F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン

この記事は3分で読めます

シンガポールGP 決勝F1第13戦シンガポールGPは20日、市街地コースのマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで61周の決勝が行われ、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが今季3勝目を挙げました。

前日の予選で、王者メルセデスが不可解な失速をみせ、ルイス・ハミルトンの連続ポール記録が途絶えた今週末のシンガポールGP。
迎えた20時スタートのナイトレースは、今季初のポールポジションに就いたベッテルと、初日のロングランで力強いペースを披露した2番グリッドのダニエル・リカルドふたりの一騎打ちの様相でした。

シンガポールGP 決勝スタートレースは、スタートでホールショットを奪ったベッテルがオープニングラップから2番手リカルドを引き離しにかかり、5周目時点で早くもリードを築くことに成功。まずは序盤の主導権を握ります。
一方でレースペースに自信を見せるレッドブルのリカルドもそこから5秒差をキープしたまま周回を重ねると、10周目を前に早くもトップ2台のペースが逆転、今度はリカルドが先行するフェラーリとの差を徐々に縮める展開へと変わります。

マッサとヒュルケンベルグ接触

マッサとヒュルケンベルグ接触

しかし直後の12周目に、1回目のタイヤ交換を終えたウイリアムズのフェリペ・マッサと、前の周にピットストップを済ませていたフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが合流地点の3コーナーで接触、その反動でヒュルケンベルグがウォールにクラッシュしてしまい、レースはバーチャル・セーフティカーを挟んで通常のセーフティカーへと変わり、この間に先頭のベッテルを含む多くのマシンがピットイン。これからさらにフェラーリを追い詰めようとしていたリカルドも、ベッテルに合わせてピットインすることとなりました。シンガポール セーフティーカー

19周目にレースが再開すると、後続のリカルドと同じスーパーソフトタイヤを履くベッテルは序盤のハイペースから一転、ペースを抑えながら周回。対するリカルドはフェラーリの背後に迫るものの、後ろには3番手を走るもう一台のフェラーリ、ライコネンが2番手の座を伺っていて、20周目以降は3台がお互いを牽制しながら接近戦を繰り広げることとなります。

パワーを失いチームメイトに抜かれるルイス・ハミルトン

パワーを失いチームメイトに抜かれる
ルイス・ハミルトン


26周目、4番手を走っていたハミルトンがマシントラブルでスローダウンすると、これとほぼ同じタイミングで先頭を走るベッテルがそれまでのペースからギアを切り替え、再びハイペースで周回。あっという間に2番手リカルドとの差を拡大し、序盤のリードを取り戻します。

ベッテルは、マッサやハミルトンがリタイアで消えていく中、レース中盤も2番手リカルドとの差を維持。37周目にはコース上に歩行者が現れるハプニングが起き、またもセーフティカーでリードを失うことになりましたが、41周目のレース再開後は完全にレースをコントロール下に置き、終盤は危なげない走りでトップを走行。

セバスチャン・ベッテル

セバスチャン・ベッテル

最後までミスなく走りきったベッテルはそのままポール・トゥ・ウインで今季3勝目、通算ではあのアイルトン・セナの優勝回数を超える42勝目を挙げ、歴代優勝数でも単独3位に躍り出ました。

2位リカルドは序盤のセーフティカー出動で強みのロングランを活かせず、チームに今季初優勝を届けることは叶いませんでした。それでも終盤は3番手ライコネンとの差を広げ、今季2度目の表彰台を手にしました。終始精彩を欠いたメルセデスのニコ・ロズベルグは4位で12ポイントを獲得。ノーポイントに終わったタイトル争いのライバル、ハミルトンとの差を41ポイントまで縮めたものの、この日の優勝で総合ポイントを203に伸ばしたランキング3位のベッテルには、わずか8ポイント差まで迫られる結果となりました。

なお、中盤まで入賞圏内を走行していたマクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソが33周目、ジェンソン・バトンは53周目に同じギヤボックストラブルでリタイア。
また、序盤にマッサと絡んでセーフティカーの原因を作ったヒュルケンベルグには、次戦日本GPでの3グリッド降格のペナルティが下っています。

F1第13戦シンガポールGP 決勝結果

順位 No. ドライバー チーム タイム差
1 5 S.ベッテル フェラーリ
2 3 D.リカルド レッドブル +1.478秒
3 7 K.ライコネン フェラーリ +17.154秒
4 6 N.ロズベルグ メルセデス +24.720秒
5 77 V.ボッタス ウイリアムズ +34.204秒
6 26 D.クビアト レッドブル +35.508秒
7 11 S.ペレス Fインディア +50.836秒
8 33 M.フェルスタッペン トロロッソ +51.450秒
9 55 C.サインツJr. トロロッソ +52.860秒
10 12 F.ナッセ ザウバー +90.045秒
11 9 M.エリクソン ザウバー +97.507秒
12 13 P.マルドナド ロータス +97.718秒
13 8 R.グロージャン ロータス DNF
14 53 A.ロッシ マノー +2周
15 28 W.スティーブンス マノー +2周
R 22 J.バトン マクラーレン DNF
R 14 F.アロンソ マクラーレン DNF
R 44 L.ハミルトン メルセデス DNF
R 19 F.マッサ ウイリアムズ DNF
R 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア DNF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ