インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目

この記事は4分で読めます

ミド・オハイオ/表彰台ミド・オハイオで開催されたベライゾン・インディカー・シリーズ第14戦。2日に行われた決勝レースは、ピットストップのタイミングが明暗を分け、グラハム・レイホール(RLLR)が地元レースで今季2勝目を飾りました。
インディカー100戦目となった佐藤琢磨(AJフォイト)は序盤で接触を喫しリタイアとなりました。

リードするスコット・ディクソン蒸し暑さの中で切られたスタートからポールシッターのスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)は悠々とレースをリードしていましたが、彼は燃費良く走っていたことが災いし、イエローコーションのタイミングにより1回目のピットストップの後には中団に埋もれることとなりました。

このコーションは佐藤琢磨(AJフォイト)とステファノ・コレッティ(KVレーシング)の接触によるものでしたが、これが出される直前にピットしていた10番手スタートだったファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は、まんまとディクソンとの順位を逆転し、39周目にはトップに躍り出ました。

90周のレースが50周目を迎えた時、モントーヤは今日2回目のトップに立ち、シーズン3勝目とチャンピオンシップに向けて突き進んでいるかに見えていました。しかし、レース序盤に彼に味方したフルコースコーションが、今度は逆に彼の足を引っ張ることになります。

65周目にセージ・カラム(チップ・ガナッシ・レーシング)が単独スピン。それに対応してコースがイエローになる直前、レイホールはピットに呼び入れられ、フルコースコーションとなってトップグループがピットに入ると、ステイアウトしてトップに躍り出ました。
ディクソンも4番手へと浮上。トップだったモントーヤは10番手以降へと後退しました。

ホンダが冠スポンサーのレースで、今年のホンダ勢で最も活躍しているレイホールが優勝。グラハム・レイホール02
しかも、2位には最終5戦にホンダのサポートで出場しているジャスティン・ウィルソン(アンドレッティ・オートスポート)が入賞し、ホンダ勢は今季2回目となる1-2フィニッシュを達成しました。

レイホールの勝利は作戦と好判断、そして幸運だけで実現されたのではなく、ゴールを前にしたバトルで彼は1分6秒台のハイペースをキープ。2位に3秒以上の差をつけ、その差がゼロになるイエローが出されても、そこからのリスタートで再び後続を突き放しました。しかも、ゴールまで7周で切られたリスタート時、レイホールにはプッシュ・トゥ・パスがもう一度も残されておらず、ウィルソンには2回もありましたが、レイホールはトップを死守しました。

レイホールはシーズン2勝目、そしtキャリア3勝目をマークした。表彰台はこれで今季6回目。トップ5フィニッシュは8回を数えます。ポイントリーダーのモントーヤは結局12位でフィニッシュ。レイホールは彼とのポイント差を一気に9点にまで縮めました。ポイント3位のディクソンは4位でのゴールとなり、レイホールとの差は25点に広がっています。

3位はサイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)。ペンスキーでの1年目は苦しい戦いが続いていますが、2回目の表彰台登壇を実現しました。

5位はトニー・カナーン(チップ・ガナッシ・レーシング)。6位は最後尾スタートのトリスタン・ボーティエ(デイル・コイン・レーシング)で、7~10位までもホンダ勢。合計7人と今季初めてホンダドライバーがトップ10で過半数を占めました。

その一方で佐藤琢磨(AJ・フォイト・レーシング)は残念な結果に終りました。
自身の100戦目は最下位の24位。1回目のピットストップの後にルーキーのコレッティと接触してホイールガードなどを傷め、
その交換に時間がかかったために2周遅れに陥りました。
最後のピットの前にはコースアウトがあり、マシンに更なるダメージが与えられたため、そこでレースを終えることとなりました。

グラハム・レイホールコメント

このレースはレイホール家にとって特別なんだ。ミドオハイオ・スポーツカー・コースを造ったのはジム・トゥルーマン。彼はトゥルースポーツというインディカー・チームを率いていたが、ボビー・レイホールを走らせていたのが彼らだった。トゥルーマンから受け継がれたチームとして、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの本拠地は今もコロンバスに起かれている。グレアムはオハイオ州コロンバスで生まれ育ったのだ。

もし、これから僕が多くのインディーカーでの勝利を飾る事になったとして、ミド・オハイオでのインディカー・レースでだけ一度も勝てなかったら、そのキャリアに僕はおおいに失望すると思う。だから今日、こうして優勝できたことが本当に嬉しいんだ。

インディカー・シリーズ第14戦ミド・オハイオ決勝結果

順位 No. ドライバー チーム エンジン 周回
1 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 90
2 25 J.ウィルソン アンドレッティ・オートスポート H 90
3 22 S.ペジナウ チーム・ペンスキー C 90
4 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ C 90
5 10 T.カナーン チップ・ガナッシ C 90
6 19 T.ボーティエ デイル・コイン・レーシング H 90
7 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 90
8 41 J.ホークスワース A.J.フォイト・レーシング H 90
9 26 C.ムニョス アンドレッティ・オートスポート H 90
10 27 M.アンドレッティ アンドレッティ・オートスポート H 90
11 2 JP.モントーヤ チーム・ペンスキー C 90
12 98 G.チャベス BHA H 90
13 67 J.ニューガーデン CFHレーシング C 90
14 1 W.パワー チーム・ペンスキー C 90
15 3 H.カストロネべス チーム・ペンスキー C 90
16 7 J.ジェイクス シュミット・ピーターソン H 90
17 11 S.ブルデー KVSHレーシング C 90
18 5 R.ブリスコ シュミット・ピーターソン H 90
19 4 S.コレッティ KVレーシング C 90
20 18 R.ゴンザレス デイル・コイン・レーシング H 90
21 20 L.フィリッピ CFHレーシング C 89
22 8 S.カラム チップ・ガナッシ C 89
23 83 C.キンボール チップ・ガナッシ C 87
24 14 佐藤琢磨 A.J.フォイト・レーシング H 60

※C=シボレー、H=ホンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ