インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利

この記事は4分で読めます

ライアン・ハンター-レイポコノ・レースウェイで開催されたベライゾン・インディカー・シリーズ第15戦。23日に500マイルの決勝レースが行われ、イエローコーションが12回も出る荒れた展開をライアン・ハンター-レイ(アンドレッティ・オートスポート)が制しました。

ピットストップで順位を下げるシーンが何度も見られたハンター-レイでしたが、リスタートでの強さと、その後の1列になってのバトルでも前を行くマシンをパスできるスピードが彼には備わっていました。

事故多発の原因は、エアロキットの登場でダウンフォースが増えたことにあったようです。マシン同士が接近できるようになったのですが、タービュランスの中では依然としてマシンは不安定に陥るためです。

2位でゴールしたのはジョセフ・ニューガーデン(CFHレーシング)でした。序盤を力強くリードした彼はレースの中盤過ぎに後方集団に埋もれた時期もありましたが、最後まで粘り強く戦ってポジションを挽回。今シーズン2勝目こそ逃しましたが、2回目の2位、4回目のトップ3フィニッシュ、5回目のトップ5フィニッシュを飾りました。

そして、ポイントリーダーのファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)が大きな価値のある3位フィニッシュを果たしました。

ウィルソンが病院に緊急搬送

破片直撃180周目にセージ・カラム(チップ・ガナッシ・レーシング)がトップを走っていながら単独アクシデントを起こしました。
そして、彼のマシンから飛び散った破片の中でも大型のノーズコーン(赤い矢印)がウィルソン(赤丸)のヘルメットを直撃したようで、ウィルソンは気を失ったままコースのイン側の壁に突っ込んだのです。カラムは無事でした。

ウィルソンをコクピットから脱出させるまでにセーフティクルーはとても長い時間をかけていました。そして、救出されたウィルソンはそのままメディカルヘリコプターで病院へと運ばれました。事故現場で気を失っていたことも含め、インディカーは情報の詳細を発表していません。このような状況では最悪の事態も考えられます。ウィルソンの無事を祈るばかりです。

4位はポイント5位でポコノ入りしたウィル・パワー(チーム・ペンスキー)、5位はカルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)で、佐藤琢磨(AJフォイト)が6位でゴールしました。

ポイントリーダーのモントーヤは辛抱強い戦いぶりで表彰台に上る3位フィニッシュ。35点を加算して開幕戦以来保ち続けているポイントトップの座を守りました。
それに対してポイントランキング2位のグラハム・レイホール(RLLR)は、前戦で優勝した勢いをポコノに持ち込みましたが、93周目にクラッシュしてリタイアという最悪のパターンに陥ってしまいました。
リスタートでウィルソンのインサイドに飛び込んだレイホールでしたが、その更にインへとトリスタン・ボーティエ(デイル・コイン・レーシング)が入って来て3ワイドとなって、最初にウィルソン、次にボーティエに接触してボーティエともどもアウトサイドの壁にクラッシュしました。20位となった彼は10点しか加算ができません。
ポイント2位の座は守ったものの、モントーヤとの差は9点から34点に広がりました。

ランキング3位のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ・レーシング)は上位陣で走り続けはしたものの、とうとう最後まで優勝争いに加わることはありませんでした。手にした結果は9位。稼げたのは22点で、モントーヤとの差は47点となりました。

ピットでのスピンや、加速の失敗などがあって4位フィニッシュするにとどまったパワーも、モントーヤとの差は最終戦を残して59点から61点に広がりました。

ドライバーコメント

ライアン・ハンター-レイ

自分のキャリアの中でもベストのドライビングを今日はできていた。いいマシンに仕上がっていたから、順位を下げても挽回が可能だった。ゴールした時は何も知らなかったから、自分の勝利を喜んでいたが、マシンを降りてジャスティンの件を知った。

佐藤琢磨

レース終盤に2番手につけ、前はルーキーの(ギャビ―)チャベスだったから、勝てると思ってました。しかし、最後のピットストップでリヤのダウンフォースを下げるセッティング変更ができなかった。みんな一斉にピットインしたので、そこでタイムロスをすれば順位を大きく下げてチャンスを失ってしまうとチームが判断したからでした。

コースに戻り、(セージ)カラムのアクシデントによる長いイエローの後にリスタートが切られると、僕はストレートでトップに出ることができたんですが、チャベスにターン1までで抜き返され、その後にハンター-レイが来て、さらに何台かにパスされてしまいました。とても悔しいレースになりました。それでも、レースが終盤に入るまで最後尾を走る厳しい戦いになっていたので、トップ争いへと最終的に食い込んでいけたことは良かった。

インディカー・シリーズ第15戦ポコノ決勝レース結果

順位 NO. ドライバー チーム エンジン 周回
1 28 R.ハンター-レイ アンドレッティ・オートスポート H 200
2 67 J.ニューガーデン CFHレーシング C 200
3 2 JP.モントーヤ チーム・ペンスキー C 200
4 1 W.パワー チーム・ペンスキー C 200
5 26 C.ムニョス アンドレッティ・オートスポート H 200
6 14 佐藤琢磨 A.J.フォイト・レーシング H 200
7 22 S.ペジナウ チーム・ペンスキー C 200
8 5 R.ブリスコ シュミット・ピーターソン H 200
9 9 S.ディクソン チップ・ガナッシ C 200
10 7 J.ジェイクス シュミット・ピーターソン H 200
11 98 G.チャベス BHA H 197
12 83 C.キンボール チップ・ガナッシ C 193
13 18 P.マン デイル・コイン・レーシング H 185
14 8 S.カラム チップ・ガナッシ C 179
15 25 J.ウィルソン アンドレッティ・オートスポート H 179
16 3 H.カストロネべス チーム・ペンスキー C 166
17 20 E.カーペンター CFHレーシング C 156
18 27 M.アンドレッティ アンドレッティ・オートスポート H 139
19 10 T.カナーン チップ・ガナッシ C 131
20 15 G.レイホール レイホール・レターマン・ラニガン H 92
21 19 T.ボーティエ デイル・コイン・レーシング H 92
22 41 J.ホークスワース A.J.フォイト・レーシング H 82
23 11 S.ブルデー KVSHレーシング C 36
24 4 S.コレッティ KVレーシング C 19

※C=シボレー、H=ホンダ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ