インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得

この記事は3分で読めます

スコット・ディクソン優勝カリフォルニア州ソノマで最終戦を迎えたベライゾン・インディカー・シリーズ。30日に行われた決勝レースをスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)が勝利。ファン・パブロ・モントーヤ(チーム・ペンスキー)は6位に終わり556ポイントで両者が並びましたが、勝利数の差でディクソンがシリーズチャンピオンを獲得しました。

最終戦スタートポールポジションのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がホールショットを奪いレースは始まります。チャンピオンを争うモントーヤは4番手、ランキング2位のグラハム・レイホール(RLLR)は9番手までポジションを落します。

33周目にルカ・フィリッピ(CFHレーシング)がスローダウンで1回目のイエローコーションに。ここで上位陣がピットインし、作業の早かったディクソンがポジションをアップ。

39周目のリスタート。ここでペンスキーの歯車が狂いだします。前のクルマを抜こうとしたパワーがモントーヤと接触。イエローコーションとなり、モントーヤはここでフロントウイングを交換しポジションダウン。しかし燃料的には残り1回のピットインで済むことになりダメージは少ないと考えられていました。

2回のピットインが必要なディクソンでしたがここから燃費走行を始めたことが功を奏します。52周目にトップに立ったディクソンは、フューエルウインドウぎりぎりとなる残り24周でピットインし、リーダーをキープ。

 モントーヤ

モントーヤ

残り21周、ジェイムス・ジェイクスがクラッシュを喫しイエローコーションとなりディクソンの燃費は安泰に。残り16周でリスタートが切られモントーヤは王者獲得のためにポジションアップが必要となります。

ディクソンは安定した速さで逃げ切り今季3勝目を飾ります。
一方、ポジションを上げ6番手まで浮上したモントーヤでしたが、前のライアン・ブリスコ(シュミット・ピーターソン)にわずか届かず6位フィニッシュ。

最終戦ソノマ556ポイントで同点となりましたが、ディクソンが3勝、モントーヤが2勝と勝利数の差でディクソンが逆転でチャンピオンを獲得。2003年、2008年、2013年に続いて4度目のシリーズチャンピオンとなりました。

ポイント3位はパワーのものとなり、ポイント2位で最終戦を迎えていたグラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)は、予選6位からレースの大半をトップグループで戦っていましたが、もうゴールが目前の77周目にセバスチャン・ブルデー(KVSHレーシング)に追突されてスピンし6番手から18番手まで後退。ランキングは自己ベストとはなりましたが、2位から4位に下がってシーズンを終えました。

また、ディクソンのタイトル大逆転となった勝利は、チップ・ガナッシの100勝目を飾る記念すべきレースでした。

佐藤琢磨は、中団を走行していましたが、終盤追い上げて8位、今期5度目のシングルフィニッシュを果たしました。

ルーキー・オブ・ザ・イヤーはフルシーズン出場したギャビー・チャベス(BHA)のものとなりました。彼はトップ10フィニッシュを2回記録、最終ランキングは15位でした。

ドライバーコメント

スコット・ディクソン(優勝)

今年も僕のチームメイトたちは素晴らしかった。彼らの助けがあってタイトル獲得はなったと思う。みんなで一緒に掴んだチャンピオンシップだと言える。すべてのクルーの働きぶりにも感謝したい。レースで勝ち、タイトルを獲得するのは、決してひとりでできるものではないのだ。

ファン・パブロ・モントーヤ(6位)

マシンの仕上がりは良く、序盤は順調に戦えていた。ウィル(パワー)がコーナーで少し外に膨らみ、戻って来た。(ジョセフ)ニューガーデンと戦っていた僕はインにステアリングを切ったがウィルにぶつかってしまった。ウイングを壊した、あの時点で僕らの戦いは終っていたのかもしれない。ベストを尽くして挽回はしたが、あと少し届かなかった。悔しいよ。最終戦がダブルポイントだと、シーズンを通してどう頑張ったがは関係なくなる。ディクソのダメなシーズンを送っていて、1レースだけが良かった。おかげでこちらは損をすることとなった。

佐藤琢磨(8位)

マシンは良くなっていましたが、勝てるところまではいっていませんでした。作戦は良かったものと、良くなかったものがありましたが、ハードファイトを闘い抜いて8位になれたのは良かったと思います。チームがシーズンを通して頑張ってくれました。2カー体制への拡大をした今シーズンはチームにとっても大変な1年でしたが、私たちは全体が成長、進歩を遂げることができたと思います。

インディカー最終戦ソノマ:決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ