F1ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン

この記事は3分で読めます

ブラジルGP 決勝表彰台F1第18戦ブラジルGPは15日(現地時間)、サンパウロ郊外にあるインテルラゴス・サーキットで71周の決勝が行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグがポール・トゥ・ウインで今季5勝目となる通算13回目のトップチェッカーを受けました。

前日の予選で5戦連続のポールポジションを獲得したロズベルグが、ブラジルGP初優勝を狙った王者ハミルトンとの一騎打ちを制し、前戦メキシコに続く2連勝を達成、最終戦を前にドライバーズ選手権2位を確定させました。

快晴の予選から一転、朝から曇り空に覆われた決勝日のインテルラゴスは午後から雷雨の可能性も予想されていましたが、午後2時のスタートはひとまずドライコンディションで迎え、雲の切れ間からは青空も覗きました。

ブラジルGP 決勝スタート迎えた決勝のスタートでは、鋭い発進を決めたポールシッターのロズベルグがホールショットを奪うと、ロズベルグは2周目、4周目、5周目と立て続けにファステストラップを記録して2番手につけるハミルトンに1秒以上のギャップを開き、序盤のリードを奪います。後方では2列目スタートのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのフェラーリ2台が続き、5番手には3グリッドの降格ペナルティで7番手からのスタートとなったウイリアムズのバルテリ・ボッタスが3列目スタートのダニール・クビアトとニコ・ヒュルケンベルグをスタートダッシュで交わして、以下フェリペ・マッサ、セルジオ・ペレス、マックス・フェルスタッペンというオーダーとなりました。ブラジルGP 決勝 上位陣

レースリーダーのロズベルグはハミルトンとの差を1.5秒まで広げながら快調なペースで走行。9周目に7番手のヒュルケンベルグから最初のピットストップが始まると、3番手のベッテルと同じ13周目にピットイン。4.4秒と多少長めのストップとなりましたが翌周ピットに入ったハミルトンからはポジションを守ることに成功、引き続きトップでレースを引っ張っていきます。

ブラジルGP 決勝 メルセデスしかし、ミディアムタイヤのセカンドスティントでは、2番手のハミルトンがロズベルグとのギャップを徐々に縮めはじめ、1秒以内まで接近。DRSを開けたホームストレートではロズベルグのインを伺うなどプレッシャーをかけ続けます。しかし、チームメイトのプレッシャーにも動じなかったロズベルグは、何度もコンマ6秒から8秒差で迫るハミルトンとのバトルに冷静に対処。約10周にわたるチームメイトのプレッシャーを退け、逆に今度はハミルトンが「タイヤがもたない」とライバルのペースダウンを誘い、ふたりの差は一気に3秒以上まで拡大。ロズベルグが中盤以降も優位にレースを進めることになりました。

32周目、トップから10秒差で単独3番手を走っていたフェラーリのベッテルが上位勢で最初に2回目のピットに入ると、先行するメルセデス勢も戦略を安全策のプランBに変更して33周目にロズベルグからピットイン。続いてハミルトンがチームメイトを同じミディアムでつないで1-2態勢のままコースに復帰し、トップのロズベルグが再び2秒から3秒のギャップでハミルトンを従えながら周回を重ねることとなります。

ブラジルGP 決勝 フェラーリ勢一方、フェラーリ勢はベッテルにソフトタイヤを履かせて起死回生を狙いますが、ハイペースで先行する2台のメルセデス勢にはついていくのが精一杯。3番手のベッテルはなんとか9秒の差で留まったものの、2ストップ戦略のキミ・ライコネンはズルズルとその差を広げられ、ベッテルと同様に単独で4番手。

先頭のロズベルグは終盤48周目に最後のタイヤ交換を済ませると、翌周ピットアウトしたハミルトンから再度猛プッシュを受けますが、ここでもハミルトンとの差をコントロール。一時はチームメイトの動向を気にしますが、この日の彼のドライビングは最後までハミルトンにつけ入る隙を与えないほぼパーフェクトな走り。終盤にはその差を詰め切れないハミルトンから「タイヤが終わった」と諦めモードの無線が飛ぶなど、最後までロズベルグがレースを支配しました。

ブラジルGP 決勝 ニコ・ロズベルグ2そのままトップチェッカーを受けたロズベルグは、アルベルト・アスカリ(イタリア)とデイビッド・クルサード(イギリス)に並ぶ通算13勝目を挙げて、同時に今季のドライバーズ選手権2位も確定。昨年に続くブラジルGP連覇を達成し、喜びの笑顔をみせました。2位はハミルトン、3位にはロズベルグから最後14秒差をつけられたフェラーリのベッテルが入っています。

4位のライコネンまでがトップと同一周回でフィニッシュ。周回遅れの5位以下にはボッタス、ヒュルケンベルグ、クビアト、マッサ、グロージャンと続いて、10位に入った17歳の新人マックス・フェルスタッペンが6戦連続のポイント獲得を果たしています。

マクラーレン・ホンダは16番手スタートのジェンソン・バトンが15位でフィニッシュ、最後尾の20番手からスタートしたフェルナンド・アロンソも16位でレースを終え、トラブル続きの週末をなんとかダブル完走で締めくくりました。なお、8位フィニッシュのマッサはタイヤの内圧に違反があったとしてレース後の審議対象になっています。

F1第18戦ブラジルGP 決勝正式結果

順位 No. ドライバー チーム タイム差
1 6 N.ロズベルグ メルセデス
2 44 L.ハミルトン メルセデス +7.756秒
3 5 S.ベッテル フェラーリ +14.244秒
4 7 K.ライコネン フェラーリ +47.543秒
5 77 V.ボッタス ウイリアムズ +1周
6 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア +1周
7 26 D.クビアト レッドブル +1周
8 19 F.マッサ ウイリアムズ +1周
9 8 R.グロージャン ロータス +1周
10 33 M.フェルスタッペン トロロッソ +1周
11 13 P.マルドナド ロータス +1周
12 3 D.リカルド レッドブル +1周
13 11 S.ペレス Fインディア +1周
14 12 F.ナッセ ザウバー +1周
15 22 J.バトン マクラーレン +1周
16 14 F.アロンソ マクラーレン +1周
17 9 M.エリクソン ザウバー +2周
18 28 W.スティーブンス マノー +4周
19 53 A.ロッシ マノー +4周
R 55 C.サインツJr. トロロッソ DNF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ