スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM’S RC Fがポール・トゥ・ウイン

この記事は4分で読めます

スーパーGT第8戦もてぎ 逆転で2連覇を達成したMOTUL AUTECH GT-RスーパーGT第8戦もてぎは15日、53周の決勝レースが行われ、GT500クラスではKeePer TOM’S RC Fがポール・トゥ・ウイン。そして2位には、予選12番手から追い上げを見せたMOTUL AUTECH GT-Rが入って、逆転のシリーズ2連覇を決めました。

ランキング首位のカルソニックIMPUL GT-Rと2位のMOTUL GT-Rが2ポイント差と僅差で並ぶとともに、合計6台がタイトル獲得の権利を残して迎えた今シーズン最終戦。決勝日のもてぎは朝から雨。しかし昼に向けて曇り空へと変わったかと思うとまた大粒の雨。

13時40分より警察車両先導のもとでパレードラップが始まると、雲の切れ間からは青空も見えてきます。そんな気まぐれな天候のもと、53周の決勝レースが始まりました。

スーパーGT第8戦もてぎ スタートスタートでは、ポールシッターのKeePer RC Fがポジションをキープ。Epson NSX CONCEPT-GT、RAYBRIG NSX CONCEPT-GTと上位はグリッド通りに1コーナーを抜けていきますが、4番手のPETRONAS TOM’S RC FとカルソニックGT-Rがヘアピンで接近。そこにZENT CERUMO RC Fも絡み、90度コーナーではZENT RC Fの立川祐路が前方の2台をパスして一気に4番手に。カルソニックGT-Rが5番手に続き、PETRONAS RC Fは6番手に後退します。

MOTUL AUTECH GT-R2

MOTUL AUTECH GT-R2

まさかの予選Q1敗退を喫して12番手スタートとなったMOTUL GT-Rは、ロニー・クインタレッリがオープニングラップで10番手に浮上すると、オーバーテイクを繰り返して8周目には7番手に浮上。さらに11周目には、6番手を走っていたPETRONAS RC Fが11周目にスローダウンを喫してストップ。これによって、MOTUL GT-Rは7番手に浮上し、14秒ほど前方につける6番手のカルソニックGT-Rを追います。

刻一刻と路面がドライに近づいていく中、15周目を終えたあたりから各チームのピットの動きも慌ただしくなって、スリックタイヤに変えるタイミングを窺い合うような展開となっていきます。またMOTUL GT-Rは、前方よりも1秒前後速いペースで、徐々にギャップを削り取っていきました。

上位陣でまず動いたのは、4番手のZENT RC F。23周を終えたところでピットへと向かうと、翌周には首位のKeePe RC Fと3番手のRAYBRIG NSXもピットインして、給油とドライバー交代を行い、タイヤはスリックを装着。

カルソニックGT-Rはその翌周、25周を終えたところで作業へ。ジョアオ-パオロ・デ・オリベイラからステアリングを引き継いだ安田裕信は、KeePer RC FとRAYBRIG NSXの間でコースへと復帰します。ただ、アウトラップの安田はヘアピンでRAYBRIG NSXの伊沢拓也の先行を許し、作業を終えた上位勢はKeePer RC F、RAYBRIG NSX、カルソニックGT-Rと続きます。そして、130Rでコースアウトを喫してタイムロスしたZENT RC Fが、カルソニックGT-Rの後方に続きます。

そして26周目には、ウエットでも1分50秒台を切る好タイムで前方との差を10秒以下まで縮めていたMOTUL GT-Rがピットへ。クインタレッリから松田次生に交代し、33秒という他チームと比較してかなり短時間のストップでコースへ。KeePer RC Fの後方でコースへと復帰。

MOTUL AUTECH GT-Rと RAYBRIG NSX CONCEPT-GTのバトル

MOTUL AUTECH GT-Rと
RAYBRIG NSX CONCEPT-GTのバトル

松田は、アウトラップでRAYBRIG NSXとカルソニックGT-Rの攻勢を受けますが、必死のブロック。さらに、このバトルがちょうど27周目に入ろうかというタイミングで、セーフティカーが導入されます。これは、S Road MOLA GT-Rがリヤを大破する形でコース脇にストップするとともに、大きなデブリが2コーナーの先に落ちる形となったため。このSC導入にも助けられ、MOTU GT-Rはひとまず窮地を凌ぎました。

一方、ピットストップを引っ張って首位につけていたEpson NSXはリードを失う形となって、ピットレーンオープンとなった30周目の終わりにピットへ向かい、順位を落とします。

レース後半、 上位4台による接近戦

レース後半、
上位4台による接近戦

これによってKeePer RC Fが首位、MOTUL GT-Rが2番手に続いて、RAYBRIG NSX、カルソニックGT-R、ZENT RC Fと続く形で32周目にリスタートを迎えます。ここでは、周回遅れのマシンも絡む中で、KeePer RC Fの平川が1コーナーでややワイドに。この隙に松田が首位に浮上。そのままフィニッシュすれば自力戴冠という状況で33周目を迎えます。

しかし、ペースとしてはKeePer RC Fの平川の方が速い状況。すでに戴冠の権利は失ってしまっているKeePerですが、ペースの上がらない松田の背後から、平川が意地の”大暴れ”を見せ、チャンピオン争いも絡む上位争いを大いに盛り上げます。トラフィックも交えた激しい攻防の末、43周目にV字への進入でGT300車両に詰まった松田を平川がパス。平川は続くヘアピンでもポジションを守って、首位を確保していきます。

優勝を飾った KeePer TOM'S RC F

優勝を飾った
KeePer TOM’S RC F

その後、MOTUL GT-Rの後方からはRAYBRIG NSX、そして何としてもMOTUL GT-Rに先行したいカルソニックGT-Rが僅差で続いていきますが、順位変動はありません。KeePer RC F駆る平川が最後までポジションをキープして、トップでチェッカー。ポール・トゥ・ウインで、開幕戦以来となる今季2勝目を飾りました。

そして、MOTUL GT-Rも2位をキープしてチェッカー。これによって、ポイントランキングでトップに躍り出ることとなり、松田とクインタレッリは逆転を果たして2年連続でドライバーズチャンピオン獲得を決めました。松田にとっては自身2度目のタイトルとなり、クインタレッリはGT500で前人未到の“4タイムスチャンピオン”の称号を得ることとなりました。

マシンを降りた松田は、瞳を涙に濡らしながら「ロニー選手がファーストスティントで本当にがんばってくれましたし、ピット作業もがんばってもらった。タイヤも、テストがない中で不安もありましたが履いてみたらすごくよかったですし、こんなにうまくいくとは思っていませんでした。スタート前は、『今年は2勝できたからもういいかな』という気持ちもあったのですが、最後まで諦めないで走りました。本当に、モータースポーツは最後まで何があるか分かりませんね」と喜びを語っています。

またクインタレッリも「正直に言って実感はないよ。昨日の悔しさから、今日のチャンピオンは想像できなかったから、言葉にできないね」と声をつまらせていました。

3位にはRAYBRIG NSX CONCEPT-GTが入って、終盤はDENSO KOBELCO SARD RC Fの猛攻も受けつつポジションを守ったカルソニックIMPUL GT-Rに。チャンピオンは逃しましたが、ランキング2位を確保しました。

5位にはZENT CERUMO RC Fが入って、6位はDENSO KOBELCO SARD RC F、7位からドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT、ENEOS SUSTINA RC F、WedsSport ADVAN RC Fと10位まで続いています。

スーパーGT第第8戦もてぎ決勝レース正式結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ