F1 ハンガリーGP 決勝/ドライバーコメント

この記事は7分で読めます

ハンガリーGP 決勝 スタート2015年F1第10戦 ハンガリーGP決勝を振り返って、各ドライバーがコメントを述べています。

1位:セバスチャン・ベッテル (フェラーリ)

セバスチャン・ベッテル浮き沈みの多い一週間だったし、レース後に話したように、この勝利をジュールと彼の家族に捧げる。特にレースの最後はいろいろな思いが込み上げてきて難しかったけど、結果にはとても満足しているのは確かだ。僕たちのレースは序盤からとても強かったし、素晴らしいスタートを切ることができた。その後も素晴らしいペースがあったし、レースをコントロールすることができた。

もちろん、最後のセーフティカーは僕たちには余計だったけど、それでもなんとかトップを守って、グランプリに勝つことができた。表彰台からチームのスタッフ全員を見下ろせたのは素晴らしかったし、彼ら全員がとても嬉しそうだった。今日、僕たちが示したペースは運とは無関係であることを署名できた。セーフティカーはちょっとした不運だったけど、プライムタイヤでの僕たちのペースは本当に良かったし、プッシュし続けて、なんとかトップに立つことができたし、DRSの範囲に後続のドライバーを入れることを許さなかった。

スタッフ全員との素晴らしいレースだったし、金曜日から素晴らしい挽回ができた。特にチームが危機に直面しているという変な噂を聞いた後だったしね…。僕たちの全パートナーとより多くのパワーをもたらす手助けをしてくれているシェルのおかげだ。

2位:ダニール・クビアト (レッドブル)

ダニール・クビアト (レッドブル)結果にはとても満足している。このような波乱のレースで素晴らしい好転だった。第1スティントではフラットスポットからバイブレーションが出ていて、僕のレースは終わったと思っていた。でも、最終スティントでのクルマは本当にこんぺティティブだったし、非常に力強いフィニッシュをすることができた。チーム全員がこのダブル表彰台に相応しいし、ファクトリーの全スタッフがプッシュし続けてきた。彼らに心からありがとうといいたい。ジュールと彼の家族の僕のレースを捧げる。僕たちの心は彼と彼の家族とともにある。

3位:ダニエル・リカルド (レッドブル)

ダニエル・リカルド (レッドブル)波乱のレースだったけど、とても誇りに思うレースだった。複雑な感情だけど、表彰台に上がれたことを感謝している。タフな一年だったし、2台が表彰台を獲得できたことはかなりシュールだ。新品のソフトを履いた最終スティントでは懸命にプッシュしたし、レース優勝を狙うチャンスもあった。ニコと僕との接触は残念だったけど、心の内を率直に話したし、トラックに全てを置いてきた。

4位:マックス・フェルスタッペン (トロ・ロッソ)

マックス・フェルスタッペン4位なんて信じられないよ! なんて素晴らしい結果だろう、言葉にならないよ! スタートがちょっと悪かったし、予想もしていなかった。でも、なんとかトラブルから離れていることができたし、第2スティントで全てがうまく運んだ。クルマを快適に感じていたし、僕の後ろのドライバーは僕に追いついてこれなかった。セーフティカー後にレースがリスタートした時、僕の前でクルマがクラッシュした…。

僕もフロントウィングにちょっとダメージを負ったし、ドライブスルーペナルティを科せられた。残り数周でエンジニアに自分のポジションを聞いて4位と言われたときは信じられなかったよ! 今日はとってもハッピーだ。チームに感謝したい。彼らは素晴らしいサポートをしてくれたし、彼らはこの結果に相応しい。彼らなしでは成し遂げられなかったよ!

5位:フェルナンド・アロンソ (マクラーレン・ホンダ)

alonso005今日はとても良いレースだった。5位入賞という結果は、チーム全体にとって嬉しいプレゼントとなった。僕たちの競争力は現時点では自分達が目指しているレベルには達していないため、特にそう感じた。今年のF1カレンダーには、モナコ、シンガポール、およびここハンガリーのように、僕たちのパフォーマンスが期待できるサーキットは、ほんの一握りしかない。そのため、今日はそれを最大限に生かす必要があり、僕たちはそれをやり遂げた。

今日は波乱のレース展開となるなか、巡ってきたすべてのチャンスをものにした結果だ。チームが夏休みに入る前に、ポイント獲得という結果が得られたのはよかった。ただ、後半戦は自分達のチャンスをさらに生かす必要がある。今回はF1関係者全員にとって難しい週末となった。他界したジュール・ビアンキに向けて、レース前に1分間の黙祷を捧げたけど、とても感傷的な気持ちになった。その直後にマシンのコックピットに乗り込んでレースに臨むのは、非常に難しかった。本日は、ジュール、およびF1というスポーツに対して敬意を表する一日となった。

6位:ルイス・ハミルトン (メルセデス)

ハミルトン05非常にタフな午後だった。チームは全て正しいことをしたし、クルマには明らかにペースがあった。とにかく僕たがトラックでとても悪い一日を過ごしてしまった。これまでで最悪のレースのひとつだったと思うし、現時点でそれについていかなる弁解もない。僕にできるのはチームに謝って、次のレースで償うために懸命に仕事をすることだけだ。スタートは理想的ではなかった。フェラーリ勢は蹴り出しが本当に速かったし、突然両サイドから攻撃にさらされた。ラップの後半にはニコとほとんど互角だったし、そこで僕はロックアップして、コースオフしてしまい、ダニエルとの事故もあった。故意ではなかったけど、僕のミスだ。

彼はアウトサイドのタイトなラインを採っていたし、僕はグリップを失っていて、ラインを外れて彼の方にアンダーステアした。取り戻すために頑張っていたけど、それによってドライブスルーを科せられて、再び後方に落ちてしまった。そこからは自分自身に落ち着いて諦めないように言い聞かせていたし、数ポイントを取り戻すことができた。その段階でクルマのペースが本当に強かったのは見ることができたと思うし、週末ずっと本当にペースは良かった。

今日はとにかくあまりにミスが多かった。最終的にチャンピオンシップポイントという点ではダメージを最小限に抑えることができたし、とにかくポジティブな気持ちで夏休みに入って、スパで挽回する必要がある。

7位:ロマン・グロージャン (ロータス)

ロマン・グロージャン今日は驚くべきレースだった。素晴らしい週末だった。昨日、予選でトップ10に入れたことは奇跡だったし、今日は本当に見事だった。本当にハードにプッシュできて楽しかったし、僕たちはポイントに相応しいと思う。スタートは酷かったし、多くのスペースを塞がれて、1周目にカルロス・サインツにグラベルに押し出された。そのあとは軌道に戻ったけど、マクラーレンを抜くことができなかった。その後、アンセーフリリースでペナルティを科せられ、そのあとにセーフティカーが入った。でも、僕たちの採った戦略は正しかったし、最終的にメルセデスと戦って7位で終えることができた。

8位:ニコ・ロズベルグ (メルセデス)

ニコ03最高とまではいかないけど、それなりのスタートが切れた。でも、オプションタイヤのバランスは素晴らしくはなかったし、序盤でフェラーリ勢にかなる素早く引き離されてしまった。プライムでは良かったし、64周目までレースはうまくいっていた。

レースは時に非常にタフだ。最後にそれを失うのは酷い感覚だ。僕にとってダニエルとの事故はかなり明白だ。僕は理想的なラインにいたし、彼はブレーキがあまりに遅かくて膨らんでいた。そのあと僕はレーシングラインに留まっていたし、僕のコーナーだった。それでも彼のフロントウィングがまだ残っていて、僕にぶつかり、僕はパンクに見舞われた。それが僕のレースを破壊したし、ルイスに対して多くのポイントを稼げるはずだったので本当に悔しい。現時点では夏休みは楽しみではない。とにかく明日にでもクルマに戻ってまたレースがしたいね。

9位:ジェンソン・バトン (マクラーレン・ホンダ)

ジェイソン・バトン今日はフェルナンドが素晴らしい走りをした。最終スティントに向けてオプションタイヤを装着したのは、彼にとって正しい判断だった。セーフティカーが導入された際、僕の周りにいたほとんどのドライバーが、タイヤ交換のためにピットストップをするなか、僕はそれを行わなかった。そのため、レースが終了する頃には僕の使用済みプライムタイヤはかなり古びた状態になり、新品のオプションタイヤを装着した速いマシンが周りに何台もいたため、非常に難しい状況だった。それでも、今日のレースは楽しかったし、夏休みを迎える前にポイントを獲得できて良かった。

周囲の数々のアクシデントやペナルティが僕たちにとって優位に働いたことは確かだけど、今日は良いレースを披露することができた。これはチームにとって前進を意味しているけど、今日のような結果を今後も成し遂げるには、さらに一歩前進する必要がある。次の2戦が開催されるスパとモンツァは、僕たちにとって難しいレースになるだろう。ただ、僕たちが進化していることを確認できるのは良いことだ。

10位:マーカス・エリクソン (ザウバー)

マーカス・エリクソン (ザウバー)僕たちのクルマにあまり合わないトラックで少なくとも1ポイントを獲得できたのは素晴らしいことだ。
レースのスタートは理想的ではなかったし、1つポジションを落とした。その後はすぐにクルマを快適に感じられた。戦略面でチームは最適なタイミングで適切な判断をしたし、全体的に僕たちは良い仕事をしたと思う。夏休み前に少なくとも1ポイントを持ち帰ることができて嬉しい。

11位:フェリペ・ナッセ(ザウバー)

フェリペ・ナスル(ザウバー)2グリッドポジションを考えれば、11位というのは予想よりいい結果だ。チームは戦略面でいい仕事をしてくれた。ただトラフィックに引っ掛かってペースをうまく発揮できなかった。マーカスはよくやったね。チームのために1ポイントを獲得した。僕もトップ10に近づいていたんだけどね。全体的に見ると僕らはやれることをすべてやったと思う。次のベルギーが楽しみだよ。

12位:フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)

フェリペ・マッサとても厳しい一日だった。(適切なグリッドポジションにつかなかったことで)序盤にペナルティを受け、トラフィックの中、ミディアムタイヤが全くうまく機能せず、それ以降のレースで苦労することになった。チームがノーポイントという結果に終わったことは、チャンピオンシップにおいて打撃だ。今後埋め合わせていく必要がある。

13位:バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)

バルテリ・ボッタス02最終的にノーポイントという残念な一日だった。レース序盤にはマシンのペースなりの走行をしていた。大量のポイントを獲得するチャンスは十分にあったが、(リスタート直後にマックス・フェルスタッペンと接触し)悪いタイミングでタイヤがパンクし、その後苦しんだ。ここから前進し、しっかり休養をとり、気分一新、準備万端な状態でスパに臨むことが重要だ。

14位:パストール・マルドナド(ロータス)

パストール・マルドナドきついレースだった。スチュワードは今日はとても厳格で、僕や他のドライバーたちの走りに厳しかった。最初にハード側のタイヤを使うという戦略を採ったので、スタートでは苦労したが、ソフト側のタイヤを履いてからは、戦略が効果を発揮していた。ただ(3回)ペナルティを受けたことがレースに影響した。セルジオ・ペレスとの件に関しては、彼がアウト側から回り込んできた時に事故が起きた。あれはレーシングアクシデントだと僕は感じる。意図的な行為による接触ではなかった。

15位:ロベルト・メリ(マノー)

ロベルト・メルヒ今日は本当にきつかった。レースをするのが楽ではなかったが、ジュール(・ビアンキ)ならやり遂げただろうし、僕らにもそれを望んだと思う。難しいレースだったが、チームはいい仕事をした。スタートはうまく決まり、2台のザウバーの前に出て、(ロマン・)グロージャンとも戦った。その後、ヘッドレストが外れかけたので、修理のために早い段階でピットインしなければならなかった。そのため戦略どおりにいかなくなったが、セーフティカーが出たことで状況が変わった。15位と16位というのはいい結果だよ。今日はジュールのために最善を尽くし、いい仕事をしたと思う。

16位(DNF):ウィル・スティーブンス(マノー)

ウィル・スティーブンスチームにとって本当に大変な週末だった。でも今日の自分たちの仕事を誇りに思える。ロベルトとはここでいい戦いをしてきた。今日の決勝中もそうで、彼が早めにピットに入った後、ポジションが入れ替わり、違うタイヤで何度も戦った。最終的に止まらなければならず、すごくがっかりした。右リヤにバイブレーションを感じたため、一番の安全策として、走行をやめて調査することにしたんだ。その時点で完走扱いになるところまでいっていたからね。これからサマーブレークを迎える。しっかり休養をとった後、スパからの後半戦でまた戦おう。

リタイア:キミ・ライコネン(フェラーリ)

キミ・ライコネン (フェラーリ)決勝で起きたことを残念に思っている。でも、ついてないときはついてないんだから仕方ない。今日はベストを尽くした。僕らは2台ともすごくいいスタートを決めた。シーズン序盤以来のいいスタートだったと思う。速さもあったから、後続を引き離して上位を維持できた。今日は常に速さを発揮できた。最後の最後までプッシュしていくつもりだったが、途中でマシンから異音が聞こえてきた。音が変わってどんどん悪くなった。なんとか直そうと試みたけれど不可能だったから、リタイアを決めた。

チームとしてはセバスチャン(・ベッテル)が勝ったからとてもいい日になった。でも今日の僕らにふさわしいのは優勝だけじゃなく、もっといい結果だと僕は思っている。僕のトラブルがなければ、楽に1-2フィニッシュができたはず。でも物事は常に最悪の方向へと進んでいくみたいだ。シーズン前半戦を全体的に見ると、僕らは速さはあったがあまり運がなかった。レースの最終結果に悪い影響を与えるような出来事が常に起こっていた。今一番重要なのは、問題をすべて取り除くことだ。これからも努力し続ける。今後運が向いてきて僕らにふさわしい結果が出せるといいね。

リタイア:セルジオ・ペレス(Fインディア)

セルジオ・ペレス金曜から日曜まで、本当に厳しい週末だった。レースに関して失望する理由はいくつもある。本当なら大量にポイントを獲得することができたと思っている。序盤数周はすごくうまくいっていて、ポジションを大きく上げていた。でもパストール(・マルドナド)との接触でレースが台無しになった。僕は細心の注意を払って彼のアウト側に回り込み、彼にはたっぷりスペースを残していた。なのにそれでも十分じゃなかったんだ。ついてない。その後は入賞は難しく思えてきた。最終的にはブレーキのトラブルが起きてレースを終えることになった。

いい面に目を向けると、パストールとのクラッシュの前まではマシンのパフォーマンスがとても強力だった。シーズン後半にはいい結果を目指して戦うことができるという自信を持てるよ。

リタイア:ニコ・ヒュルケンベルグ(Fインディア)

ニコ・ヒュルケンベルグ今日はいい結果を出すチャンスを逃してしまい残念だ。フロントウイングに問題が起きているという前兆はほとんど感じ取れなかった。激しいバイブレーションが起こったと思ったら、次の瞬間にウイングが壊れ、僕はバリアに直進した。あの場所はうまく保護されていてエネルギーがうまく吸収されたので、最終的な衝撃はそれほど大きくなかった。アクシデントが起こるまでは、いい結果が期待できそうだった。スタートをうまく決めて、レッドブル勢と戦った。それができたのはBスペックカーによって一歩向上したことの証だね。来週、今日起きたことを分析する機会があるので、夏休みの前に解決法を見つけることができる。今シーズン、信頼性の高さが僕らの強みだったから、こんな問題が起こるのは珍しい。チームはスパの前に課題をクリアするはずだよ。僕らは強いということ、シーズン後半戦に強力な戦いができるということを、夏休み前に知ることができた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ