スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利

この記事は2分で読めます

オートポリス 表彰台全日本選手権スーパーフォーミュラ第5戦オートポリスは13日、54周の決勝レースが行われ、ランキングリーダーの石浦宏明(P.MU/cerumo・INGING)との接近戦を制した中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM’S)が今季初勝利を挙げました。

オートポリス スタート決勝日も青空の覗く天候となったオートポリス。気温20度、路面温度27度というコンディションで、15時からレース開始。スタートでは、3番グリッドの一貴が好スタートを決めてホールショット。2番手には順位キープで小林可夢偉(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)が続き、ポールシッターの石浦は3番手で1コーナーを抜けていきました。

一方、4番手スタートのアンドレ・ロッテラー(PETRONAS TEAM TOM’S)は、1周を終えて4番手をキープしますが、反則スタートにがあったとしてドライブスルーペナルティを受けることに。これにより、最後尾まで順位を落とすこととなります。

中嶋一貴と小林可夢偉

中嶋一貴と小林可夢偉

一貴と可夢偉はともに好タイムを刻み、僅差で走行。3番手の石浦は可夢偉後方を走行するも、上位2台とは遜色ないタイムで続いていきます。4番手からは平川亮(KYGNUS SUNOCO Team LeMans)、11番グリッドから順位を上げたジョアオ-パオロ・デ・オリベイラ(LENOVO TEAM IMPUL)、そして予選10番手の山本尚貴(TEAM無限)と続いていきます。

6周目を終えたあたりからピットへ入り始めるマシンも現れますが、上位はそのままレースを続行。
上位3台は4秒ほどの差をキープしながら、4番手以下を徐々に引き離していきました。
そんなトップ3で先手を打ったのは、前日「なくすものはないので思い切って色々とやってみる」と話していた可夢偉。
29周を終えたところでピットへ向かい、4輪ともにタイヤを交換。給油時間は長めとなり、20秒の作業でピットアウト、ペナルティで順位を落としていたロッテラーの後方(暫定12番手)でコースへと復帰していきました。

その後、山本やオリベイラ、平川もピットインしていき、未ピットのロッテラーの後方には可夢偉、平川、山本、オリベイラと続いていく形に。一方、一貴と石浦は引き続き4秒ほどの間隔でトップ2を占めていきますが、タイムは徐々に落ちてきます。そのため、先手を打ったマシンはここでタイムを上げていきたいところでしたが、ロッテラーが好タイムで走行しているため、追い上げ切ることができない状況となりました。

45周目を終えたところで、後続を20秒以上引き離してトップ2をキープしていた一貴と石浦が同時にピットイン。一貴はタイヤ無交換でピットを離れた一方、石浦は“フロント2輪交換”を実施。ピットで順位の変動はなかったものの、その後の勝負に注目が集まりました。

ピットアウト直後は差があったふたりですが、石浦が好タイムで迫り、残り2周の時点で僅差まで詰め寄ります。ただ、そこから一貴もペースアップを果たして追撃を許しません。一貴がトップを守り切ってトップチェッカー。今季初勝利を挙げました。

互いを労い合う 中嶋一貴と石浦宏明

互いを労い合う
中嶋一貴と石浦宏明

石浦はコンマ9秒届かずの2位。連勝はならなりませんでしたが、ランキング首位は守っています。

先手を打った可夢偉は、最終的に8秒差の3位に。今季2度目の表彰台となりました。
4位には平川、5位にオリベイラが続き、ピットストップを最後まで引っ張ったジェームス・ロシター(KONDO RACING)が6位。そして山本がホンダ陣営最上位となる7位を獲得しています。

スーパーフォーミュラ第5戦オートポリス 決勝レース結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ