F1イタリアGPフリー走行1・2回目ともにメルセデス強し

この記事は3分で読めます

イタリアGP ルイス・ハミルトンF1屈指の高速サーキットとして知られる伝統のモンツァ。
2015年F1第12戦イタリアGPが4日(現地時間)、ミラノ郊外にあるモンツァ・サーキット(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)で幕を開け、午前10時から行われた金曜1回目のフリー走行、午後2時からのフリー走行2回目ともに、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークし、ニコ・ロズベルグがともに2番手と、メルセデス2台が速さを発揮。セッション後半のロングランでもライバルを圧倒する走りを見せました。

マクラーレン・ホンダは、1回目は11周を重ねたフェルナンド・アロンソが17番手、12周のジェンソン・バトンは18番手、2回目はフェルアンド・アロンソが16番手、ジェンソン・バトンはわずか3周の走行にとどまり、19番手でした。

フリー走行1回目

セッション序盤、各車はいつものようにプライムタイヤ(ミディアム)を装着すると、多くのマシンがロードラッグ仕様のリヤウイングといった空力パーツ、気流センサーなどを付けて走行。フェラーリドライバーとして初めてモンツァを走るセバスチャン・ベッテルもリヤウイングにフロービズをつけ、データ取りを重ねました。

開始15分過ぎから本格的なタイム計測が始まると、早くもメルセデスのハミルトンとニコ・ロズベルグがタイムシートのトップに浮上。最初のスティントでタイムを縮め、ロズベルグも2番手につけます。

イタリアGP カルロス・サインツJr.開始30分を前に、カルロス・サインツJr.がパラボリカのブレーキングで挙動を乱し、グラベルにコースアウトするとここで赤旗が振られます。トロロッソ勢は序盤からサインツJr.がシフトアップに問題を抱え、その後もマックス・フェルスタッペンのマシンにブレーキのバイブレーションが発生。フェルスタッペンはなんとか27周を走りましたが、サインツJr.はわずか8周でマシンを降りることとなりました。

セッションをリードするメルセデス勢は中盤2回目の走行でもタイムを更新しますが、ここでもセクター2と3で最速タイムを記録したにはハミルトンただひとり。暫定3番手のニコ・ヒュルケンベルグとは大差が開きました。

その後、セッション終盤になってベッテルがヒュルケンベルグのタイムを更新。
次のアタックでもさらにベストタイムを塗り替えたベッテルが最終的には3番手となりましたが、トップのハミルトンからは1.5秒差。もう一台のフェラーリを駆るキミ・ライコネンもメルセデスのパワーユニットを搭載するフォース・インディア2台の先行を許し6番手となりました。 7番手にレッドブルのダニエル・リカルドがつけ、ウイリアムズの2台が8、9番手。トップ10の最後にはロータスのパストール・マルドナドが入りました。

今回、旧型のロングノーズを使用するマクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが走り始めに「パワーがない」と訴えましたが、その後はコースに復帰して11周を走行。ただ、アロンソとジェンソン・バトンは途中からエンジン交換の作業に入ったため、2台合わせた周回数は23周。タイムもアロンソが17番手、バトン18番手となっています。
フリー走行1回目結果

フリー走行2回目

路面温度34度で始まった序盤は、各車ともミディアムタイヤで周回を重ねますが、早くからメルセデスの2台がトップタイムを塗り替える展開で推移。まずはハミルトンがトップに立ちました。

フェラーリ、セバスチャン・ベッテル

フェラーリ、セバスチャン・ベッテル

開始30分を前に、上位勢で早くもフォース・インディアやフェラーリ勢がソフトタイヤにスイッチすると、各車は1秒前後のタイムアップを果たすものの、ハミルトンがミディアムタイヤで記録したタイムには届きません。その後、続けてアタックをかけたベッテルがようやくメルセデスをコンマ1秒上回ってトップに浮上することとなりました。

しかし、セッション折り返しを前にメルセデス勢がソフトタイヤに切り替えると、ハミルトンがすぐにトップタイムを更新。ベッテルを上回ると、チームメイトのニコ・ロズベルグもセクター1とセクター2でハミルトンのベストタイムを塗り替えていきます。しかし、最後のセクター3でロズベルグは遅れをとって、2番手となりました。

その後、セッションが後半に移ると、各車はロングランのプログラムに移行。ここでもメルセデス勢はライバルより1秒近い速さを見せ、フェラーリやフォース・インディアの2台、さらにウイリアムズのバルテリ・ボッタスらがソフトタイヤで頑張るものの、同じソフトタイヤでタイムを重ねていきました。

結局、セッションは中盤にソフトタイヤに替えてもハミルトンがトップ。チームメイトのロズベルグも僅差で2番手につけましたが、彼は昨年のレースで2度のミスを侵した1コーナーのブレーキングで何度かコースオフするなど、若干マシンの仕上がりに不安が残っています。

3番手はベッテルで、フリー走行1回目から好調を維持するフォース・インディアのセルジオ・ペレスとニコ・ヒュルケンベルグが4番手と5番手につけ、フリー走行1回目に続いてキミ・ライコネンを上回りました。
また7番手以下もロータスとウイリアムズの4台が続き、トップ10はフェラーリ以外をメルセデスパワーのマシンが独占する形となっています。

マクラーレン・ホンダ、ジェンソン・バトン

マクラーレン・ホンダ、ジェンソン・バトン

注目のマクラーレン・ホンダはフェルナンド・アロンソが31周を走って16番手につけましたが、ジェンソン・バトンは終始ガレージで過ごすこととなり、わずか3周の走行で19番手に終わりました。なお、フリー走行1回目で9基目のICE(エンジン本体)を投入したチームは、夏休み前のハンガリーで使用したユーズドエンジンをフリー走行2回目で走らせ、土曜日と日曜の決勝レースではベルギーGPで使ったエンジンを使用することになっています。
フリー走行2回目結果

F1イタリアGP フリー走行3回目は、5日(土)の18時(現地時間11時)から行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ