F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ

この記事は3分で読めます

日本GPハミルトンF1第14戦日本GPは27日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで53周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが今季8勝目となる通算41回目のトップチェッカーを受けました。これは、アイルトン・セナに並ぶ記録になります。

今年、7年ぶりにF1に復帰したホンダの母国レース、また1980年代後半から90年代前半にかけてF1を席巻した“マクラーレン・ホンダ”が23年ぶりに鈴鹿に挑むなど、例年以上に注目が集まった今年の日本GP。鈴鹿初の9月開催となった日曜の決勝は、王者ハミルトンがいきなり訪れたチームメイト対決を制して鈴鹿連覇を達成しました。

Lewis Hamilton (GBR) Mercedes AMG F1 W06 leads at the start of the race. 27.09.2015. Formula 1 World Championship, Rd 14, Japanese Grand Prix, Suzuka, Japan, Race Day. - www.xpbimages.com, EMail: requests@xpbimages.com - copy of publication required for printed pictures. Every used picture is fee-liable. ゥ Copyright: Batchelor / XPB Images

レースは、スタートで鋭い加速をみせた2番グリッドのハミルトンが1、2コーナーでポールシッターのニコ・ロズベルグとのサイド・バイ・サイドを制してトップに躍り出ると、オープニングラップからハイペースで周回を重ねました。

一方、2コーナーでインサイドのハミルトンに若干押し出される格好となったロズベルグは4番手に後退すると、2番手、3番手に浮上したセバスチャン・ベッテルとバルテリ・ボッタスの後方でタイムをロスすることになります。

レースリーダーとなった先頭のハミルトンは序盤の10周目で早くも2番手を走るベッテルに差を築くと、16周目の最初のタイヤ交換でミディアムタイヤを装着し、第2スティントでハードタイヤを選択したベッテル以下をさらに引き離すペースで周回を重ね、31周目の2回目のピットストップまでに約13秒のギャップを築くことに成功、独走状態に持ち込みました。

すると4番手に後退していたもう一台のメルセデス、ロズベルグも17周目のシケインで3番手のボッタスを攻略すると、今度は2番手ベッテルに照準を合わせ、その差を縮めにかかります。迎えたレース中盤の30周目、ここでベッテルが2度目のピットに向かうと、前の周にピットアウトしていたロズベルグはアウトラップのセクター2とセクター3でベストタイムを刻んで、ピット出口の合流でベッテルの前に出ることに成功。これでシルバーアローが1-2態勢を築くことになりました。

日本GP決勝ハミルトンその後、先頭のハミルトンは終盤にかけてレースを完全にコントロール。終わってみれば2位のロズベルグに18秒の大差でチェッカーを受け、昨年に続く鈴鹿連覇を達成。通算勝利ではアイルトン・セナに並ぶ41勝目を手にしました。

2位ロズベルグに続く3位にはフェラーリのベッテルが入りましたが、中盤まで2位を守っていたベッテルは2度目のピットストップの攻防が悔やまれる結果になりました。
以下、4位は2度目のピットストップでボッタスのアンダーカットに成功したキミ・ライコネンが入って、メルセデスとフェラーリがトップ4を独占。5位にボッタス、6位にフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグが続きました。また、現在深刻な財政難に見舞われているロータスはロマン・グロージャンとパストール・マルドナドが2台揃って入賞を果たす健闘ぶり。9位に17歳の新人、マックス・フェルスタッペンが入って、チームメイトのカルロス・サインツJr.も10位と、鈴鹿初ドライブの若いふたりも入賞を果たしました。

母国レースに挑んだホンダ勢は12番手スタートのフェルナンド・アロンソが一時は入賞圏内を走行するも、ホームストレートでパワー不足を露呈。1コーナーで何度もオーバーテイクされる厳しいレース展開となって、順位的には入賞まであとひとつもトップからは1周後れの11位。ジェンソン・バトンは16位と2台揃って厳しい結果に終わりました。

F1第14戦日本GP 決勝結果

順位 NO. ドライバー チーム
1 44 L.ハミルトン メルセデス
2 6 N.ロズベルグ メルセデス
3 5 S.ベッテル フェラーリ
4 7 K.ライコネン フェラーリ
5 77 V.ボッタス ウイリアムズ
6 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア
7 8 R.グロージャン ロータス
8 13 P.マルドナド ロータス
9 33 M.フェルスタッペン トロロッソ
10 55 C.サインツJr. トロロッソ
11 14 F.アロンソ マクラーレン
12 11 S.ペレス Fインディア
13 26 D.クビアト レッドブル
14 9 M.エリクソン ザウバー
15 3 D.リカルド レッドブル
16 22 J.バトン マクラーレン
17 19 F.マッサ ウイリアムズ
18 53 A.ロッシ マノー
19 28 W.スティーブンス マノー
20 12 F.ナッセ ザウバー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ