CM番付に「異変」が!40代男性急上昇なぜ?

この記事は3分で読めます

video先月発表された「2014年の年間テレビCM出稿動向」(ビデオリサーチ調べ)のタレント別テレビCM量で、堺雅人(41)、松岡修造(41)、西島秀俊(43)の40代男性タレントがトップ5に入る健闘を見せています。

彼らの上には1位の上戸彩(29)しかいません。

今回のランキングは14年の1年間に、どれだけのCMが流されたかを調査したもの。
イメージ商売とあってCMの顔は、やはり女性。実際、13年は1位・剛力彩芽、2位・上戸彩、3位・井川遥、4位・大島優子、5位・武井咲と女性がベスト5位を占めていましたが、14年のベスト5に名前が残ったのはこの5人のうち、上戸と武井のみでした。そのかわりにランクインしたのが、堺、松岡、西島だったのです。

週刊誌記者は、「3人とも前年から大幅に順位を上げました。松岡は『今日から君は噴水だ!』といった熱い言葉が満載された日めくりカレンダーの大ヒットと、昨年の錦織圭の大活躍で露出しまくったことが功を奏したようです。堺と西島はやはりドラマの好調が後押ししています」とのこと。【年間テレビCM出稿動向】(ビデオリサーチ調べ、関東地区)(写真:夕刊フジ)


 

40代急上昇男性

sakaimasato 堺雅人(41) 1973年(昭和48年)10月14日生
日本の俳優、声優。宮崎県宮崎市出身(出生は兵庫県神戸市)田辺エージェンシー所属

2004年大河ドラマ『新選組!』の新選組総長山南敬助役を演じて一般に名前が浸透し、
2005年4月にTV番組雑誌「テレビブロス(TV bros.)」が行った「好きな男」ナンバーワンに選ばれました。
2008年4月放送の単発ドラマ『世にも奇妙な物語 2008年春の特別編「フラッシュバック」』(フジテレビ)でドラマ初主演。
2008年、再びNHK大河ドラマに出演。『篤姫』で徳川家定役を演じました。
映画『クライマーズ・ハイ』『アフタースクール』等の演技が高く評価され、主要映画賞を総なめにします。

『TVnavi』内のエッセイ「文・堺雅人」は、TVnavi2009年3月号にて連載50回目、そして最終回となりました(2009年8月に産経新聞出版から単行本として発売)。

2010年7月期の連続ドラマ『ジョーカー 許されざる捜査官』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。その後も映画や連続ドラマの主演を務めるなどしている。
2013年3月、映画『大奥~永遠~[右衛門佐・綱吉篇]』での共演をきっかけに交際していた女優の菅野美穂と結婚に向けて準備に入っていることが所属事務所から明かされ、同年4月2日、婚姻届を提出しました。

2013年7月期放送で、主演をつとめた連続ドラマ『半沢直樹』はビデオリサーチがオンライン調査を開始して以降、関西地区の最終回の平均視聴率が45.5%で歴代1位、関東地区が42.2%で歴代4位と大ヒットとなりました。
平成以降に放送されたテレビドラマでは、歴代1位の記録となりました。
演じる半沢の決め台詞「倍返しだ!」がブームとなり、同年の新語・流行語大賞大賞を受賞しました。
(名義は堺雅人、TBS『半沢直樹』チームの連名として受賞)。
2014年、オリコンの「2014年ブレイク俳優ランキング」で第3位のランクインし、今に至ります。

 
matuoka 松岡修造(41) 1967年11月6日生
日本の元男子プロテニス選手、テニス指導者。東京都出身

右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。ATP自己最高ランキングはシングルス46位、ダブルス95位。
ATPツアーでシングルス1勝、ダブルス1勝を挙げました。
日本のテニス選手としては大柄な体躯から繰り出される威力の高いサービスショットを最大の武器とした典型的なビッグサーバータイプの選手の一人であり、1995年ウィンブルドン選手権で日本人男子として62年振りのシングルスベスト8に進出した人物です。

プロテニスプレーヤーを引退後は、いや、卒業後は、ジャパン・オープンのトーナメントアドバイザーとして大会運営に携わる他、後継者育成のための指導を行っています。

またスポーツコメンテーターとしても活動していて、日本テレビの『スポーツMAX』(2004年3月まで放送、月曜日)に出演。
テレビ朝日等の長野オリンピック(1998年)やソルトレイク冬季五輪(2002年)、アテネ五輪(2004年)といった国際スポーツ大会の解説にも参加。2004年1月~3月に『エースをねらえ!』が実写ドラマになった時は、出演者のテニス監修を担当。
番組の最終回には、実況解説者として出演を果たしています。

フジテレビの『くいしん坊!万才』のレポーター、2004年4月からはテレビ朝日の『報道ステーション』でもスポーツキャスターを
務めています。
現役テニス選手時代と少しも変わらない熱血ぶりが売りで、2008年のCM起用ランキングでは木村拓哉と並ぶ男性1位(10社)に輝きました(ニホンモニター調べ)。2012年3月、日本テニス協会強化副本部長に就任し、今に至ります。

 
nisijima 西島秀俊(43) 1971年3月29日生
日本の俳優。東京都八王子市出身 クォータートーン所属

テレビ・映画を中心に活躍しているベテラン俳優。
1992年「はぐれ刑事純情派V」で俳優活動開始、1993年のドラマ「あすなろ白書」でブレイクし、その後も「悪魔のKISS」、「ストロベリーナイト」、「八重の桜」などのドラマヒット作品に出演しています。
映画では、1994年 映画『居酒屋ゆうれい』で、初出演。
1999年 映画初主演『ニンゲン合格』で、長い昏睡状態から突然目覚めて生き方を模索する青年役を演じ、第9回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞を受賞します。
2005年 映画『帰郷』では、第15回日本映画プロフェッショナル大賞・主演男優賞、第20回高崎映画祭・最優秀主演男優賞を受賞。
2008年 映画『休暇』では、第30回ヨコハマ映画祭・助演男優賞を受賞します。
その後も数々の映画賞を受賞し、2014年 11月19日、3年間の交際を経て16歳下の一般女性と結婚することを発表。
同年、オリコン発表の「2014年ブレイク俳優ランキング」で第2位にランクインし、今に至ります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ