インディカー第14戦 予選/スコット・ディクソンがポール獲得

この記事は3分で読めます

スコット・ディクソン01ミド・オハイオで開催されているベライゾン・インディカー・シリーズ第14戦。1日に行われた予選では、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が得意のコースで躍進。コースレコードを更新しポールポジションを獲得しました。佐藤琢磨(AJフォイト)は、Q1を突破できず16番手から決勝に挑みます。

チップ・ガナッシ・レーシングはミド・オハイオでのインディカー・レースで10勝も挙げてきています。そのうちの5回がスコット・ディクソンによるもの。昨年は作戦の妙もあって最後尾スタートから勝利したディクソンですが、今年は堂々たる戦いぶりでベストのスターティンググリッド、 ポールポジションを手に入れました。

予選は今回も3段階制で、ソフトタイヤ(レッドタイヤ)は各エントラントに2セットしか供給されません。このため、トップ6によるファイナルセグメントはユーズドレッドでの戦いとなっていますたが、ディクソンは1分4秒5814という素晴らしいラップタイムを記録。ウィル・パワー (チーム・ペンスキー)も1分4秒6782をマークしましたが、0.0968秒の差でディクソンのPP獲得が叶いました。

ミド・オハイオのコースレコードは、CART時代から生き残って来ているものでした。
1分5秒347は、1999年にダリオ・フランキッ ティが記録し、翌2000年にジル・ド・フェランが1000分の1秒まで同一のタイムを記録しました。それが今日の予選では大幅に塗り替えられました。エアロキット装着によって、ラップタイムの向上が実現されたのです。

ポイントで3位につけているディクソンには、逆転チャンピオンの可能性がまだまだ十分に残されています。明日のレースで優勝すれば、残り2戦に向けて勢いもつくでしょう。

開幕戦の優勝以来ポイント・リーダーで居続けているファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は、金曜日のプラクティス2回は両方とも 21番手と低迷していましたが、今日のプラクティス3回目には予選用にモードをスイッチし、7番手まで急浮上。予選では10位という結果を得ました。

ディクソンとモントーヤの間には、上記のパワーが2番手で入り、3~9位にはセバスチャン・ブルデー(KVSHレーシング)、エリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)、ジョセフ・ニューガーデン(CFHレーシング)、キンボール、ライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)、トニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング)、そしてルカ・フィリッピ(CFHレーシング)が入りました。ホンダ勢最速はハンター-レイによる7位でした。

ポイント2位につけているグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、地元州オハイオ、それも生まれ故郷のコロンバス近郊のホームコースでの戦いだというのに、予選では第1セグメントでの敗退を喫してしまいました。6人が第2セグメントに進出できますが、7位とギリギ リで届きませんでした。彼のスターティンググリッドは13番手となります。

明日でインディカーでの通算100レース目となる佐藤琢磨は予選16位でした。予選直前のプラクティス3で1分5秒8231の自己ベストを記録していた琢磨でしたが、予選ではレッドタイヤ装着によるゲインを0.3秒以下と小さかったことから、自己ベストを更新することはできたものの、1分5秒5933という数字で第1セグメントのグループ2での8位となり、明日のレースには8列目外側の16番グリッドからスタートを切ることとなりました。

ドライバーコメント

スコット・ディクソン

 ポールポジションはターゲット・カーのものとなった。カーナンバー9とこのコースは最高のコンビネーションだということ。
ポールを決めたラップではふたつミスがあった。ターン2とターン12でのことだった。それでもポールが取れたんだから嬉しい。
土曜日だというのに、ターン4~5はすでに満員のお客さんだった。そういう風景を見ながらの走行は本当に気持ちがいい。
明日のレースはチャンピオンシップを意識してではなく、優勝をめざして走る。

ウィル・パワー
ウィル・パワー02このコースでのディクソンは本当に速い!それでも、明日のレースで僕が勝てたらいい。
全部の要素が自分たちの方にプラスに働けば、勝つことは十分に可能だ。チャンピオンの可能性だって残されている。

 

ファン・パブロ・モントーヤ
モントーヤ実を言うと昨日はエンジンにトラブルが出ていたんだ。1セッションすべてが走れなくなる危機に陥っていた。
それで完全に遅れを取ったのを、今朝のプラクティスで大きく挽回した。チームが本当に頑張ってくれたおかげだ。
予選の第1セグメントでは大アンダーステアに悩まされ、第2セグメントでもまだその対策が十分じゃなかった。

佐藤琢磨
佐藤琢磨04ほんの小さな差で第2セグメントに進めませんでした。しかし、明日のレースに向けては良いデータが得られています。
オーバーテイクの簡単な コースではありませんが、レッドタイヤも新品が2セットありますし、上位に上がっていけるよう頑張ります。

 

インディカー・シリーズ第14戦ミド・オハイオ予選結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ