スーパーGTオートポリス/GT300クラスはロータスが2度目のポール獲得

この記事は3分で読めます

オートポリス シンティアム・アップル・ロータススーパーGT第7戦は31日、大分県のオートポリスでノックアウト形式の公式予選が行われ、スーパーGT300クラスはシンティアム・アップル・ロータスが1000分の1秒差でポールポジションを獲得。加藤寛規がチームに今季2度目のポールポジションをもたらすとともに、自身通算12回目のGT300クラスポールポジションを獲得しました。

Q1

GT300の予選Q1は定時の午後1時30分にスタート。朝から青空が広がっているオートポリス。気温12度、路面温度25度のコンディション。

各車がウォームアップを終えると、まずは谷川達也操るVivaC 86 MCが1分45秒168でこれまでのコースレコードを更新。

TOYOTA PRIUS apr GT

TOYOTA PRIUS apr GT

すると直後に中山雄一のTOYOTA PRIUS apr GTが谷川を上回る1分43秒417でトップに浮上します。その後も山内英輝のSUBARU BRZ R&D SPORTや高橋一穂のシンティアム・アップル・ロータスなどJAF-GTマシンが続々とコースレコードを更新し、上位を占めていきます。

その後はFIA-GT3マシンも含め次々とレコードタイムを更新。トップから13番手までがレコードタイムを上回る高速バトルが展開されました。しかし、PRIUSの記録したタイムを上回るマシンは現れないままチェッカー。2番手にBRZ、3番手にロータス、4番手にマッハ車検 with いらこん 86c-west、5番手にはFIA-GT3勢最上位のB-MAX NDDP GT-Rがつけています。

一方で、今大会でのチャンピオン獲得に期待がかかるGAINER TANAX GT-Rは、千代勝正がQ1でアタックを担当するもQ2進出まであとひとつの14番手と苦戦。最後のアタックでも13番手タイムにわずかに届かず、無念のQ1敗退となっています。また、午前の公式練習で5番手タイムだったUPGARAGE BANDOH 86はトラブルか、ピットからマシンを出すことができず、一度もアタックを行えないままQ1でノックアウトとなっています。

Q2

オートポリス VivaC 86 MCGT500クラスの予選Q1などを経て、GT300クラスのポールポジションを決める12分間の予選Q2がスタート。ここでは土屋武士が操るVivaC 86以外はセッション開始後、続々とコースインし入念にタイヤを暖めていきます。土屋は1度のアタックに賭けたのかセッション残り8分というタイミングでコースインしていきました。

1度目のアタックでは、片岡龍也のグッドスマイル初音ミクSLSが1分44秒459でトップタイム。2番手にクリスタルクロコ・ランボルギーニGT3、3番手にStudie BMW Z4と続いていきます。Q1で速さをみせたJAF-GT勢はここでアタックは行わず、ウォームアップにもう1周時間をかけていきます。

そして、JAF勢がウォームアップを終えた2回目のアタックで、加藤寛規がドライブするロータスが1分42秒台目前の1分43秒001でしトップへ浮上。その背後から、ここまで好調のPRIUSの嵯峨宏紀がフィニッシュラインを通過するも、加藤にわずか0.001秒届かず2番手に終わります。

その後、コースインのタイミングを遅らせた土屋がアタックしますが、ウエイトが厳しいのか6番手までしかポジションを上げることができず、ロータスが今季2度目のポールポジションを獲得しました。

ポールポジションを獲得した 高橋一穂と加藤寛規

ポールポジションを獲得した
高橋一穂と加藤寛規

GT300クラスで通算12回目のポールポジションを獲得した加藤は「高橋(一穂)さんが頑張ってくれたので、ネジを巻き直して頑張りました」とコメントしています。

2番手には0.001秒差でPRIUSが続き、3番手にARTA CR-Z GT、4番手にBRZ、5番手に初音ミクSLSが続いています。

事前に言われていたように、JAF-GTマシンであるマザーシャシーがコースとの相性の良さをみせる形となったGT300クラスの予選。しかし、ハイブリッドのアドバンテージがあるPRIUS、CR-Zが2番手、3番手に続いているほか、JAF-GTの牙城を切り崩すような形で初音ミクSLSが予選5番手につけていて、決勝レースはスタートから激しいバトル展開されそう。また、ポイントリーダーのGAINER GT-RがQ2で敗退し、ランキング2番手のPRIUSがフロントロウとなっていることもあって、今大会でのチャンピオン獲得に暗雲が立ち込めてきました。

スーパーGT第7戦AP公式予選結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ