WEC富士/フリー走行1回目アウディ、2回目ポルシェがトップ獲得

この記事は2分で読めます

アウディとポルシェ2FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦が9日富士スピードウェイで開幕しました。

フリー走行1回目

7号車アウディR18 e-トロン・クワトロ富士午前中にフリー走行1回目が行われ、トップタイムは7号車アウディR18 e-トロン・クアトロで、アンドレ・ロッテラーのドライブによって1分24秒497を記録しています。このタイムは、これまでのLMP1マシンによるレコードタイムを2秒以上も更新する、驚異的な記録です。その他、ポルシェ919ハイブリッドの2台も僅差で続いていて、上位4台全てがレコードを更新する結果となりました。トヨタTS040は5位(1号車)と6位(2号車)。

なおLMP2クラスは36号車シグナテック・アルピーヌが1分32秒701でトップ、LM-GTEプログラスは1分39秒931を記録した92号車ポルシェ・チーム・マンタイ、LM-GTEアマクラスでは72号車SMPレーシングのフェラーリがトップに立っています。

フリー走行2回目

17号車ポルシェ919富士15時半からフリー走行2回目が行われ、ここでは17号車ポルシェ919ハイブリッドが、午前中に更新されたコースレコードをさらに縮めて、1分24秒480でトップタイムを記録しました。上位4台はポルシェ-アウディ-ポルシェ-アウディの4台が僅差で犇めいていて、土曜日以降の激戦を予感させました。トヨタ勢はトップから1.7秒離された5番手に1号車がつけるのがやっとなんですが、その1号車のタイムでさえ、昨年までのレコードタイムを上回っています。

なおLMP2クラスは26号車G-ドライブ・レーシングが1分32秒131でトップ。
LM-GTEプロクラスは51号車AFコルセガ1分39秒922でトップ。
また、LM-GTEアマクラスは、96号車のアストン・マーチン・レーシングが初日を首位で終えています。

初日のフリー走行では、LMP1の進化の度合いを、まざまざと見せつけられる結果となりました。
2012年から開催されているWEC富士ラウンドでの開催は今年で4回目となります。
過去3年間のLMP1クラスでは、2013年のアウディが記録した1分26秒577が最高タイムです。
その記録を本日のフリー走行1回目であっさりと7号車アウディR18 e-トロン・クワトロが今までより2秒も短縮してしまったのです。
しかし、この早さは何もアウディだけではありませんでした。
2番手の18号車ポルシェ919ハイブリッド、3番手の8号車アウディR18 e-トロン・クワトロ、そして4番手の17号車ポルシェ919ハイブリッドまでもが、これまでのレコードを更新しています。これはLMP1全体のレベルが、間違いなく向上していると言えますね。

1号車トヨタTS040富士そんな中、気になるのがトヨタ勢です。
フリー走行2回目の残り20分というところで、LMP1クラスはトヨタのアンソニー・デイビッドソンがドライブ中、マシンは駆動力を失ったような形でスローダウン。ゆるゆるとピットを目指すことになりました。
また、LMP2クラスのエクストリーム・スピード・モータースポーツの2台も相次いでストップ。まずは31号車がヘアピンでスピン。なんとかコース復帰を果たしますが、続けて30号車もほとんど同じような所で止まってしまいます。30号車は自力で動くことができず、セッション中断の原因となってしまいます。

LMP1はポルシェとアウディの激戦が予想されますが、母国レースのトヨタはどこまで迫ることが出来るのでしょうか。
その他のクラスも非常に接戦ですので、予選・決勝はかなり見応えあるものとなりそうです。
お天気が心配ですが・・・。

フリー走行1回目タイム結果

フリー走行2回目タイム結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ