F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目

この記事は3分で読めます

アメリカGP表彰台F1第16戦アメリカGPは25日(現地時間)、テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで56周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのルイス・ハミルトンが今季10勝目を挙げ、歴代4位タイとなる3度目のドライバーズタイトルを獲得しました。

メキシコを襲った大型ハリケーンの影響で波乱の週末となった今年のアメリカGP。初日午後のフリー走行が中止となって、土曜に予定されていた予選は天候回復の目処が立たず、決勝日朝の日曜午前9時からに延期され、Q2タイムでメルセデスAMGのニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得しました。

アメリカGP 決勝スタート午後2時からの決勝レース。注目のスタートでは、2番グリッドから鋭い加速を見せたハミルトンが1コーナーでポールシッターのロズベルグをサイド・バイ・サイドからオーバーテイクしトップを奪取。逆にポジションを死守しようとしたロズベルグは、軽い接触も受けてアウト側に押し出される格好となって一旦5番手まで後退。すぐに先行するフォース・インディアを抜いて4番手に浮上しますが、2番手と3番手には2列目スタートのダニール・クビアトとダニエル・リカルドのレッドブル勢が続くこととなりました。

アメリカGP パーツ処理5周目に、コース上のパーツを処理するためにバーチャル・セーフティカー(VSC)が発動、レースは8周目から仕切り直しとなりますが、再スタートのタイミングでロズベルグが3番手を奪取、続くバックストレートでも2番手を奪って、上位のオーダーはハミルトン、ロズベルグ、クビアト、リカルドとなってトップ4台が後続を引き離していく展開となっっていきます。アメリカGP 決勝 レッドブル奮闘

しかし序盤は路面がウエットからドライへ切り替わる難しいコンディションがしばらく続いたことで、レッドブル2台がメルセデス勢を上回るパフォーマンスを発揮。クビアトのコースオフで3番手に浮上のリカルドが13周目にロズベルグを交わすと、15周目にはタイヤが限界を迎えたハミルトンをオーバーテイクし、リードを広げていきました。

18周目にロズベルグにも抜かれたハミルトンはたまらずここでピットイン、ドライタイヤのソフトコンパウンドに履き替えると、続く19周目に首位のリカルドやロズベルグ、クビアトもピットイン。オーダーはリカルド、ロズベルグ、クビアトのトップ3へと変わって、ハミルトンは4番手。さらにハミルトンと同じ周のタイヤ交換で大幅にギャップを縮めた13番手スタートのセバスチャン・ベッテルも5番手に浮上してきます。

アメリカGP 決勝メルセデスここからレースは本格的にドライコンディションへと切り替わりますが、これで息を吹き返したのがメルセデス勢。逆にレッドブルの2台はロングストレートでパワー不足を露呈し、22周目にはロズベルグがトップに浮上、同じく3番手に上がったハミルトンも26周目にリカルドをかわして2番手となって、メルセデス勢が1-2態勢を築きました。

27周目、ザウバーのマーカス・エリクソンがコース上でストップし、セーフティカーが出動。すると上位勢でベッテルだけがタイヤをミディアムに交換し、33周目のレース再開後には3番手へ浮上します。その後、リカルドとの接触でコース脇にストップしたヒュルケンベルグのマシンを撤去するため2度目のVSCが発動されると、ここで首位のロズベルグがピットインし、再びソフトを履いてコースへ復帰。すぐにマックス・フェルスタッペンを抜いて3番手につけると、41周目にはベッテルを交わして2番手となりました。

アメリカGP ダニール・クビアト43周目、レッドブルのクビアトが濡れた人工芝に乗ってクラッシュし、またもセーフティカーが出動することとなります。この間に首位のハミルトンに続いてベッテルもピットイン。すでにミディアムで15周以上を重ねていたベッテルはこのタイミングを利用して上位と同じソフトたイヤを装着。47周目にフェルスタッペンを抜き、これでオーダーは再びロズベルグ、ハミルトン、ベッテルへと変わります。

しかし、ここで優勝目前のロズベルグが49周目に痛恨のコースオフで2番手に後退。最後の最後でハミルトンの王座獲得の条件が揃うと、ベッテルも最後の追い上げも及ばず3位でフィニッシュ。この瞬間、トップチェッカーを受けたハミルトンの王座獲得が決まりました。アメリカGP 決勝ジェンソン・バトン

4位フェルスタッペンと5位セルジオ・ペレス、6位カルロス・サインツJr.に続いて、マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンが7位でフィニッシュしました。終盤は一時5番手まで浮上したバトンは、最後のピットストップ後に9番手まで後退しましたが、先行する2台のバトルに乗じて7番手へ上がると、同じく健闘していたフェルナンド・アロンソのマシントラブルで6番手に浮上、最後は一つポジションを落として7位チェッカーを受けましたが、6位のサインツJr.が5秒加算のペナルティを受けていたため、正式結果は6位となりました。アロンソは最後にリカルドに抜かれて11位でフィニッシュしています。

アメリカGP決勝ハミルトンなおハミルトンは、イギリス人ドライバーとしては初の2年連続ドライバーズチャンピオン、3度目の王座はサー・ジャッキー・スチュワート(1969、1971、1973)以来2人目となりました。また、ジャック・ブラバム(1959、1960、1966)やニキ・ラウダ(1975、1977、1984)、ネルソン・ピケ(1981、1983、1987)、アイルトン・セナ(1988、1990、1991)といった往年の名ドライバーたちとも肩を並べました。

F1第16戦アメリカGP 決勝正式結果

順位 NO. ドライバー チーム
1 44 L.ハミルトン メルセデス
2 6 N.ロズベルグ メルセデス
3 5 S.ベッテル フェラーリ
4 33 M.フェルスタッペン トロロッソ
5 11 S.ペレス Fインディア
6 22 J.バトン マクラーレン
7 55 C.サインツJr. トロロッソ
8 13 P.マルドナド ロータス
9 12 F.ナッセ ザウバー
10 3 D.リカルド レッドブル
11 14 F.アロンソ マクラーレン
12 53 A.ロッシ マノー
R 26 D.クビアト レッドブル
R 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア
R 9 M.エリクソン ザウバー
R 7 K.ライコネン フェラーリ
R 19 F.マッサ ウイリアムズ
R 8 R.グロージャン ロータス
R 77 V.ボッタス ウイリアムズ
R 28 W.スティーブンス マノー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ