スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン

この記事は3分で読めます

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ全日本選手権スーパーフォーミュラ第4戦もてぎは23日、52周の決勝レースが行われ、石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)がポール・トゥ・ウイン。ライバルを寄せ付けないレース展開で今季2勝目を挙げました。

予選日、そしてこの日の朝のフリー走行もドライコンディションとなっていたもてぎ戦でしたが、正午を挟んで一時降雨があり、スーパーフォーミュラ決勝前の2輪のレースはウエット路面で展開。ただ、スーパーフォーミュラのスタート進行が始まった時点では降雨はなく路面も乾きかけており、15時5分からのフォーメーションラップには全車スリックタイヤを装着して臨みました。

もてぎ スタートスタートでは、石浦がホールショット。5番グリッドから今回も好スタートを決めた中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)が2番手に浮上し、小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)と続いていきます。一方、フロントロウからスタートした野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、1~2コーナーで5番手まで順位を落とすこととなりました。

首位の石浦は、序盤から順調にリードを築き上げますが、レース残り10周ほどになると、7秒ほど前方の石浦を追う一貴が、石浦と同等のタイムを連発。また終盤に向けては更にタイムを伸ばしてファステストラップをマークして石浦に迫っていきます。
ただ、石浦は最後までポジションを守りきり、このレースで一度もトップを譲らずにトップチェッカー。今季2勝目を決め、チャンピオンシップでのリードを更に拡大しました。石浦宏明

気迫の追い上げを見せ、最後は1.7秒差まで詰め寄った一貴が2位、そして序盤にピットへと向かう作戦を採ったオリベイラが3位に入りました。4位にはロッテラーがつけ、上位4位をトヨタ勢が占めました。
ホンダ陣営は、大祐の5位が最上位に。大祐は、オープニングラップで7番手まで浮上すると、前方車のピットストップで5番手に。
可夢偉と同じく32周目にピットへ向かい、各車が作業を終えた段階でも5番手をキープし、ホンダ勢最上位でチェッカーを受けました。続く6位には、野尻が入っています。

なお最終周では、終盤は伊沢拓也(REAL RACING)と10番手を争っていた可夢偉が、S字付近のグラベルに捕まる形でストップ。
再始動することはできず、チェッカーを受けることは叶いませんでした。

スーパーフォーミュラ第4戦もてぎ 決勝レース結果

順位 No. ドライバー チーム マシン 周回
1 38 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 52
2 1 中嶋一貴 PETRONAS TEAM TOM’S SF14/トヨタ 52
3 19 J-P.デ・オリベイラ Lenovo TEAM IMPUL SF14/トヨタ 52
4 2 A.ロッテラー PETRONAS TEAM TOM’S SF14/トヨタ 52
5 64 中嶋 大祐 NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 52
6 40 野尻 智紀 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 52
7 7 平川 亮 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 52
8 16 山本 尚貴 TEAM 無限 SF14/ホンダ 52
9 41 N.カーティケヤン DOCOMO TEAM DANDELION RACING SF14/ホンダ 52
10 11 伊沢 拓也 REAL RACING SF14/ホンダ 52
11 20 A.カルダレッリ Lenovo TEAM IMPUL SF14/トヨタ 52
12 3 J.ロシター KONDO RACING SF14/トヨタ 52
13 4 W.ブラー KONDO RACING SF14/トヨタ 52
14 34 小暮 卓史 DRAGO CORSE SF14/ホンダ 52
15 65 B.バゲット NAKAJIMA RACING SF14/ホンダ 52
16 18 中山 雄一 KCMG SF14/トヨタ 52
17 8 小林 可夢偉 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SF14/トヨタ 51
18 39 国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING SF14/トヨタ 51
19 10 塚越 広大 REAL RACING SF14/ホンダ 0

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ