WEC上海決勝/ポルシェ4連勝

この記事は4分で読めます

WEC第7戦上海 優勝した17号車のトリオFIA世界耐久選手権(WEC)第7戦上海6時間レースの決勝が行われ、ポールポジションからスタートした17号車ポルシェ919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト、マーク・ウェーバー、ブレンダン・ハートレー組)が優勝。WEC第7戦上海 優勝した17号車ポルシェ919ハイブリッド第4戦ニュルブルクリンクから4連勝を達成しました。さらにこの勝利により、ポルシェが2015年のマニュファクチャラーズタイトルを確定させました。

ウエットコンディションの中始まった、上海6時間レース。
当初の雨量は多く、第6戦富士同様、セーフティカー先導でのレーススタートとなりました。ただ、セーフティカーの先導は富士ほどは長くならず、5周目からレースがスタートします。

メインストレートで鋭く加速したのは、2番手からスタートした18号車ポルシェ919ハイブリッド。1コーナーでポールポジションスタートの17号車ポルシェ919ハイブリッドのインに飛び込み、早速首位を奪います。3番手スタートの8号車アウディR18 e-トロン・クアトロも加速が鈍く、7号車アウディR18 e-トロン・クアトロが先行。1号車トヨタTS040ハイブリッドも8号車の前に出ます。

先頭に立った18号車ポルシェだが、ターン7で大きく膨らんでしまって、17号車がインに飛び込みます。そして、その2台のポルシェの間に、アンドレ・ロッテラーがドライブする7号車アウディR18 e-トロン・クアトロが鼻先を突っ込んで、3ワイド状態に。そして、18号車と7号車が接触。18号車ははじかれる格好でスピンして、コースサイドにストップしてしまいます。マーシャルの手を借りてなんとかコースに復帰しますが、非常に大きな遅れを取ってしまいます。後方では、LMP2マシンもコースオフしていて、これらの事故を受けて、コースには再びセーフティカーが出動。

WEC第7戦上海 決勝レース3時間経過レース再開後は、17号車ポルシェ919ハイブリッドと7号車と8号車のアウディR18 e-トロン・クアトロがレースを先行する展開。トヨタTS040ハイブリッドはこれについていくことができません。コースオフで大きく出遅れた18号車ポルシェ919ハイブリッドは、コース復帰後はハイペースで走り、21周目には2号車トヨタTS040ハイブリッドに追いつきます。

39周目頃から雨脚が強まり始め、各所でスピンやコースオフが続出。各車のペースも当初よりも5秒ほど落ちていきます。そして、LMP2クラスのマシンがコースオフしグラベルにはまってしまったことで、フルコースイエローコーションが発動されます。

先頭の17号車ポルシェ919ハイブリッドが45周目に入ったところでレースが再開。しかしまだ雨脚は強く、ベストラップから20秒近く遅いペース。そして、13号車レベリオン・レーシングのコースオフで、再びフルコースイエロー。アウディの2台は、このタイミングでピットインを行っています。

グラベルにはまってしまった 1号車トヨタTS040

グラベルにはまってしまった
1号車トヨタTS040

レース再開は50周目からでしたが、今度は1号車トヨタTS040ハイブリッドが最終コーナーでグラベルに捕まって、三たびのフルコースイエローコーション。ポルシェの2台がこの間にピットインし、8号車アウディR18 e-トロン・クアトロが先頭に躍り出ます。

上位は8号車アウディ、17号車ポルシェ、7号車アウディ、18号車ポルシェの4台が、10秒差以内の混戦模様。このうちペースが良いのは7号車と18号車で、67周目には7号車、18号車、17号車、8号車の順に入れ替わります。

しかし、徐々に天候が回復していくと、絶対的なマシンパフォーマンスに勝るポルシェのペースが上がって、73周目には18号車ポルシェが7号車アウディをオーバーテイク。レース序盤のスピンで、一時最後尾付近まで下がった18号車ポルシェが、なんと先頭に立ちます。ただ、今度は次第に17号車のペースが勝り始めて、101周目に17号車が再び首位が逆転。ポルシェに抜かれたアウディは、早々にインターミディエイトタイヤに交換します。ポルシェがインターミディエイトタイヤを履くのは、アウディの10周ほど後でした。

その後も路面は急速に乾いて、126周目終了時点で8号車アウディR18 e-トロン・クアトロがドライタイヤに交換。コースインしたロイック・デュバルのペースは素晴らしく、これを見た7号車アウディもすぐさまピットイン。そしてこの2台は、先頭を行くポルシェよりも5秒程度速いペースで走行していきます。ポルシェ勢もすかさず反応して、132周目にピットに入ってスリックタイヤを履きます。この作業中に18号車はアウディ2台の先行を許してしまいますが、トップでコースに復帰した17号車ポルシェは、マーク・ウェーバーのドライビングで飛ばしに飛ばし、7号車アウディとの差をあっという間に30秒近くまで広げます。

150周目を走り終えたところで、7号車アウディがピットインして、ふたたびロッテラーが乗り込んでポルシェ追撃体制を整えます。そして、コースに復帰した後は最速タイムを記録しながら、ポルシェとの差を少しずつ詰めていきます。ポルシェの17号車がピットインしたのは153周目。これでまだ最後のピットインを行っていない18号車ポルシェが先頭に立って、それを17号車が僅差で追います。この時点で17号車の首位フィニッシュは堅かったのですが、2番手は18号車ポルシェと7号車アウディによって激しく争われていました。

18号車ポルシェは、レースが残り15分となったところで最後のピットイン。タイヤは換えずに給油のみを行ったことで、7号車アウディの前でコースに復帰することに成功します。しかし、18号車のコース復帰後も7号車アウディの方がペースに勝っていて、両者の差は5秒と少しという所まで詰まっていきます。

しかし残り11分というところで、LMP2マシンのコースオフ、そして12号車レベリオン・レーシングのクラッシュの影響で、この日4回目のフルコースイエローコーション。追い上げていた7号車アウディのロッテラーにとっては、水を差される形となりました。

残り5分30秒という時点からレースが再開されますが、今度はターン13手前で13号車レベリオン・レーシングが白煙を上げてストップ。これで最後のオーバーテイクのチャンスも奪われて、レースはこのまま決着。17号車ポルシェ919ハイブリッドが4連勝を達成して、18号車ポルシェが2位。7号車アウディR18 e-トロン・クアトロが3位でフィニッシュしました。この結果により、ポルシェが2015年のマニュファクチャラーズタイトルを確定させました。

LMP2クラス

タイトルを争ううちの1台、47号車KCMGがレーススタート時にコースオフ。一時最後尾まで下がってしまいます。その後雨脚が強まると、LM-GTEプロクラスの91号車ポルシェ・チーム・マンタイに全車が先行されるなど、各車苦戦。その中でトップを走ったのがスポット参戦の29号車ペガサス・レーシング。彼らはLMP2参戦チーム中唯一ミシュランタイヤを使用していて、コースコンディションが合っていたようです。しかし、路面が回復していくと徐々にペースが鈍り、36号車シグナテック・アルピーヌが先頭へ。G-ドライブ・レーシングの2台がこれに続いていきます。KCMGは飛ばしに飛ばしますが、なかなか追いつきません。しかし、残り5分というところで28号車G-ドライブ・レーシングが単独スピンを喫してグラベルに捕まってしまったことでチェッカーを受けられませんでした。36号車シグナテック・アルピーヌがWEC初優勝を果たして、26号車G-ドライブ・レーシングが2位、47号車KCMGが3位を得ています。

LM-GTEプロクラス

WEC第7戦上海 LM-GTEプロクラスを制した91号車ポルシェ・チーム・マンタイ91号車ポルシェ・チーム・マンタイのウエット時のペースが素晴らしく、前述の通りLMP2クラス全車よりも前で走行。この時に築いたリードを守り、トップでチェッカーを受けました。2番手は、終盤51号車AFコルセと92号車ポルシェ・チーム・マンタイが激しく争いましたが、イエローコーションにより水入り。レース再開後の5分では時間が足りず、51号車、92号車の順でフィニッシュしました。

LM-GTEアマクラス

WEC第7戦上海 LM-GTEアマクラス優勝の83号車AFコルセレース序盤は77号車デンプシー-プロトン・レーシングが首位を走りましたが、雨脚が強かった際にドライブしたパトリック・デンプシーがスピンを喫するなど苦しみ、4番手に沈みます。その後、順位は目まぐるしく入れ替わりましたが、最終的には83号車AFコルセが首位でフィニッシュ。以下98号車アストン・マーチン・レーシング、72号車SMPレーシングと続きました。

今季のWECは、次のバーレーン6時間レースが最終戦。11月21日(土)に決勝レースが行われる予定です。

FIA世界耐久選手権第7戦上海6時間 決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ