スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン

この記事は4分で読めます

スーパーGT第8戦もてぎ 優勝を飾ったTOYOTA PRIUS apr GTスーパーGT第8戦は15日、ツインリンクもてぎで決勝レースが行われ、ポールシッターのTOYOTA PRIUS apr GTが、セーフティカータイミングの不運もはねのけトップチェッカー。今季2勝目を飾りました。2位はグッドスマイル 初音ミク SLS、3位はGAINER TANAX SLSが続いています。

決勝日のもてぎは朝から雨。しかし昼に向けて曇り空へと変わったかと思うとまた大粒の雨。そして定刻の13時40分、地元栃木県警の先導による1周のパレードラップのあと、1周のフォーメーションラップが行われ、この最中には雲の隙間から青空も見え、先を読むのが難しい天候のもと、決勝レースが始まりました。スーパーGT第8戦もてぎ GT300クラススタート

迎えたオープニングラップは大きな混乱もなく、ポールシッターのTOYOTA PRIUS apr GTを先頭に1コーナーへ。ここで3番手スタートだったグッドスマイル 初音ミク SLSが2番手のGAINER TANAX SLSのイン側に入って、2コーナーの立ち上がりでオーバーテイク。またその後方ではマネパ ランボルギーニGT3がVivaC 86 MCを交わし4番手までポジションを上げます。なお、マネパ ランボルギーニには朝のフリー走行中に黄旗区間で追い越しがあったとして、ドライブスルーペナルティが課されています。

そして1周目終わり、16番手スタートのUPGARAGE BANDOH 86がフロント部分を大破して状態で緊急ピットイン。また、90度コーナーでは15番手スタートのB-MAX NDDP GT-Rが右フロントを壊し、グラベルでストップでリタイア。この2台には接触があったようですが、審議の結果レーシングアクシデントと裁定されています。

ARTA CR-Z GT

ARTA CR-Z GT

7周目、13番手スタートのARTA CR-Zが猛プッシュをみせ、6番手まで浮上。前を走るExcellence Porscheの後方に迫ると、ヘアピンの立ち上がりでオーバーテイク。5番手を奪っていきます。

トップのTOYOTA PRIUSは8周目にはギャップを12秒まで広げ、独走態勢に入ります。2番手には初音ミクSLSが続いて、その0.5秒後方にGAINER SLSが続き、接近した2位争いを繰り広げます。両車は1コーナーでテール・トゥー・ノーズにの状態で1コーナーへ飛び込みますが、前をいく初音ミクSLSがポジションをキープ。しかし、その後も2台はテール・トゥー・ノーズの状態でバトルを繰り広げ、12周目にGAINER SLSがオーバーテイク。2番手に浮上しました。

GAINER TANAX GT-Rと ARTA CR-Z GTのバトル

GAINER TANAX GT-Rと
ARTA CR-Z GTのバトル

2番手争いが白熱している間に、トップのTOYOTA PRIUSはリードを拡大。12周目には25秒もの大量リードを構築することに成功。2番手にGAINER SLS、3番手に初音ミクSLSが続きます。4番手はマネパ ランボルギーニがペナルティを消化したことでARTA CR-Zが浮上。5番手にはGAINER TANAX GT-Rがつけています。また、14周目にはテール・トゥー・ノーズ状態で6位争いを繰り広げていたSUBARU BRZ R&D SPORTがS字区間でExcellence Porscheをオーバーテイク。

18周目には3番手の初音ミクSLSの後方にARTA CR-Zが急接近。V字コーナーの立ち上がりで、後方にピタリとつけるとヘアピンでイン側に飛び込みサイド・バイ・サイドでバックストレートへ。ここでは立ち上がり加速にアドバンテージのある初音ミクSLSがポジションを守っていきます。しかし、ARTA CR-Zは90度コーナー~ビクトリーコーナーでもスリップに入って、ホームストレートで再びサイド・バイ・サイドになり1コーナーへ。ここはイン側のラインにつけたARTA CR-Zに軍配があがって、3番手へ浮上。

22周目終わり、4番手の初音ミクSLSが先陣を切りピットイン。GAINER GT-Rもルーティンのピットワークを実施。初音ミクSLSは5番手で、GAINER GT-Rは7番手でコースへ復帰しました。また、その5周後には2番手、3番手にあがっていたARTA CR-Z、SUBARU BRZもピット作業を行っています。

直後の28周目、2コーナーの立ち上がりでGT500クラスのS Road MOLA TG-RとPACIFCマクラーレンwithμ’sが接触して、S Road GT-Rのリヤカウルが大破。パーツが散乱したためセーフティカーが導入されました。

この時点での順位は、トップがTOYOTA PRIUS、2番手にGAINER SLS、3番手にARTA CR-Z、4番手に初音ミク SLS、5番手にSUBARU BR-Zと続いています。なお、トップのTOYOTA PRIUSのみルーティンのピット作業を行っていない状態。

隊列が整った30周目にピットレーンがオープン。ここでトップにつけていたTOYOTA PRIUSがルーティンのピットへ。大きく順位を落とすかと思われましたが、前半スティントを担当した嵯峨宏紀が5番手以下を周回遅れにしていたため、4番手でレースに復帰。トップには代わってGAINER SLSが浮上しました。

グッドスマイル 初音ミク SLSと GAINER TANAX SLS

グッドスマイル 初音ミク SLSと
GAINER TANAX SLS

31周目にセーフティカーランが終了。レースが再開。リスタートでは大きな混乱もなく、1、2コーナーをクリアしていきます。34周目にはトップのGAINER SLSのすぐ後方には初音ミク SLSが接近。ヘアピンの飛び込みで並びかけると、立ち上がりでイン側につけた初音ミクSLSがオーバーテイク。トップに躍り出ます。

その後方では、ピットのタイミングで首位の座を失ったTOYOTA PRIUSの中山雄一が35周目のヘアピンでARTA CR-Zをオーバーテイクし3番手に浮上。その翌周の最終コーナーでは2番手GAINER SLSを捉えることに成功します。

中山はトップを走る初音ミク SLSの谷口信輝まで2.3秒まで迫りますが、谷口はそれに反応して1分50秒前半のタイムを連発。追いかける中山はフレッシュなタイヤを履く1分49秒台にいれるタイムで応戦し、ギャップをじりじりと縮めます。

TOYOTA PRIUS apr GTと グッドスマイル 初音ミク SLS

TOYOTA PRIUS apr GTと
グッドスマイル 初音ミク SLS

そして42周目、GT500クラスのトップ争いを巧みに利用した中山が谷口に急接近。5コーナーの飛び込みでアウト側からオーバーテイクし、首位の座を奪い返します。2番手に後退した谷口は、じりじりとギャップを広げられます。

トップにたった中山は、1分50秒台で周回を重ね、残り3周の時点で3.3秒のマージンを構築したかに思えましたが、残り2周で谷口が1.5秒近くマージンを削り急接近。1秒以内まで接近して最終ラップへ向かいます。しかし、最終ラップでは中山が意地の走りをみせて、谷口を寄せつけないままトップでチェッカーを受けました。2位は初音ミク SLS、3位にはGAINER SLSがつけ、メルセデスSLSが2位、3位を獲得しました。4位はこれがラストレースとなるARTA CR-Z、5位はLEON SLSとなっています。

チェッカー後、嵯峨は「セーフティカーが導入された時はレースが終わったと思いましたが、中山選手がストレートで勝るSLSをうまく抜いてくれました」と語ると、中山は「ピットアウト後、4位で復帰できましたし、マシンもタイヤも完璧だったので、あとは僕が頑張るだけかなと。なにより、金曽さん(金曽裕人監督)が作ったマシンで勝てたことが嬉しいです」とコメント。これを聞いた金曽監督は涙をこらえきれない様子でした。

スーパーGT第第8戦もてぎ決勝レース正式結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ