インディカー第15戦ポコノ予選/H・カストロネベスがポール

この記事は3分で読めます

エリオ・カストロネベスポールポコノ・レースウェイで開催されているインディカー・シリーズ第15戦。22日に行われた予選では、チャンピオン争いをするランキング4位のエリオ・カストロネベス(チーム・ペンスキー)が今季4度目のポールポジションを獲得。

チームメイトたちが上位を独占する一方で、ランキング1位のファン・パブロ・モントーヤは19番手と下位に沈みました。
2013年に予選8番手、昨年は4番手とポコノを得意としている佐藤琢磨(AJフォイト)は、9番手から決勝レースに挑みます。

チャーリー・キンボールクラッシュ午前中の90分間のプラクティスで最速だったチャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ・レーシング)は予選アタックの1周目にクラッシュ。ターン3の入り口でスピンを喫したマシンは回転しながらノーズ部からセイファーウォールにヒット。さらにスピンを続けたマシンはリヤが浮上がってウォール上部に乗り上げ、フェンスにまでダメージを与えましたが、幸いにもドライバーは無事でした。

24台のエントリーのうちの13番目に彼はアタックしていました。14番目に走る予定でしたが、朝のプラクティス終盤にクラッシュしたルーキーのステファノ・コレッティ(KVレーシング・テクノロジー)が予選に出走しなかったためにひとつ繰り上がりました。

2番目のアタッカーとして走ったウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がトップをキープ。
彼のチームメイトのサイモン・ペジナウが12番目にコースインし、トップを奪います。
そのペジナウよりウォームアップラップがキンボールは速かったので期待が膨らみましたが、2周のアタックを完成させることができませんでした。

ペジナウの今季2回目のポール獲得は、先輩チームメイトによって阻まれました。
最後から3番目のアタッカーだったエリオ・カストロネベスがトップタイムを出したのです。同時に、チーム・ペンスキーの予選1-2-3独占が決定しました。

今シーズンまだ優勝のないカストロネベスでしたが、ポコノの予選で今シーズン4個目のPPを獲得しました。
これでスーパースピードウェイにおけるPPは9個目となりますが、ポコノでのPPは今回が初めてです。エリオのPPは歴代4位につける通算45個目となりました。
チーム・ペンスキーにとっては、シーズン15戦目で12個目のPP獲得。極めて高いパーセンテージを記録してきていますが、ポールからの優勝回数は3回にとどまっています。

予選4番手はジョセフ・ニューガーデン(CFHレーシング)。シボレー軍団がトップ4を独占です。その一方で、プラクティスでは1、2位を占めたチップ・ガナッシ・レーシングが予選では完全に不発。キンボールはクラッシュし、スコット・ディクソンの11番手が最上位で、トニー・カナーンが12番手。プラクティスで2番手につけていたルーキーのセージ・カラムは20番手でした。

チャンピオン争いをするグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は予選5番手。
前戦でシリーズ2勝目を飾った二世ドライバーは、その勢いをポコノでも維持しています。プラクティスでは11番手と振るいませんでしたが、予選になって一気にスピードアップ。ホンダ勢トップとなる5番グリッドを獲得しました。

佐藤琢磨(AJフォイト・レーシング)は予選9位。
朝のプラクティスで5番手につけ、「予選はトップ4を狙う」と話していた琢磨でしたが2013年の8位、2014年の4位より後方の予選9位となりました。「」と彼は予選アタックを振返っていた。

ポイントリーダーのファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は予選19位という結果でした。他のペンスキー勢がトップ3を占めているのとは対照的な結果となりました。

ドライバーコメント

エリオ・カストロネベス

先に走ったパワー、そしてペジナウから情報をもらい、とても速いマシンとすることができた。とてもマシンは力強く、レースが待ち遠しい。4カー体制を最大限に活用し、少しでも速く走る。チームにはそうした考えが貫かれており、それが今日のPP獲得、さらにはトップ3グリッド独占に繋がった。

グラハム・レイホール

またホンダ勢のトップとなれたのは気分がいい。チームのエンジニアたちが素晴らしい仕事をしてくれている。プラクティスではスピードが不足していたが、予選ではベストのダウンフォースに設定してくれ、マシンはとても速かった。トップ5入りは非常に嬉しい結果だ。モントーヤは予選に失敗したが、レースでは必ず上位へと顔を出してくるだろう

チャーリー・キンボール

とても残念だ。ターン1でマシンの挙動が良くなかったのでセッティングを変えたんだが、それが正しく行えなかったのか、突風があったのか……突然マシンがグリップを失った。

佐藤琢磨

予選の走りはよかったと思います。朝のプラクティスセッションも非常に順調で、走行を重ねるごとにマシンは進歩していきました。それにより、予選に対しても自信を持つことができていました。予選で重要なのはダウンフォースと抵抗のバランスです。予選での私たちのマシンは少し滑っていましたが、そのコントロールはできており、満足のいくラップができていました。チームのクルーたち、そしてエンジニアたちがいいマシンを作ってくれた結果です。レースでのマシンもいいものにしたいと思います

ファン・パブロ・モントーヤ

レースでは何が起こるかわからない。今年の僕らはずっと頑張ってきているが、それでもアップ&ダウンは避けられない。シーズンが最終的にどういう終り方をするのか、自分たちも見届けるしかない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ