F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火

この記事は3分で読めます

F1イタリアGPの決勝2015年F1第12戦イタリアGPは6日(現地時間)、伝統のモンツァ(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)で53周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが今季7勝目となる通算40回目のトップチェッカーを受けました。

前日の予選でキミ・ライコネンが2位、セバスチャン・ベッテル3位と、母国の大声援を受けるフェラーリが今季初めて2台揃ってトップ3入りを果たした今年のイタリアGP。あわよくば、フェラーリのワン・ツーと少々早すぎる期待も聞こるなかで午後2時の決勝を迎えましたが、レースはそうしたティフォシの悲鳴とともに始まることとなりました。

注目のスタート、ここで2番グリッドのライコネンがスタートの発進を完全にミス!アンチストールシステムが作動した最前列のフェラーリは瞬く間に後続のマシンに抜かれていき、一気に最後尾まで脱落してしまいます。
すると、3番グリッドのセバスチャン・ベッテルも、スタートを決めたハミルトンに早くからリードを許し、序盤から1周0.5秒のペースで前との差が拡大。10周目には6秒、15周を過ぎた頃にはリヤタイヤのグリップも失い始め、20周目には12秒以上の差で単独2番手を余儀なくされました。

また、もう一台のメルセデスを駆る4番手スタートのニコ・ロズベルグも、目の前で立ち往生したライコネンを避ける間に6番手に後退。その後、すぐに5番手に復帰しましたが、4番手を走るメルセデスパワーのバルテリ・ボッタスの前に攻略は難航。ウイリアムズの背後には迫るものの、その影響でクリーンエアを阻まれブレーキの温度が上昇。一旦、前との間隔を置かざるえず、トップのハミルトンからは15周終了時点で約20秒差と、優勝の可能性を早くに失いました。

一方、独走状態に持ち込んだ先頭のハミルトンは、その後も安定したペースで周回を重ね、26周目にこの日唯一のピットストップを敢行。1周前にピットインしたベッテルの18秒前でコースに復帰すると、中盤以降も一人旅を続けました。

ボッタスとロズベルグ

ボッタス(前)とロズベルグ(後)

しかし、その間後方では3番手争いに動きがあって、アンダーカットを仕掛けたロズベルグがウイリアムズ2台を一気に交わし表彰台圏内に進出。ウイリアムズはロズベルグの前を走っていたボッタスではなく、チームメイトの1秒前にいたフェリペ・マッサを先にピットへ呼び込みましたが、ロズベルグの猛チャージの前に屈する形となりました。

その後、中盤から終盤にかけては、独走のハミルトン以下、ベッテル、ロズベルグ、マッサ、ボッタス、そしてフォース・インディアのオーダーで進みますが、40周を前に3番手のロズベルグが徐々に2番手のフェラーリに接近します。しかし、フェラーリドライバーとして初のホームレースを走るベッテルは、少しづつリードを吐き出しながらも2番手を死守。50周目時点でも約1.5秒の差を保ち、3周先のチェッカーを目指しました。

ロズベルグ出火

ロズベルグ出火

すると、51周目に追い上げをかけていたロズベルグのエンジンが突然ブロー! 前日に新しいパワーユニットに不具合がみつかり、すでに5戦を走った中古のエンジンを使用していたロズベルグは、フィニッシュ目前で出火しながら無情の終わりを迎えることとなりました。

これで3番手にはウイリアムズのマッサが浮上しましたが、そのすぐ後ろにはチームメイトがつけていて、最後の最後までバトルを繰り広げることに。しかし、なんとかポジションを守り切ったマッサが3位を確保。一度もトップを譲らなかったハミルトンと2位ベッテルに続き、2年連続連続で3位表彰台を手にしました。

4位ボッタスに続いたのはライコネン。彼は最後尾からの挽回で5位に入り、ダメージを最小限に抑えたものの、それだけにスタートの失敗が悔やまれる結果となりました。

ホンダのパワーユニットを搭載するマクラーレンはジェンソン・バトンが1周遅れの14位。フェルナンド・アロンソは残り数周でパワーを失ってリタイア。完走扱いの18位でレースを終えています。

なお、独走で優勝したハミルトンですが、レース終盤に「理由は後で説明する」との言葉に続き不可解な無線を受ける場面がありました。前戦スパの高速サーキットでは、フェラーリのタイヤが突然バーストしていたこともあって、スローパンクチャーなども疑われましたが、結局はスタート時のタイヤの内圧が規定値より0.3psi低かったため、タイムペナルティを受ける恐れがあったことが分かっています。なお、この件についてはスチュワードが調査を始めています。

F1第12戦イタリアGP 決勝結果

順位 No. ドライバー チーム タイム差
1 44 L.ハミルトン メルセデス
2 5 S.ベッテル フェラーリ +25.042秒
3 19 F.マッサ ウイリアムズ +47.635秒
4 77 V.ボッタス ウイリアムズ +47.996秒
5 7 K.ライコネン フェラーリ +68.860秒
6 11 S.ペレス Fインディア +72.783秒
7 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア +1周
8 3 D.リカルド レッドブル +1周
9 9 M.エリクソン ザウバー +1周
10 26 D.クビアト レッドブル +1周
11 55 C.サインツJr. トロロッソ +1周
12 33 M.フェルスタッペン トロロッソ +1周
13 12 F.ナッセ ザウバー +1周
14 22 J.バトン マクラーレン +1周
15 28 W.スティーブンス マノー +2周
16 98 R.メリ マノー +2周
17 6 N.ロズベルグ メルセデス DNF
18 14 F.アロンソ マクラーレン DNF
R 8 R.グロージャン ロータス DNF
R 13 P.マルドナド ロータス DNF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ