スーパーGT SUGO予選/500クラスはS Road、300クラスはCR-Zがポール獲得

この記事は4分で読めます

SUGO 予選スーパーGT第6戦は19日、スポーツランドSUGOでノックアウト形式の予選が行われ、GT500クラスは日産GT-Rの本山哲&柳田真孝が、今シーズン初となるポールポジションを獲得。GT300クラスはホンダCR-Zの高木真一&小林崇志が今季2度目のポールポジションを獲得しました。

予選日午後は青空も確認出来ますが雲量も多い天候。GT300クラスのQ1がスタートする頃のコンディションは気温が25度、路面温度は33度と午前より少し上昇したコンディションの中、13時50分からGT500クラスのQ1がスタートしました。

GT500クラス

Q1

15分間の予選は定刻通り13時50分からコースオープンだったのですが、1台もマシンは現れず、Q1残り9分を切った頃に、DENSO KOBELCO SARD RC F 平手晃平がやっとコースイン。残り8分を切るとドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTが動き出したのを皮切りに続々とマシンが動き出すと、ランキング首位のカルソニック IMPUL GT-Rが最後にコースインし、ようやく15台全車がコースインしました。

誰よりも早くからコースインしたDENSO KOBELCOを駆る平手は、入念にタイヤを温めると、アタックが開始されたのは、残り5分を切ってから。平手のタイムは1分12秒850を記録しこれがターゲットタイムになるかと思われましたが、後から来たRAYBRIG NSX CONCEPT-GT 山本尚貴が1分11秒927をマークしトップを奪取。

その後、続々とアタックラップに入るも各車1分12秒台のタイムで山本のタイムは更新されません。しかし、残り1分を切ったところでD’station ADVAN GT-Rを駆る佐々木大樹がアタックを決めると、山本のタイムを上回りQ1をトップタイムで通過しました。

ランキング上位勢では、カルソニック IMPUL GT-R、ZENT CERUMO RC F、PETRONAS TOM’S RC F、MOTUL AUTECH GT-Rと揃ってQ1は敗退することになりましたが、ランキング5位のKeePer TOM’S RC Fのアンドレア・カルダレッリは3番手タイムでQ1を突破しています。また、Q1トップタイムとなったD’stationの佐々木から15番手のDENSO 平手まで僅か0’00.731しかタイム差がなく、如何にQ1突破が熾烈なものとなっているかを物語る結果となりました。

Q2

SUGO-S Road MOLA GT-RGT300クラスのQ2で赤旗が提示され、GT500クラスの予選Q2は定刻より7分遅れて14時42分からスタートとなりました。
14時47分にコースオープンとなるとEpson NSX CONCEPT-GT駆る中嶋大祐を先頭に、ドラゴのオリバー・ターベイ、WedsSport ADVAN RC Fの脇阪寿一とコースインすると、RAYBRIGのQ2担当、伊沢拓也も続いてホンダ勢が真っ先に全車コース上に現れます。また、ランキング上位勢で唯一Q2に進出したKeePerの平川亮が最後にコースインすると、この時点でQ2の残り時間は7分を切っていました。

タイヤも温まり、アタックが始まったのは残り3分を切ってから、まずはENEOS SUSTINA RC Fを駆る大嶋和也が1分12秒台のタイムをマークすると、KeePer 平川、Epson 中嶋とリーダーボードのトップが次々と入れ替わります。
Q2残り2分を切ると真っ先に1分11秒台のタイムを記録したのは、RAYBRIGの伊沢。1分11秒819をマークしトップに浮上しました。
しかし、このタイムはRAYBRIGの後方からアタックしていたS Roadの本山哲が伊沢のタイムを0’00.212上回りトップを奪取。

柳田真孝と本山哲結局、残りの時間では本山のタイムを上回るマシンは現れず、S Roadが今シーズン初のポールポジションを獲得することとなりました。2番手にはRAYBRIG、3番手にはEpsonとホンダ勢が続き、KeePerがレクサス勢最上位の4番手を獲得した。

予選2~3位はホンダ勢。#100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT(山本尚貴&伊沢拓也/BS)、#64 Epson NSX CONCEPT-GT(中嶋大祐&B.バゲット/ダンロップ=DL)の順で続いています。

実重量のハンデが重め(28~50kg)なランク1~4位のマシンはいずれもQ1落ちし、11~14位に並んでいます。

なお、#36 RC Fはエンジン使用基数によるペナルティで、決勝スタート後に10秒ストップが科されることとなっています。

GT300クラス

トラブルから練習走行に参加できなかったExcellence Porscheと、練習走行でクラッシュがあったマッハ車検 with いらこん 86c-westの2台は、Q1に出走できませんでした。

Q1

15分間のQ1、最初のアタックではARTA CR-Z GTの小林崇志がトップタイムをマーク。これまでのコースレコードを1秒近く上回る1分19秒423を記録しました。
2番手にSUBARU BRZ R&D SPORTの山内英輝、3番手にSKT EXE SLSの安岡秀徒が続いています。また、ポイントリーダーのGAINER TANAX GT-Rを駆るアンドレ・クートはアタックを行わず一度ピットに戻ります。ボンネットを開けての作業になったため、トラブルかと思われましたがセッション中盤にコースへ復帰を果たしています。

2回目のアタックではマザーシャシーのVivaC 86 MCのステアリングを握る松井孝允がトップにたちましたが、直後に練習走行でトップタイムをマークしたTOYOTA PRIUS apr GTの嵯峨宏紀が好タイムでトップの座を奪いました。また、ウエイトハンデ100kgを積むGAINER TANAX GT-Rが7番手につけています。

その後は、トップタイムを塗り替えるマシンは現れなかったものの、Q1進出を賭けた激しいタイム合戦が繰り広げられます。
JMS LMCorsa Z4の脇坂薫一がQ1進出まであと0.008秒の14番手、15番手にはランキング2番手のB-MAX NDDP GT-Rの星野一樹が続き、両者はQ1へ進出するべくアタックを繰り返しましたがタイムアップは叶わず、惜しくもQ1で敗退になりました。

Q1のトップはTOYOTA PRIUSがつけ、2番手にVivaC 86、3番手にARTA CR-Zと続き、以下、シンティアム・アップル・ロータス、UPGARAGE BANDOH 86と上位5台がJAF-GTマシンという結果に。
FIA-GT3マシン最上位はケーズフロンティア Direction 458の横溝直輝となっているほか、GAINER GT-Rも11番手タイムでQ2進出を果たしています。

Q2

SUGO ARTA CR-Z GTGT500クラスのQ1とインターバルを挟み、定刻の14時15分にポールポジションを決める12分間のQ2がスタートしました。
ARTA CR-ZやTOYOTA PRIUS、VivaC 86がセッション開始と同時にコースインしていきますが、続いてコースに入ったロータスがS字でコースオフ。グラベルに捕まってしまったため、マシン回収を行うべく赤旗が掲示されました。
マーシャルの助けを借りて、ロータスはコースに復帰したものの、赤旗の原因となってしまったため予選13番手が確定してしまいます。

セッションは14時24分に残り時間9分30秒で再開。まずはARTA CR-Zの高木真一が1分19秒326でトップに立つと、BRZの井口卓人が1分20秒247で2番手に続いていきます。その直後には、今回初めてマザーシャシーをドライブするUPGARAGE 86の佐々木孝太が2番手に浮上しましたが、後方からアタックしていたマネパ ランボルギーニGT3が佐々木を上回るタイムを記録しています。

さらに、その後ろからはVivaC 86の土屋武士が各セクターのベストタイムを更新する走りでフィニッシュラインを目指してきます。
しかし、最終セクターでタイムを失ってしまい、トップに0.082秒足りない2番手に終わります。
すると、ARTA CR-Zの高木が自身のベストタイムを更新。1分18秒台目前の1分19秒107を叩きだしました。

高木真一と小林崇志その後も高木のタイムを上回るマシンは現れず、ARTA CR-Zが第4戦富士以来となる今季2度目のポールポジションを獲得しました。
2番手にVivaC 86が続き、3番手にTOYOTA PRIUS、4番手にUPGARAGE 86と上位4台をJAF-GTマシン、マザーシャシーが占める形となった。FIA-GT3マシン最上位の5番手にはマネパ ランボルギーニGT3となったほか、ポイントリーダーのGAINER GT-Rは8番手で予選を終えている。

スーパーGT SUGO予選 結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ