フォーミュラE第3戦/予選5位からブエミ大逆転

この記事は3分で読めます

フォーミュラE第3戦プンタ・デル・エステePrix 優勝したセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)フォーミュラE第3戦ウルグアイ、プンタ・デル・エステePrixの決勝レースが行われ、5番グリッドからスタートしたセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)が優勝。ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)が2位、ジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン・レーシング)が3位に入りました。

フォーミュラE第3戦プンタ・デル・エステePrix スタート直後のシーン現地時間の12月19日16時(日本時間2月20日4時)にスタートしたフォーミュラE第3戦プンタ・デル・エステePrix。
昼に行われた予選でクラッシュしたジャック・ビルヌーブ(ベンチュリ)は、マシンの修復が間に合わずに欠場となってしまって、17台でレースが争われることになりました。

ポールポジションスタートのダンブロジオがホールショットを決める中、3番手スタートのサム・バード(DSヴァージン・レーシング)がロイック・デュバル(ドラゴン・レーシング)を交わして2番手に、5番手スタートのブエミもディ・グラッシを交わして4番手に上がります。また、7番手スタートのダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)もニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)を交わして6番手に浮上するなど、奇数グリッドのマシンが軒並みポジションを上げる格好です。

3周目、8番手を走っていたブルーノ・セナ(マヒンドラ・レーシング)のペースが上がらず、ずるずるとポジションを落とします。セナはそのままピットに入ったため、一気に最後尾まで落ちてしまいます。

フォーミュラE第3戦セバスチャン・ブエミ4周目にはブエミがデュバルをオーバーテイクして3番手に浮上。続く5周目にはバードもかわして2番手に浮上します。予選ではミスを犯して、5番グリッドに沈んでいたブエミでしたが、マシンの出来そのモノは非常に良く、レースペースは抜群で、順調にポジションを上げていきます。そしてすぐに先頭のダンブロジオにテール・トゥ・ノーズ状態になると、8周目にターン17でダンブロジオのインに飛び込んで、遂に首位に浮上。首位に立ったブエミはペースを抑えることなく、ダンブロジオとの差を徐々に広げていきます。

後方ではバードのペースが上がらず、デュバルにポジションを譲ってしまいます。また10周目、ディ・グラッシもバードをオーバーテイクして4番手に。このタイミングでファンブーストがジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)、ステファン・サラザン(ベンチュリ)、バードの3人に与えられたことが発表されました。なお6番手にはプロスト、7番手にはアントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(チーム・アグリ)が続いています。

16周目終了時点でアプト、サラザン、オリバー・ターベイ(ネクストEV TCR)がピットイン。マシンを乗り換えます。今回のピット最少滞在時間は59秒と規定されていましたが、ターベイは57.7秒でコースに復帰してしまったため、後にドライブスルーペナルティが課せられています。

コースサイドに呆然と佇む サム・バード

コースサイドに呆然と佇む
サム・バード

17周目終了時点で、先頭グループを含む多数のマシンがピットイン。ブエミは首位をキープして、ディ・グラッシがドラゴンの2台をかわして2番手に浮上。5番手でコース復帰したバードはピットアウトラップでデュバルをオーバーテイクして一時4番手に浮上しますが、その直後に突如スローダウン。コース上にマシンを停め、リタイアとなってしまいます。

バードのマシンを撤去すべく、コースはフルコースイエロー(FCY)に。このタイミングでのFCYに、トップのブエミは無線で激怒。

21周目からレースは再開。ディ・グラッシはブエミの直後まで迫っています。ドラゴン・レーシングの2台は、ディ・グラッシから3秒遅れの位置で編隊走行。プロストがこれに迫り、ダ・コスタも必死でくらいついていきます。

しかし、ブエミはペースを隠し持っていたようで、25周目頃からディ・グラッシはついていくことができなくなり、徐々にその差が開いていきます。26周目を終えた時点で、両者の差は2.2秒。

ブエミはそのまま危なげなく走りきって、最後はディ・グラッシに3.5秒の差をつけてトップチェッカーを受け、今季2勝目。ドライバーズランキングでもトップに立ちました。2位はディ・グラッシ。ディ・グラッシは今季、2位-優勝-2位と順調にポイントを積み重ねてきていて、シーズン序盤にしてブエミvsディ・グラッシの争いという構図が自ずと見えてきそうです。3位にはポールポジションスタートだったダンブロジオ、4位にも同じくドラゴンのデュバルが入りました。以下、プロスト、ダ・コスタの順。

激しいバトルを繰り広げたネクストEV TCR

激しいバトルを繰り広げたネクストEV TCR

7位に入ったのは昨年のプンタ・デル・エステを盛り上げた功労者のひとりであるベルニュ。そのベルニュは、レース終盤に初代王者のネルソン・ピケJr.(ネクストEV TCR)と激しいバトルを繰り広げました。前を行くピケJr.と追うベルニュ。32周目には一度ベルニュが前に出るものの、ピケJr.はこれに応戦し、クロスラインで抜き返します。その際は両者のホイール同士が当たる激しいバトル。これに耐え切れなかったのはピケJr.で、32周目のターン15で姿勢を乱してクラッシュ。マシンを大破させてしまいました。

ブエミとディ・グラッシが、安定した速さを見せたフォーミュラE第3戦プンタ・デル・エステePrix。それ以外にもドラゴン・レーシングが予選でフロントロウを独占するなど光りました。また、無得点には終わったものの、初代チャンピオンを要するネクストEV TCR勢も、今回はポイント圏内を逃しましたが、復活への兆しを見せつつあるように感じられました。

フォーミュラE第2シーズン、第4戦は年が変わって来年の2月6日開催。舞台はアルゼンチンのブエノスアイレスです。

第3戦プンタ・デル・エステePrix決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ