F1第メキシコGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウインで完勝

この記事は4分で読めます

メキシコGP 決勝ハミルトン・ロズベルグ・ボッタスF1第17戦メキシコGPは1日(現地時間)、首都メキシコシティにあるエルマノス・ロドリゲス・サーキットで71周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグがポール・トゥ・ウインで6月の第8戦オーストリアGP以来、9戦ぶりのトップチェッカーを受けました。ロズベルグは今季4勝目、通算では12勝目。

メキシコGP 決勝1992年以来、実に23年ぶりのF1開催となった第17戦メキシコGP。
母国ドライバーのセルジオ・ペレスの活躍もあって、土曜までの2日間で20万近いファンを集めたエルマノス・ロドリゲスは決勝日のスタンドもほぼ満員に膨れ上がりました。事前の予報では降水確率が90パーセントとも言われていましたが、全車がグリッドについた13時(現地時間)のサーキットは日差しが差し込むほどの快晴に恵まれ、気温も23度、路面温度は56度にまで達しました。

メキシコGP 決勝 ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)

ニコ・ロズベルグ

注目のスタートではポールシッターのロズベルグがスリップストリームからオーバーテイクを狙った2番手ルイス・ハミルトンを冷静に封じてトップをキープすることに成功。一方、メルセデス2台の後方では3番手スタートのセバスチャン・ベッテルがレッドブルのダニエル・リカルドと接触して右リヤタイヤをパンク、スローダウンを強いられたベッテルは緊急ピットインを余儀なくされ最後尾までポジションを落とすこととなってしまいました。

メルセデスに続く3位以下のオーダーは、ダニール・クビアト、リカルド、バルテリ・ボッタス、マックス・フェルスタッペン、フェリペ・マッサの順で、9番手スタートのペレスがひとつ順位を上げて8番手につけました。

レース序盤、先頭を走るロズベルグは2番手ハミルトンとの差を1秒以上に広げてトップを走行。15周目以降は自分と同じ1ストップのドライバーが徐々にピットストップに向かうなか、その後も安定したペースで周回を重ね、2秒のリードを築いた26周目にようやくピットイン。翌周ピットインした2番手ハミルトンを3秒、3番手につけるレッドブルのクビアトには早くも20秒以上のギャップを広げるなど、危なげない走りでトップを快走しました。

メキシコGPライコネンリタイア

弾き出されたライコネン

一方、最後尾からの追い上げとなったベッテルはすぐにレースリーダーのロズベルグとほぼ同じラップタイムまでペースアップ。すると、これを見た2ストッパーの5番手ボッタスと7番手マッサのウイリアムズ勢が10周を前に早くもピットインしてベッテルと同じミディアムタイヤに交換します。しかし19番手スタートのキミ・ライコネンの後ろ、9番手でコースに復帰したボッタスは22周目にようやくオーバーテイクを決めますがライコネンの抵抗にあってフェラーリと接触。幸いウイリアムズに大きなダメージはありませんでしたが、弾き飛ばされる形となったライコネンはその場でリタイア。完全にツキに見放されたフェラーリはベッテルも11番手まで挽回したところで今度はスピン。再びポジションを落とす苦しい展開を強いられました。

ルイス・ハミルトン

ルイス・ハミルトン

そんななか、レースリーダーのロズベルグは中盤以降も2番手ハミルトンに3秒のギャップを保ち順調に走行。45周を過ぎると、3番手を走るクビアトに30秒以上のリードを築くなど2台は早くも独走状態に持ち込みました。するとメルセデス陣営は終盤のタイヤの磨耗を考慮して安全策の2ストップ作戦へ変更を指示。46周目にロズベルグがピットインすると、最初は抵抗していたハミルトンも2周後の48周目に渋々ピットイン。先頭でコースに復帰したロズベルグはなおもレッドブル勢に15秒のリードを持って終盤を迎えます。

メキシコGPベッテルリタイア

ベッテルコースオフ

しかしレースが残り20周を切った52周目、フェラーリのベッテルがコースオフしてバリヤにクラッシュしてしまいます。これでレースはセーフティカー(SC)が導入され、2回目のタイヤ交換を控えていたドライバーがこのタイミングでピットイン。1ストップ作戦でリードを築いていたドライバーも2度目のタイヤ交換を実施し、ロズベルグとハミルトンの優勝争いとともにレースは仕切り直しとなります。

メルセデス1-2

メルセデス1-2

しかし、58周目に再開されたレースはリスタートで再びハミルトンを抑え込んだロズベルグが、その後も追いすがるハミルトンに必要以上の接近を許しません。残り数周もペースをコントロールするなど、最後まで集中力を切らさなかったロズベルグはそのままトップでチェッカーを受け、23年ぶりのメキシコGPに新たなウイナーとして名を刻みました。2位ハミルトンに続いたのは、SC明けの1コーナーでクビアトをオーバーテイクしたボッタスで、今季2度目の3位表彰台を獲得。5位はマッサの追い上げを退けたリカルドとなりました。

7位はフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグ。終盤のセーフティカー直前までチームメイトに先行し実質6番手を争っていた地元期待のペレスはSC中もコースに留まりただひとり1ストップ作戦を遂行。惜しくも上位フィニッシュのチャンスは逃しましたが、ミディアムタイヤを50周以上も持たせる得意のタイヤマネジメントで8位入賞。スタンドのファンの期待に応えました。

アロンソ リタイア

アロンソ リタイア

なお、パワーユニットの交換でジェンソン・バトンが70グリッドの降格、フェルナンド・アロンソも15グリッドの降格ペナルティでほぼ最後尾スタートとなったマクラーレン・ホンダは、アロンソがわずか1周でパワーを失いリタイア、バトンは完走を果たしたものの、16台中14位でのフィニッシュに終わりました。

メキシコGP約33万5000人のF1ファンメキシコGPの3日間の総入場者は約33万5000人(今年の日本GPは16万5000人)にのぼり、人気低迷が叫ばれる近年のF1において異例の大成功を収めました。

F1第17戦メキシコGP 決勝正式結果

順位 No. ドライバー チーム タイム差
1 6 N.ロズベルグ メルセデス
2 44 L.ハミルトン メルセデス +1.954秒
3 77 V.ボッタス ウイリアムズ +14.592秒
4 26 D.クビアト レッドブル +16.572秒
5 3 D.リカルド レッドブル +19.682秒
6 19 F.マッサ ウイリアムズ +21.493秒
7 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア +25.860秒
8 11 S.ペレス Fインディア +34.343秒
9 33 M.フェルスタッペン トロロッソ +35.229秒
10 8 R.グロージャン ロータス +37.934秒
11 13 P.マルドナド ロータス +38.538秒
12 9 M.エリクソン ザウバー +40.180秒
13 55 C.サインツJr. トロロッソ +48.772秒
14 22 J.バトン マクラーレン +49.214秒
15 53 A.ロッシ マノー +2周
16 28 W.スティーブンス マノー +2周
R 12 F.ナッセ ザウバー DNF
R 5 S.ベッテル フェラーリ DNF
R 7 K.ライコネン フェラーリ DNF
R 14 F.アロンソ マクラーレン DNF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ