファミリーのビアンキに優勝を捧げる幕切れとなりました。

初表彰台の2位クビアトと3位リカルドの活躍によって、レッドブルは今季初表彰台を2台で獲得。4位にはトロロッソのルーキー、マックス・フェルスタッペンが入りました。

マクラーレン03そして、5位はマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが獲得。アロンソは22周目にポイント圏内の10番手に浮上すると、レース中盤に一旦は右リヤタイヤのパンクに見舞われましたが、2回目のピットストップのタイミングも重なりそれほどダメージを受けず、その後のSCで9番手に浮上すると、終盤上位のマシンが次々とトラブルやアクシデントで後退するなか、最後まで粘り強く走行。最後はハミルトンを抑えて見事5位フィニッシュを果たしました。

マクラーレン・ホンダはジェンソン・バトンも9位でチェッカーを受け、今季初のダブル入賞を達成。ハミルトンは6位、ロズベルグ8位、フェラーリのもう一台、ライコネンはリタイアに終わっています。

なお、F1はこれから4週間の夏休みに突入。シーズン後半戦の幕開けとなる第11戦ベルギ?GPは8月23日(日)に決勝が行われます。




F1第10戦ハンガリーGP 決勝結果

順位 No. ドライバー チーム
1 5 S.ベッテル フェラーリ
2 26 D.クビアト レッドブル
3 3 D.リカルド レッドブル
4 33 M.フェルスタッペン トロロッソ
5 14 F.アロンソ マクラーレン
6 44 L.ハミルトン メルセデス
7 8 R.グロージャン ロータス
8 6 N.ロズベルグ メルセデス
9 22 J.バトン マクラーレン
10 9 M.エリクソン ザウバー
11 12 F.ナッセ ザウバー
12 19 F.マッサ ウイリアムズ
13 77 V.ボッタス ウイリアムズ
14 13 P.マルドナド ロータス
15 98 R.メリ マノー
16 28 W.スティーブンス マノー
R 55 C.サインツJr. トロロッソ
R 7 K.ライコネン フェラーリ
R 11 S.ペレス Fインディア
R 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ