フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝

この記事は3分で読めます

プトラジャヤePrix 決勝後の表彰台フォーミュラEの第2シーズン第2戦プトラジャヤePrixの決勝レースが行われ、6番グリッドからスタートしたアプト・シェフラー・アウディ・スポートのルーカス・ディ・グラッシが、優勝。フォーミュラE通算2勝目を挙げました。ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)はマシントラブルに見舞われ、12位に終わっています。

プトラジャヤePrix 決勝スタート現地時間14時にフォーミュラE第2戦プトラジャヤePrix決勝スタート。気温30度、路面温度40度以上。
2番手グリッドを獲得していたステファン・サラザン(ベンチュリ)は、マシンを動かすことができずにピットレーンスタート。

仕切り直しとなったスタートでは、ポールポジションからスタートのブエミが無難なスタートを見せ、前が空いたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チーム・アグリ)を、3番グリッドのロイック・デュバル(ドラゴン・レーシング)が牽制して2番手をキープ。

後方ではニック・ハイドフェルド(マヒンドラ・レーシング)とジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)が接触し、ハイドフェルドがスピンして最後方に。一方のベルニュは右のフロントサスペンションを壊し、早々に戦線を離脱しています。

先頭に立ったブエミは順調に飛ばし、徐々に後続との差を広げていき、5周目に入った時点で差は2秒。しかし、この5周目のターン5でオリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)がウォールにクラッシュし、これが原因でセーフティカーが出動。

8周目からレースが再開。ターベイ、ネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)、ハイドフェルドにファンブーストが与えられたことが発表されますが、ターベイはすでにリタイア、ピケJr.もハイドフェルドも後方を走る展開。

リスタートからは再びブエミが後続との差を開き始め、ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)がダ・コスタを交わし3番手に浮上。
プロストのペースは快調ですぐデュバルにも追いつき、2番手のポジションを牽制。後方ではピケJr.のペースが上がらず、シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)にもパスされ、ほぼ最後尾に。ピットレーンスタートのサラザンは、ファステストラップを記録しながら追い上げます。

15周目のターン9で、先頭を行くブエミがソフトウエアのトラブルで突如スローダウンしゆっくりとピットへ向かいマシンを乗り換えます。これを見たチームメイトのプロストはすぐ20%近くエネルギーを残した状態でピットイン。このトラブルで、デュバルが先頭、ダ・コスタが2番手、3番手にはディ・グラッシという隊列。

ルーカス・ディ・グラッシ

ルーカス・ディ・グラッシ

先頭の3台がピットインしたのは17周終了時点。しかし、デュバルが制限時間よりも10秒以上多くピットに止まってしまい、ダ・コスタとディ・グラッシに先行を許してしまいます。ペースが上がらないピケJr.は、エネルギー残量を巧みにコントロールしながら、20周目までピットインを引っ張ります。この間に実質的な先頭はプロスト。2番手にはダ・コスタを交わしたディ・グラッシが上がっています。しかし早めにピットに入らざるを得なかったプロストは、エネルギー残量がディ・グラッシに比べて10%も少ない。

24周目、エネルギーをもたせるべくペースダウンしたプロストを、ディ・グラッシがオーバーテイクし先頭に。翌周にはダ・コスタもプロストをパスして2番手へポジションを上げますが、ダ・コスタは26周目のターン1をクリアしたところでスローダウンし、マシンを再起動してなんとかコースに復帰しますが、大きく順位を落とします。

プロストはやはりペースを上げることができず、26周目にはデュバルに、28周目にはジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン・レーシング)とロビン・フラインス(アンドレッティ)にパスされます。後方ではサラザンがダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)をパスして8番手に。

30周目、ダンブロジオをパスしたフラインスがオーバーランし、ターン9でウォールに激突。アライメントを崩してしまった直後、2番手を走っていたデュバルがターン11で突如ストップ。再スタートを切れずにレースを終えてしまいます。31周目にはプロストがコーナーを曲がり切れずにウォールへ直進、その次の周にはブエミが再びスローダウンし、せっかくポイント圏内までの追い上げが台無し。

最終ラップで先頭のディ・グラッシはダンブロジオを3秒以上離して逃げますが、ディ・グラッシのエネルギー残量はギリギリなのに対し、ダンブロジオは10%以上多く残しています。ダンブロジオはこのエネルギーをフルに使い、ディ・グラッシを追いますが、コーナーをオーバーランしてマシンの左サイドをウォールにクラッシュ。レース続行は不可能な状態で、コース脇にマシンをストップさせます。

ライバルが自滅したディ・グラッシがそのままトップチェッカー、バードが2位、今季FEデビューのフラインスが3位でフィニッシュしました。以下、ピットスタートのサラザンが4位まで追い上げ、ダ・コスタが6番手でなんとかフィニッシュ、ピケJr.もピットストップを遅らす作戦が功を奏して8位でフィニッシュしています。ブエミは入賞できなかったものの、ポールポジション+ファステストラップで5ポイントを獲得。この結果により、勝利したディ・グラッシが獲得ポイントを43としてランキング首位に浮上。ブエミが35ポイントで2位。

フォーミュラE第2戦プトラジャヤePrix決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ