スーパーフォーミュラ オートポリス/石浦選手連続ポール獲得

この記事は3分で読めます

石浦宏明01全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦オートポリスは12日、公式予選が行われ、石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)が2戦連続、今季3度目となるポールポジションを獲得しました。

午前のセッションは雲の多い中で展開されたが、14時40分から始まった公式予選は晴天に恵まれることに。気温22度、路面温度31度というコンディションのもとでノックアウト予選がスタートしました。

Q1

参戦している19台全車が参加し、上位14台が次のセッションへと進むことができる予選Q1は20分間で展開。セッション開始とともに、ランキング首位につける石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)を先頭にまずは各車が一斉にコースイン。全車がまずはタイムを記録をしていっきました。

ここでトップに並んだのは、DOCOMO TEAM DANDELION RACINGの2台。野尻智紀が1分28秒304と、午前のトップタイムに匹敵するタイムをマークすると、ナレイン・カーティケヤンが2番手に続いていきます。その後、一旦は全車がピットへ戻り、残り6分ほどになると、ニュータイヤに履き替えたドライバーたちがチェッカーに向けて再びコースへ向かっていきます。

最後にコースインしたアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)が、計測1周目で1分27秒台に入れて首位につけますが、直後に計測2周目を終えた石浦がタイムを伸ばし、このセッションの首位に。平川亮(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、ロッテラー、国本雄資(P.MU/cerumo・INGING)、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)と続いていきました。

Q2進出への当落線付近では、チェッカーが振られた時点で15番手の中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)に続き、中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)、小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、山本尚貴(TEAM無限)、ナレイン・カーティケヤン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とQ2進出圏外に位置。ただ、山本、一貴、可夢偉、大祐はラストアタックでタイムアップを果たしてQ2進出を決めました。

一方、これに押し出される形となってベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)や小暮卓史(DRAGO CORSE)やウイリアム・ブラー(KONDO RACING)がQ1敗退を喫することに。また、カーティケヤン、中山雄一(KCMG)ものセッションで予選を終えています。

Q2

予選Q2は15時10分から7分間で展開。上位8台がポールポジションを決するQ3へと進むことができます。

アンドレ・ロッテラー

アンドレ・ロッテラー

ここでは、再び計測1周目からロッテラーが1分27秒台前半のタイムをマーク。その他のマシンは計測2周目でアタックに入っていき、再び石浦が首位に。ロッテラー、一貴、野尻、国本、可夢偉、平川と続き、8番手の塚越広大(REAL RACING)とまでがQ3進出となりました。

一方、昨年のポールシッターである山本は10番手と、Q2敗退。
また、現在ランキング2位につけているオリベイラは、最後までアタックを続けるもタイム更新はならず、11番手に留まりました。ジェームス・ロシター(KONDO RACING)、アンドレア・カルダレッリ(LENOVO TEAM IMPUL)、大祐、伊沢拓也(REAL RACING)もこのセッションで予選を終えています。

Q3

ポールポジションをかけて7分間で争う予選Q3は15時27分から開始。
引き続き好天のもと、ロッテラーが他車の先陣を切る形でコースインしていきました。

ロッテラーはここでも計測1周目で好タイムでまずはトップにつけますが、計測2周目のタイムで一貴、そして可夢偉がトップタイムを更新。その後、「一番攻めた予選かもしれない」という石浦が首位を奪取します。

結局、最後までこのタイムを破るドライバーは現れず、今季2勝、そしてランキング首位と乗りに乗っている石浦が、予選全セッションでトップタイムをマークする形で2戦連続のポールポジションを獲得しました。可夢偉が今季予選最上位となる2番手を獲得、そして3番手に一貴が続き、かつてフォーミュラトヨタをともに戦った経験をもつ3人が予選トップ3に並びました。

4番手にロッテラーが続き、塚越がホンダ勢最上位となる5番手を獲得。平川、国本、野尻と8番手までに並ぶ形となりました。

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス 予選結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ