スーパーGT脇坂寿一選手引退・・・。チームルマンの監督に。

この記事は2分で読めます

脇坂寿一引退22月4日にトヨタの2016年モータースポーツ活動発表会で電撃的に行われた脇阪寿一選手のGT500ドライバー引退宣言。今後は古巣である「チームルマン」のGT500チーム監督に就任することになりました。しかし、耐久レースシリーズ「スーパー耐久」、「86/BRZレース」には参戦を続けるということですので、完全にドライバーを完全引退してしまうわけではないようです。

昨年はWedsSport ADVAN RC Fをドライブしていた寿一選手ですが、今回発表された2016年レクサス陣営のGT500ドライバーラインアップにその名前は記載されていませんでした。そして、発表会も終盤に差し掛かったところで登壇した寿一選手は「スーパーGT500クラスから退く決意」を自ら口にしました。

タイのレースを終えて今回の決断の発端は昨年行われた第3戦タイでの事。「タイでどん底を迎えました。レースを終えた後は闇でしたね。サーキット出るまで『GT300クラスも含めて僕より遅いやつなんていない』というくらいの気持ちでいました」と当時の心境を語りました。

「そこに、たまたま(スポーツ番組の)ジャンクスポーツが取材に来ていて、彼らが僕をおっさんレーサーと面白おかしく表現しながらも、応援してくれるような映像を作ってくれました。それを見たドライバーやレース関係者、ほかのスポーツアスリートといった仲間たちが次々とアドバイスをしてくれました」おっさんレーサー

「なかでも土屋武士選手はシートポジションについてアドバイスしてくれて、それでクルマの挙動を感じることができるようになりました。しかし、そこから今度攻めていくには、メンタル面の回復など時間がかかります。その時差を感じながら取り組み、最終戦(もてぎ)では周回遅れでしたがファステストラップを取ることができました」

一度、アスリートとしての限界を経験した寿一選手、しかし、後半戦に向けて上り調子にあって、今シーズンの活躍を期待していたファンも多いはずです。自身も最終戦直後はモチベーションに溢れていたという事でした。しかし、オフシーズンが進むにつれ心境が変化。特に「モータースポーツの面白さを伝える役割を果たせなくなってしまう」と感じたことが大きかったという事です。

脇坂寿一引退「今はテンション高く話ができていますけど、本当にタイは怖かったんです。このままでは、僕が得意とするモータースポーツの面白さを伝えるという役割を果たすこともできなくなってしまうと感じました。それすらできなくなってしまったら、僕には何もなくなってしまいます」

「2016年シーズンを戦って、ぐちゃぐちゃになりながら今まで通りレースの面白さ、ドライバーの魅力を伝えていくより、少し調子が上がり始めたところでやめようと思いました。もちろん、上がっていった先を見てみたい気持ちもありましたが、上がり続けていく保証はありませんし、スーパーGTはそこまで甘い世界ではありません」

ただ、今回こういった形で引退宣言することについて、寿一選手は心残りがふたつあることを明かしました。
「やっぱり『今年で辞めます』と言って辞めたかったですね。スーパーGTには各レースにファンがいて、その地方の方々と地域に密着したレースができていると思います。そこに1年間、ありがとうと言いながら戦うことができませんでした」

「また、2016年も戦うモチベーションでしたから最終戦直後に辞めることを発表しませんでしたし、僕も組織に属する人間ですから、今日まで報告することができませんでした。今日まで報告することができなかったことは、ファンの力によって生かされてきた僕としては失格という感覚がありますね」

GT500ドライバーとしては第一線から身を引くこととなりましたが、ドライバー“完全”引退については否定。スーパー耐久へフル参戦すること、86/BRZ Raceにも参戦することをを明かしています。
脇坂寿一監督
「スーパー耐久では埼玉トヨペットさん、86ではネッツ東京さんにお世話になっていますけど、彼らはレースを楽しんでいるわけではなく、モータースポーツで培ったノウハウを、顧客にフィードバックするという目的のためにレースへ出場しています。そういうことに関しては徹底的に協力していくというのが僕のスタンスです。(豊田)章男社長にも言われたように、トヨタの広報活動を担うことができれば、これ以上幸せなことはありませんよ」

なお、チーム監督に就任するチームルマンには「ピースは揃っている」と語って、好成績への期待を語りました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ