WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝

この記事は5分で読めます

オースティン 優勝FIA世界耐久選手権(WEC)第5戦がアメリカ・オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われ、スタートでトップに立ったティモ・ベルンハルト/マーク・ウェーバー/ブレンダン・ハートレー組の17号車のポルシェ919ハイブリッドが前戦ニュルブルクリンクに続き2連勝を果たしました。

LMP2クラスは26号車G-ドライブ・レーシングが、LM-GTEプロクラスは91号車ポルシェ・チーム・マンタイが、LM-GTEアマクラスは72号車のSMPレーシングがそれぞれクラス優勝を果たしました。

17時にスタートが切られた決勝レース。夕刻にも関わらず、気温は34度、路面温度42度と厳しいコンディション。

LMP1クラスは、2番グリッドからスタートしたウェーバーが駆る17号車ポルシェ919ハイブリッドが、1コーナーから18号車ポルシェをオーバーテイクして先頭に。後方でも、セバスチャン・ブエミが乗る1号車トヨタTS040ハイブリッドがアンドレ・ロッテラーの7号車アウディR18 e-トロン・クアトロを交わして4番手に浮上します。しかし、トヨタよりもアウディの方がペースが勝っていて、3周目にはロッテラーが順位を取り戻しています。

LMP2クラスは、サム・バードがドライブする26号車G-ドライブ・レーシングが独走態勢を築きます。
しかし、後方では予選でクラスポールポジションとなるタイムを記録したものの、ペナルティによりクラス最後尾からのスタートとなった47号車KCMGがニコラ・ラピエールのドライブで急浮上。12周目にはクラス3番手まで上がっています。

オースティン LM-GTEプロクラスで1-2

オースティン LM-GTEプロクラスで1-2

LM-GTEプロクラスでは、フレデリック・マコウィッキが駆る92号車ポルシェ・チーム・マンタイが先頭。その後方には91号車のポルシェ・チーム・マンタイが続き、トップ2を同一チームで独占します。またLM-GTEアマクラスの77号車デンプシー-プロトン・レーシングは、LM-GTEプロクラスのマシンに混ざって走行しています。

18周目、13号車のレベリオン・レーシングが緊急ピットイン。マシンをすぐにガレージに入れ、メカニックがエンジンカウル内を覗き込むような動き。どうやら、マシントラブルのようです。

27~28周目頃になると、各車が最初のピットイン。このタイミングでLMP2のトップには30号車のエクストリーム・スピード・モータースポーツが立ちます。

また、LM-GTEアマクラスのトップを走っていた77号車には、ハリウッド俳優のパトリック・デンプシーが乗り込み
首位を快走しますが、徐々に後方から差を詰められてしまいます。

1時間半経過

以前17号車ポルシェが先頭。2台のトヨタTS040ハイブリッドは周回遅れ。
LMP2クラスでは、終始安定したペースを保った47号車KCMGがついに先頭に立ち、26号車G-ドライブ・レーシングを引き離して独走の状態。
LM-GTEプロクラスでは以前ポルシェ・チーム・マンタイが1-2体制。
LM-GTEアマクラスは、スタートから首位を走ってきた77号車デンプシー-プロトン・レーシングが、ついにそのポジションを72号車SMPレーシングに明け渡すことになってしまいました。

2時間経過

徐々に傾いていく日差し。レーススタート後2時間もすると、空は完全にオレンジ色に染まり、西日が厳しくなってきます。この影響を最も受けたのが1号車トヨタTS040ハイブリッドのアンソニー・デビッドソン。ピットに入りかけたところ、夕日が完全に逆光となり、ピットレーンを見失ってしまいます。

これでデビッドソンはコースに戻ってしまい、燃料が足りない状態で1周を走行。ペースを落とさなければガス欠でストップしてしまう可能性からか、ゆっくりとしたスピードで再びピットを目指したため、大きなタイムロスとなってしまいました。

デビッドソンのアクシデントの直後、今度は最終コーナーで31号車エクストリーム・スピード・モータースポーツのマシンが縁石に乗り上げるような形で宙に浮き、そのままバリヤにクラッシュ。これでフルコースイエローコーションが宣言されてしまいます。31号車はターンイン時にブレーキが効かないというトラブルに見舞われていたという事です。

2時間半経過

コースは完全に闇に包まれます。こうすると、照明が少ないサーキット・オブ・ジ・アメリカズでの走行は非常に困難となってきます。
GTEアマクラスの3番手を96号車アストン・マーチン・レーシングと、88号車アブダビ-プロトン・レーシングが争っていたところに、マイク・コンウェイがドライブする2号車トヨタTS040ハイブリッドが迫ります。
コンウェイが2台をまとめて交わそうとしますが、96号車にそれが見えていなかったようで、抜きにかかる88号車をブロックするラインを取ります。これで2号車の進路が狭くなり、あわや接触……コンウェイはこれを回避しましたが、大きくスピンしてしまいます。

ナイトコンディションでは、ピットインも難しくなります。3回目のピットインに入ったウェーバーがドライブする17号車ポルシェ919ハイブリッドですが、自らのピットを見付けられず、オーバーランしてしまいます。幸い、マシンをストップさせた位置がガレージから近かったために、メカニックに押し戻される形で作業を受けることができましたが、これは危険な行為だったとして後に1分のストップ&ゴーペナルティが課せられます。これで17号車は首位のポジションを18号車に譲ることになってしまいました。

なお、逆光の影響でピットレーンからコースに戻ってしまった1号車トヨタTS040ハイブリッド、そしてピット作業時にメカニックがタイヤを落としてしまった8号車アウディR18 e-トロン・クアトロにも、同様のペナルティが課せられています。

半分経過

レースのちょうど半分が経過したところで、2号車トヨタTS040ハイブリッドは再び進路を塞がれ、大きくスピンしてしまいます。しかも、今度はそのままバリアに突っ込み、マシンを大破させてしまいました。マシンはそのまま動けずにここでリタイア。TS040を片付けるため、この日2回目のフルコースイエローが発動されます。

LM-GTEクラスに目を転じてみると、残り1時間40分というところでプロクラスの51号車AFコルセに、マシン側面のカーナンバーが点灯しないというトラブルが発生。すぐにピットに入り修復を試みるが点灯せず、チームはドアを交換する形で対処します。

しかし、今度はドアが閉まりません。 結局ドアが開いた状態でコースに復帰させますが、マーシャルからはオレンジボールフラッグが提示され、ふたたびピットイン。カーナンバーの点灯について修復した新しいドアを取り付けてコースに戻ります。

プロクラスのトップは、91号車のポルシェ・チーム・マンタイ。しかし、後ろからは92号車ポルシェ・チーム・マンタイが迫ります。
とはいえポイントランキングでは91号車の方が先行していて、チームオーダーが発動されたのか、92号車をドライブするマコウィッキは、91号車に対して攻撃を仕掛けません。

残り1時間

LMP1の上位は18号車ポルシェ、17号車ポルシェ、8号車ポルシェ、7号車ポルシェ、1号車トヨタの順。
LMP2クラスは26号車G-ドライブ・レーシングが再びトップに立ち、47号車KCMGが追う展開。
LM-GTEプロクラスは相変わらずポルシェ・チーム・マンタイの2台がランデブー状態で先頭を行き、アマクラスでは77号車デンプシー-プロトン・レーシングがトップを走っています。各車はあと何回のピットインを残しているのか? この点が勝負の分かれ目になってきそうです。

残り40分

7号車アウディが8号車アウディに急速に追いつきます。8号車は7号車にあっさりとポジションを譲り、ポジションを入れ替えます。
現在7号車の3人がドライバーズチャンピオンシップのトップに立っているものの、ポルシェの追い上げは急であり、アウディ陣営としては7号車にポイントを集約しようという、チームオーダーなのでしょう。

残り34分

18号車ポルシェが無線の指示でピットイン。給油だけでコースに復帰すると思いきや、マシンをガレージに入れてしまいます。これは電気系のトラブルで、大した対処もできずに時間だけが過ぎていきます。クーリングだけして最後にコースへ復帰し、ポイントを稼ごうということのようです。

これで先頭は17号車ポルシェ919ハイブリッド。終盤に給油のためのピットインをしても、十分に先頭で戻れるだけのマージンを、7号車アウディに対して築いています。そしてそのままチェッカーまで走りきり、前戦ニュルブルクリンクに続く、2連勝を果たしました。
2位に7号車アウディR18 e-トロン・クアトロ、3位にも8号車アウディが入り、トヨタTS040ハイブリッドの1号車が4番手でフィニッシュしています。
LMP2クラスは26号車G-ドライブ・レーシングがクラストップでチェッカーを受け、47号車KCMGは2番手まで。
LM-GTEプロクラスは91号車→92号車と、ポルシェ・チーム・マンタイが1-2フィニッシュを果たしています。
LM-GTEアマクラスは、結局72号車のSMPレーシングがクラス優勝、以下88号車アブダビ-プロトン・レーシング、83号車AFコルセと続いた。レースを通してトップを走った77号車デンプシー-プロトン・レーシングは、4位に終わっています。

ポルシェ919ハイブリッドがまたしても速さを見せた第5戦オースティン。これでドライバーズランキングは、ポルシェ17号車組がアウディの7号車組に10点差まで迫りました。WEC次戦はいよいよ日本ラウンド、10月11日決勝の富士6時間レースです。

WEC第5戦オースティン決勝 結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ