スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利

この記事は3分で読めます

オートポリス GT300クラスを制したB-MAX NDDP GT-Rの高星明誠と星野一樹スーパーGT第7戦オートポリスは1日、65周の決勝レースが行われ、GT300クラスは予選8番手からスタートしたB-MAX NDDP GT-Rが優勝。オートポリス300B-max

2番手にポイントランキング首位のGAINER TANAX GT-Rが入ったため、最終戦を待たずしてアンドレ・クートがドライバータイトルを獲得し、GAINERがチームタイトルも手中に収めました。

午前と同様、曇天が広がるコンディションで決勝を迎えたスーパーGT第7戦。気温14度、路面温度17度のコンディションとなりましたが、GT300クラスはスタート前からグリッドにつけないマシンが3台も出てしまう波乱の展開。

予選2番手を獲得したTOYOTA PRIUS apr GTがクラッチトラブルでグリッドにつくことができなかったほか、UPGARAGE BANDOH 86、マネパ ランボルギーニGT3もグリッドにマシンを並べることができませんでした。また、VivaC 86 MCは一度マシンをグリッドにつけたましたが、その場でトラブルが発覚したため、マシンを再びピットに戻しています。なお、PRIUSとUPGARAGE 86はスタートまでにマシンの修理を完了したため、ピットスタートとなりました。

地元県警のパレードラップの後、レースはスタート。オープニングラップは大きな混乱もなく、ポールシッターのシンティアム・アップル・ロータスの加藤寛規がポジションをキープしていきます。2番手にARTA CR-Z GTの高木真一が続いて、3番手には5番グリッドからスタートしたグッドスマイル 初音ミク SLSの片岡龍也、4番手にAudi R8 LMS ultraの藤井誠暢が続きます。

オートポリス GAINER TANAX GT-Rトップの加藤が4周目には2番手CR-Zとの差を4秒まで広げ独走態勢を築く一方で、3番手争いが過熱。初音ミク SLSの片岡を先頭に4番手の藤井、5番手SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人、6番手B-MAX NDDP GT-Rの星野一樹までが数珠つなぎとなるバトルが繰り広げられます。一方、15番手を走行していたGAINER TANAX SLSは緊急ピットインし、マシンをガレージに入れたほか、グリッド上でトラブルがみつかったVivaC 86は一旦はコースインを果たしますが、問題が解決していなかったようで3周で再びピットイン。2台ともリタイアしています。

22周目終わり、5番手を走っていたB-MAX GT-Rが早めにピットイン。ドライバーを星野一樹から高星明誠に交代し、19番手でコースに復帰しました。

一度大きく順位を落としていた初音ミク SLSの片岡は24周目、ペースを取り戻し4番手に浮上すると、その翌周の1コーナーで前を走る3番手Audi R8をオーバーテイク。さらに29周目には3コーナーで後ろからくるGT500マシンを巧みに使って、2番手CR-Zを捕らえることにも成功します。

レースが30周を過ぎたあたりから、コースの1コーナーからホームストレートにかけて雨が降り出しますが、勢いは弱くすぐに路面を濡らす状況ではなく、各チームともスリックタイヤで走行を重ねていきます。そして32周目終わり、最後尾から11番手までポジションをあげていたPRIUSがピットイン。ルーティンの作業を行い、13番手でコースへ復帰しました。ここから各チームとも続々とルーティンのピット作業を迎えます。まずは6番手を走っていたBRZがピットイン。すべての作業を終え、井口から交代した山内英輝がピットアウトしましたが、その直後マシンがピットロードでストップ。自力で動くことができなかったためチームクルーがピットまで押し戻し、そのままガレージにマシンを入れてしまいます。また、36周目終わりにはAudi R8、37周目終わりには初音ミク SLSがピットインし、ルーティンの作業を行っています。

後続が次々とピットインしていくなか、トップの加藤は順調に周回を重ねていきます。そして46周目、すでにピットを終えている3番手B-MAX GT-Rに対し1分以上のギャップをもった状態でピットイン。タイヤを4輪交換し、高橋一穂がトップを維持したままコースへ戻ります。

オートポリス B-MAX NDDP GT-Rしかし、アウトラップのロータスはB-MAX GT-Rにジリジリと差を詰められ、登り区間の第3セクターでテール・トゥー・ノーズの状態まで接近。そして48周目のホームストレートで、加速に勝るGT-Rがロータスをオーバテイク。トップへ浮上しました。

その後、B-MAX GT-Rが差を広げるかと思われましたが、2番手ロータスはペースをあげ1秒以内の差をキープ。また、早めにピット作業を行なっていたGAINER GT-Rの千代勝正が着実にポジションをあげてきていて、3番手までポジションアップを果たしています。

接戦の首位争いを繰り広げていた2番手ロータスでしたが54周目、1コーナーを立ち上がったところで左リヤタイヤがバースト。マシンをコース脇に止めリタイア。これにより2番手に千代が浮上し、GT-Rがワン・ツー体制を築いていきます。また、ここでGT500クラスのRAYBRIG NSX CONCEPT-GTと接触があったとしてグリーンテックSLS AMG GTにドライブスルーペナルティが科されました。ところが、グリーンテックSLSはペナルティに従わずレースを続行。そのため、黒旗が掲示され失格の裁定が下されました。しかしレース後、グリーンテックSLSに対する裁定が誤審であり、RAYBRIG NSXと接触したのはSKT EXE SLSだったことが発表されています。

オートポリス TOYOTA PRIUS apr GTをオーバーテイクしたStudie BMW Z457周目には3番手を走行していたPRIUSの左リヤから白煙があがります。マシンボディとタイヤが接触していたようで、この修理のためPRIUSにはオレンジボールが掲示されます。これによって3番手にはARTA CR-Zが浮上しますが、僅差でStudie BMW Z4が続き表彰台をかけたバトルが展開。そして59周目、3コーナーの飛び込みでStudie Z4がインをついてオーバテイク。3番手を確保しました。

その後、2番手GAINER GT-Rの千代は、トップを走るB-MAX高星に3秒まで接近するも追い抜くことはできません。B-MAX GT-Rが第3戦タイ以来となる今季2勝目を獲得しました。2位はGAINER GT-Rが獲得しクートのドライバータイトルが確定。3位にはStudie Z4が入って、FIA-GT3マシンが表彰台を独占しました。4位にはケーズフロンティア Direction 458、5位はAudi R8 LMS ultra、JAF-GT最上位の6位にはARTA CR-Z GTが続いています。オートポリス GT300星野一樹レース後、マシンを降りた高星はチームメイトの星野一樹と抱き合い、涙を拭いながら勝利を喜んでいました。また、GT500クラスのS Road MOLA GT-Rの本山哲が両ドライバーの肩を叩き、勝利を祝福していました。

スーパーGT第7戦AP 決勝レース結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ