スーパーGT富士決勝/D’station ADVAN GT-R大逆転

この記事は4分で読めます

スーパーGT第4戦富士01スーパーGT第4戦は9日、富士スピードウェイで66周の決勝レースが行われ、残り10周で怒濤の追い上げを見せたD’station ADVAN GT-Rが今シーズン初優勝を飾りました。
2位にはZENT CERUMO RC F、3位にカルソニック IMPUL GT-Rと、レクサス強しの戦前の予想を覆し、GTーRがトップ4の中で3台が入る強さを見せました。

第4戦富士 決勝スタート気温31度、路温45度という真夏のコンディションの中、もはや恒例とも言える警察車両による1周のパレードランを行いスタートした決勝、GT500はポールポジションスタートのZENTの立川祐路が後続を引き連れオープニングラップでも危なげなくトップを守ると、その後方では、D’stationとRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTをかわしてポジションアップ。
一方、8番グリッドからスタートしたカルソニックは14番手にまでポジションを落としてしまいます。

続いて3周目には、3番グリッドスタートのPETRONAS TOM’S RC Fが1コーナーでARTA NSX CONCEPT-GTをかわすと、レクサスのワン・ツー体制が早々に出来上がります。序盤から各ポジションで順位争いのバトルが激しく、8周目にはRAYBRIGがD’stationを最終コーナーでいったんかわしたものの直線では再びD’stationが前へ、その後は再びRAYBRIGが前といったように緊張感の高い5番手争いが繰り広げられました。
後方でもS Road MOLA GT-RとKEIHIN NSX CONCEPT-GTがバトルし、随所で接近戦が行われます。そんな中、ENEOS SUSTINA RC FはKeePer TOM’S RC Fとの接触があり、最後尾までポジションダウン。その後、この件で27周目にKeePer TOM’S RC Fにはドライブスルーペナルティが課されています。

ARTA NSX CONCEPT-GTとPETRONAS TOM'S RC F19周目、ARTA NSX CONCEPT-GTがPETRONAS TOM’S RC Fの前でストレートに戻ってくると、20周目の1コーナーでは300クラスも交えながら4台が急接近。激しい2番手争いが繰り広げられます。PETRONAS TOM’Sは上手く抜け出すものの、ARTAはGAINER TANAX GT-Rに進路を狭まれハードブレーキングを強いられた結果、PETRONAS TOM’Sとは大きく離されてしまいます。しかし、29周目には再びPETRONAS TOM’SとARTAが急接近、最終コーナーではARTAがPETRONAS TOM’Sをかわし2番手に返り咲きます。

レースは30周を超えた辺りからルーティーンのピットが始まり、上位勢では31周目にPETRONAS TOM’Sがピットイン。
しかし、右フロントタイヤの交換でわずかにタイムロスし、42.6秒でマシンを送り出します。
翌周にはZENTがピットに入ってくると、トムスより若干遅れる43.8秒でマシンをコースに送り出します。
さらに続いて、ARTAとD’station、MOTUL AUTECH GT-Rが揃ってピットインしてくると、ARTAがピット作業に50.8秒掛かってしまい大きくタイムロス。その間に一緒に入ってきた2台に先行を許してしまいました。

全車がルーティーンのピットを終えると、トップにはZENT、PETRONAS TOM’Sとレクサス勢のワン・ツー体制。そしてなんと、MOTULがポジションアップに成功して3番手に浮上。逆にARTAは9番手にまで順位を落としてしまいました。

トップのZENTはドライバーを石浦宏明にチェンジし、ペースを守りながらトップを走る中、38周目には2番手争いが激化。PETRONAS TOM’S駆る伊藤大輔の背後にMOTULのロニー・クインタレッリが迫ると、燃料リストリクター径を絞られているMOTULはストレートでは離されてしまうものの、セクター3では速く、13コーナーの進入でPETORONASのインを突いて2番手に浮上。
その後ろでは、RAYBRIGの伊沢拓也とD’stationの佐々木 大樹とのバトルが繰り広げられ、さらにドラゴ モデューロの小暮卓史とKEIHINの塚越広大というように、後半戦も各所でバトルが展開されていきました。

レースも終盤戦に差し掛かる45周目には、ARTAの左リヤタイヤがバーストしてスロー走行。この頃になるとタイヤかすやマシンのパーツなどが路面に散乱して、かなりダスティな状態となっていました。結局ARTAはピットまで戻ってくることは叶わず、マシンをコースサイドに止めてGT500最初のリタイアとなってしまいます。

終盤戦には、順調にトップを走行していたと思われたZENTのペースが伸びず、後続が詰まってきます。MOTUL AUTECH GT-RとZENT CERUMO RC F
45周・46周目に差し掛かる頃には2番手のMOTULのペースがトップのZENTの背後に迫ると、49周目には2台の差は1秒を切るまでに接近。そして、51周目には最終コーナーで前を行く石浦にクインタレッリが並び掛かるも、その後のストレートでは、やはりZENTに分がありMOTULは攻略できない状態が続きました。

そのまま1秒差以内の接近したトップ争いが続くなか、5番手を走行していたD’stationを駆る佐々木大樹が53周目の1コーナーでRAYBRIGをイン側からかわして4番手に浮上すると、一気にペースアップ。上位3台のタイヤがタレてペースが落ちるなか、D’station 佐々木のペースは変わらず速く、上位の追撃が始まります。

残り10周を迎えるころに、まずはPETRONAS TOM’Sを最終コーナーでインからかわして3番手に浮上すると、トップの2台よりも1秒以上速いハイペースで猛追。残り7周ともなると、佐々木はトップの2台の背後に迫り三つ巴の争いに発展し、トップのレクサスを2台のGT-Rが追う図式になりました。
そして、残り7周の最終コーナーで佐々木がMOTULのクインタレッリを同じく最終コーナーでかわして2番手に浮上。メインストレートでZENTの石浦を抜き去り、残り5周でトップを奪いました。

レースはD’station 佐々木がトップを快走するままファイナルラップに突入すると、表彰台の最後のイスをかけた3番手バトルが勃発。一時は14番手にまで後退したカルソニックが徐々に追い挙げてMOTULとのGT-R対決になると、ペース的にはレース終盤でもカルソニックとMOTULではカルソニックに軍配が上がり、最後の最後でカルソニックが3位表彰台を獲得することとなりました。

結局優勝は、最後までハイペースを守ったD’station ADVAN GT-Rが2番手のとの差を4秒以上広げてチェッカー。今シーズン初優勝を飾りました。佐々木にとってGT500クラス参戦2年目にしてようやく手にした優勝。マシンを降りた佐々木の目には涙が溢れていました。一方、クルムは復帰戦で嬉しい優勝となりました。

レクサスが大本命で迎えた第4戦富士ですが、レース本番となると、GT-Rが改めてその強さを見せることとなりました。これでGT-Rは4戦3勝です。

スーパーGT第4戦富士 決勝ムービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ