WECニュル/ポルシェ圧勝 ウェーバー初優勝

この記事は4分で読めます

ニュルブルクリンク 表彰台2015年世界耐久選手権(WEC)第4戦ニュルブルクリンク6時間の決勝レースが行われ、17号車ポルシェ919ハイブリッドのティモ・ベルンハルト/マーク・ウェーバー/ブレンダン・ハートレー組が203周を走破し、トップチェッカーを受けました。

2位にも18号車ポルシェ919ハイブリッドのロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リーブ組が入り、ポルシェ・チームが1-2フィニッシュを果たしました。

WEC初開催となるニュルブルクリンクのグランプリコース。
好天に恵まれ、気温29度、路面温度37度で、タイヤやマシン、そしてドライバーには厳しいコンディションでのレーススタートとなりました。

初開催コースということもって、フォーメーションラップは2周、タイヤの使用制限もLMP1は通常6セット(予選/決勝通し)のところ、今回は8セットが使えることになっています。ニュルブルクリンク スタート

上位勢は順位が入れ替わることなく、予選順位のままスタート。
ポルシェの2台とアウディの2台は、ほぼ等間隔の状態で走行していきますが、トヨタの2台は序盤からついていけず、6周目の時点で中嶋一貴がドライブする1号車トヨタTS040ハイブリッドは、先頭の18号車ポルシェ919ハイブリッドに差をつけられてしまいます。

2番手を走行していた17号車ポルシェ919ハイブリッドは、フロントカウル左のフィンが破損してバランスが狂ってしまい、フロントタイヤの消耗が激しく徐々にペースが落ち、アウディの2台に突かれるような状況になります。

17号車ポルシェは予定を早め、24周目にピットイン。
フロントのカウルとタイヤを交換すると同時に、ドライバーもティモ・ベルンハルトからマーク・ウェーバーにスイッチ。これと同時に7号車アウディR18 e-トロン・クアトロもピットイン。こちらは右フロントタイヤがパンクの症状を示していました。

トヨタ2台のペースはやはり上がらず、ポルシェやアウディの2?3秒遅れのラップタイムで推移。約1時間20分を経過した時点で、1号車2号車共に周回遅れとなってしまいます。

1時間半経過

ペナルティを受ける18号車18号車ポルシェに燃料流量制限の違反があり5秒ストップのペナルティが下され54周目に18号車がピットインし、ペナルティを消化。
しかし18号車はこの後、同様の違反によりさらに30秒、そして60秒と2度にわたってペナルティを課せられてしまいます。
どうもFIAの統一規格品である燃料流量計にトラブルがあるようです。

2時間50分経過

4号車と88号車マシンが接触によって、脱落したリヤウイング等の回収で、このレース3回目のフルコースイエローとなります。

GTE-プロクラスの2番手を激しく争っていた71号車AFコルセと92号車ポルシェ・チーム・マンタイの2台が、このフルコースイエローのとばっちりを受けてしまいます。
僅差で争っている中、71号車がイエロー提示と同時に減速。
そこへフレデリック・マコヴィッキがドライブする92号車が追突。両車はピットに戻ってマシンの修復を行っています。
特に71号車のAFコルセはリヤのバンパーを破損し、左リヤタイヤから激しく白煙を上げています。

フルコースイエロー解除後も、前述の2台による争いは続きます。
リスタート時に92号車ポルシェ・チーム・マンタイ(パトリック・ピレットにドライバーは交代)が71号車(ダビデ・リゴンにドライバー交代)をオーバーテイク。
71号車は左リヤタイヤから白煙を上げ続けていますがペースは衰えず、92号車と接近戦を継続。
ただし、やはり71号車の左リヤタイヤは、変形したバンパーと接触していたようで、ついにはタイヤがバースト。91周目に再びピットインしてタイヤ交換を強いられ、クラス3位に順位を落としてしまうことになりました。

4時間経過

アウディ

アウディ

相変わらず17号車ポルシェが先頭。2番手の7号車アウディに1周の差をつけています。3度のストップ&ゴーペナルティを受けた18号車ポルシェは、コース上でのペースは良く、3番手を行く8号車アウディに8秒差と迫っています。トヨタは2周以上の遅れ。LMP2の先頭は47号車KCMG、GTE-プロは91号車ポルシェ・チーム・マンタイ、GTE-アマはデンプシー-プロトン・レーシングが首位を走っています。ここまで大きなアクシデントはなく、リタイアしたのも13号車レベリオン・レーシングの1台のみ。

残り1時間45分というところで、18号車ポルシェが8号車アウディR18 e-トロン・クアトロに追いつき、オーバーテイク。そしてその直後、コース上のデブリを排除するために、このレース4回目のフルコースイエローが掲示されます。

レース序盤からGTE-アマのトップを快走していた77号車デンプシー-プロトン・レーシングですが、右のドアを交換してパトリック・デンプシーが搭乗したあたりからペースが上がらず、残り1時間25分というところで3台のマシンの先行を許してしまいます。

残り1時間5分

18号車ポルシェのニール・ジャニが7号車アウディのブノワ・トレルイエに追いつき、2番手を狙いますが、なかなかオーバーテイクを成功させることができません。
そうこうしているうちに、2台の後方から8号車アウディのルーカス・ディ・グラッシが近付き、一瞬の隙を突いて18号車ポルシェをオーバーテイク。3番手のポジションを奪い返します。
ディ・グラッシはそのまま2番手を行くトレルイエに近付き、間髪入れず連続でオーバーテイク。
一気に2番手へと浮上へ。ディ・グラッシのペースは非常に良く、1周あたり1.5秒ずつトレルイエを引き離していきます。

トレルイエはタイヤが厳しかったようで、たまらずにピットイン。
ロッテラーへとのドライバー交代も行います。翌周には18号車のポルシェがピットイン、続いて8号車のアウディもピットイン。各車が最後のピット作業を終えてコースに戻った際の順位は、2番手18号車ポルシェ、3番手7号車アウディ、4番手8号車アウディとなっています。順調に先頭を走行するのは、17号車のポルシェ。ドライバーはウェーバー。

残り37分

8号車のアウディが7号車をオーバーテイク。ポルシェ追撃体制を築いたかに見えましたが18号車ポルシェのペースは衰えず、逆に徐々に差が開いていきます。チェッカーフラッグを受ける17号車
ペースが上がらない8号車アウディはポルシェ追撃を諦め、チャンピオン争いを見据えて7号車にポジションを譲って、4番手に下がります。

中盤からリードを広げた17号車ポルシェは、最後はウェーバーのドライブでトップチェッカー。ポルシェは第3戦ル・マン24時間に続き、WEC連勝を果たしました。
ウェーバーはWEC初優勝。18号車も2位でフィニッシュし、ワンツーも2戦連続。
以下、7号車アウディ、8号車アウディと続き、トヨタは1号車が3周遅れで5位、2号車が4周遅れの6位でフィニッシュしています。

ポルシェの2台が圧倒的な強さを見せた、WEC第4戦ニュルブルクリンク。
しかも、アウディやトヨタはノートラブルで走り切ったのに対し、17号車はフロントカウルの破損、18号車は燃料流量計のトラブルで3回のペナルティ……にも関わらず、大差を付けての1-2フィニッシュ。
アウディやトヨタを持ってしても、そう簡単には負かすことのできない速さを身につけたように見えます。

LMP2クラス
47号車KCMGがトップでフィニッシュし、ル・マンに続き連勝。
GTE-プロ
91号車ポルシェ・チーム・マンタイ、GTE-アマは72号車SMPレーシングがクラス優勝を果たしています。

次戦は舞台をサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。9月19日に決勝レースが行われます。

WEC第4戦ニュルブルクリンク6時間 決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ