F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

この記事は4分で読めます

アブダビGP 決勝 ルイス・ハミルトン&ニコ・ロズベルグ(メルセデスAMG)&キミ・ライコネン(フェラーリ)2015年F1第19戦アブダビGPは29日(現地時間)、ヤス・マリーナ・サーキットで55周の決勝レースが行われ、メルセデスAMGのニコ・ロズベルグが今季6勝目、初の3連勝で有終の美を掲げました。

予選で6戦連続のポールポジションを獲得したロズベルグが2015年チャンピオンのルイス・ハミルトンを寄せつけない走りで3戦連続のポール・トゥ・ウインを達成。来季の王座獲りに弾みをつけ、全19戦の最後を締めくくりました。

アブダビGP 決勝スタート現地時間17時スタートのトワイライトレースは、注目のスタートで抜群のダッシュを決めたロズベルグがオープニングラップから2番手ハミルトンを引き離しにかかって、2周目には早くもチームメイトのDRS圏内から脱出。その後も周回毎にその差を徐々に広げ、8周目にはハミルトンとの差を3秒以上にまで広げました。

レースは5周目からスーパーソフトタイヤでスタートした多くのドライバーが最初のピットストップに向かう早めの展開となって、各車はソフトタイヤでコースに復帰。首位のロズベルグも自身のリードを5秒以上とした10周目にタイヤ交換を済ませて、翌周ピットインしたチームメイトの4秒前でコースに戻って、再びレースリーダーに返り咲きます。

各車が1回目のタイヤ交換をほぼ終えると、オーダーはロズベルグ、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル、キミ・ライコネン、セルジオ・ペレス、ロマン・グロージャン、ダニエル・リカルド、ニコ・ヒュルケンベルグ、フェリペ・マッサ、ダニール・クビアトというトップ10に。予選Q1敗退で15番手からスタートしたベッテルは、ギヤボックス交換で16番手スタートに降格したロマン・グロージャンらと同じソフトタイヤでスタートして、スーパーソフト勢とは真逆の戦略をとって一時は2番手まで浮上。その後も上位集団のなか実質のライバルとなるレッドブルやフォース・インディアとの差を縮めると、23周目のピットストップ後はヒュルケンベルグの前6番手でコースに復帰し、さらなる追い上げを続けました。

ロズベルグとハミルトン

ロズベルグとハミルトン

その間、レースを先導するロズベルグは15周目に7秒以上のリードタイムを築きますが、その後は2番手ハミルトンの追い上げから徐々にその差を失い始めて、レース折り返しの28周目には1.5秒以内まで接近を許します。しかし、30周目に最後のピットストップをこなすと、2回目のタイヤ交換を引き伸ばそうとするハミルトンのペースをほどなくして逆転、その差を再び取り戻すことに成功します。逆にハミルトンはその後も走り続けようと模索しますがチームは当然それを拒否し、彼も仕方なく41周目にピットイン。これが結果的にハミルトンの足かせとなって、コースに復帰した時にはロズベルグも12秒先で、この時点で優勝争いは完全に決着しました。

結局、最後まで集中力を切らさなかったロズベルグが3戦連続となるポール・トゥ・ウインで見事トップチェッカーを受け、アブダビ初制覇を自身初の3連勝で達成。通算勝利数でもジャック・ブラバム(1959、1960、1966)、グラハム・ヒル(1962、1968)、エマーソン・フィッティパルディ(1972、1974)というチャンピオンドライバー3人に並ぶ通算14勝目を記録すると、レース後のインタビューでは「来年の開幕が待ち遠しい」と早くも2016年のタイトル争いに自信をのぞかせました。

フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン

フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネン

2位ハミルトンに続いたのは、終始単独3番手を走っていたフェラーリのライコネンで今季3回目の表彰台を獲得。バルテリ・ボッタスと争っていたドライバーズ選手権4位の座を逆転で手にしました。また、終盤5番手のリカルドも交わしたフェラーリのベッテルは残り10周のタイミングでフォース・インディアのセルジオ・ペレスも攻略、最終的にはチームメイトに続く4位チェッカーを受けています。

以下ペレス、リカルド、ヒュルケンベルグ、マッサと続いて、ロータスでのラストレースとなったグロージャンが9位に入り、4シーズンを過ごした思い出のチームに貴重な2ポイントをプレゼント。来季は新規参戦のハースで、同じくロータスから移籍する小松礼雄エンジニアと共に新たなチャレンジに挑みます。10位はクビアトで11位のカルロス・サインツJr.までがトップと同一周回でした。

アロンソのスタート直後の接触

アロンソのスタート直後の接触

マクラーレン・ホンダは、12番手スタートのジェンソン・バトンがメルセデスから1周遅れの13位でチェッカーを受けて、12位フィニッシュだったマックス・フェルスタッペンのペナルティ降格で最終順位は12位。フェルナンド・アロンソもスタート直後の接触で最後尾までポジションを落とすと、その後は終始後方でのレースを強いられることとなって、最後はトップから2周遅れの17位でフィニッシュ。挽回を誓う来季に向け、いい形でシーズンを終えたかった新生マクラーレン・ホンダですが、最終戦をポイント獲得で締めくくることはできず、名門マクラーレンもコンストラクターズ選手権で10チーム中9位という散々な結果で今シーズンを終えることとなりました。

F1第19戦アブダビGP 決勝結果

順位 No. ドライバー チーム タイム差
1 6 N.ロズベルグ メルセデス
2 44 L.ハミルトン メルセデス +8.271秒
3 7 K.ライコネン フェラーリ +19.430秒
4 5 S.ベッテル フェラーリ +43.735秒
5 11 S.ペレス Fインディア +63.952秒
6 3 D.リカルド レッドブル +65.010秒
7 27 N.ヒュルケンベルグ Fインディア +93.618秒
8 19 F.マッサ ウイリアムズ +97.751秒
9 8 R.グロージャン ロータス +98.201秒
10 26 D.クビアト レッドブル +102.371秒
11 55 C.サインツJr. トロロッソ +103.525秒
12 22 J.バトン マクラーレン +1周
13 77 V.ボッタス ウイリアムズ +1周
14 9 M.エリクソン ザウバー +1周
15 12 F.ナッセ ザウバー +1周
16 33 M.フェルスタッペン トロロッソ +1周
17 14 F.アロンソ マクラーレン +2周
18 28 W.スティーブンス マノー +2周
19 98 R.メリ マノー +3周
R 13 P.マルドナド ロータス DNF

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ