スーパーフォーミュラ開幕戦 鈴鹿決勝/山本尚貴ポール・トゥ・ウイン

この記事は3分で読めます

スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿 表彰台全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦の決勝レースが24日、鈴鹿サーキットで行われ、ポールポジションからスタートした山本尚貴(TEAM 無限)が一度もトップを譲らずにポール・トゥ・ウィンを飾りました。

気温24度、路面温度34度。午前中よりは上がったものの、曇り空の影響で少し肌寒さも感じるようなコンディションの中、今シーズン最初の決勝がスタートしました。スーパーフォーミュラ第1戦鈴鹿

ホールショットを奪ったのはポールポジションの山本。2番手の国本雄資(P.MU/CERUMO・INGING)も順当なスタートを決めますが、その後ろで3番手スタートの関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は失速し、ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)にかわされてしまいます。

関口はさらにタート手順違反の裁定が下り、10秒のピットストップペナルティを科されることに。7周目にこのペナルティを消化、順位を落とすことになりました。

山本尚貴

山本尚貴

序盤は上位陣に順位変動なく周回数が重ねられていきますが、コンスタントに好タイムを並べる山本が、じわり、じわりと国本以下を引き離していきます。その後方では、野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)とアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)による7番手争いが激しさを増していました。野尻はこの後29周目にピットインするまで、ロッテラーの猛攻を受けることになります。

10周目を過ぎると、予選で下位に沈んだドライバーたちが動き始めました。16番手スタートのジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が12周目にピットイン。ここでタイヤ交換も済ませて約15秒の作業時間でコースに復帰すると、順調に2番手以降を引き離している山本よりも速いペースで周回を重ね始めます。オリベイラの目下のターゲットは、ピット作業前に争っていた石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)。石浦も、悪くないペースを保ってはいましたが、オリベイラのタイムの方が勝っています。

さらに、石浦よりも前のポジションにいた小林可夢偉(SUNOCO TEAM LEMANS)、中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)らがピット作業に入る際に逆転するという、いわゆるアンダーカットに成功。大きくポジションをアップしていました。

上位3台は、レースが30周を過ぎたあたりでピット作業に入ります。トップの山本と3番手のバンドーンは、31周目にピットイン。どちらも給油作業のみでコースに復帰します。2台の動きを見た国本は翌周にピットに入り、こちらもタイヤ交換なしでコースに復帰しましたが、順位に変動はなく、トップ山本、2番手国本、3番手バンドーンのままレースは終盤に入っていきます。

不動の上位3台の後方では、激しいポジション争いが各所で起こっていました。まずは、レース前半でロッテラーの猛攻を防ぎ切った野尻。29周目にピット作業を済ませると、オリベイラの前でコースに復帰しましたが、そのオリベイラをかわしたベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING)の猛追を受けることに。野尻vsバゲットの戦いの後ろでは、オリベイラ対石浦も激しい10番手争いを展開していました。

オーバーテイクシステムを駆使しながら、4台が接近戦に。最後までシステムを残していた石浦が終盤にオリベイラを追い立てますが、要所をブロックしたオリベイラがこれを防ぎ切り、10番手を守り切ってチェッカーを受けています。野尻とバゲットは、40周目のシケインで交錯すると、1コーナーで順位が逆転。バゲットはシーズン初戦で貴重なポイント獲得に成功しました。

ストフェル・バンドーン

ストフェル・バンドーン

後方の激しいバトルを尻目に、山本は最終ラップまで快走。最終的に国本に10秒以上の差をつけて、シーズン初戦をポール・トゥ・ウィンで飾りました。2位は安定したペースで走り切った国本が久々の表彰台を獲得。バンドーンも、日本での初レースで速さと順応性を見せ、3位でレースをフィニッシュすることになりました。

優勝した山本は「浮き沈みが激しい3日間でしたけど、悩みがないレースなんて絶対ないと思いますし、悩んでいるというよりもとにかく勝ちたかったし、なにがなんでも一番最初にゴールしたいっていう思いだけだったので、それが実ったことがすごく嬉しいです」と喜びを語りました。

なお、可夢偉は、ピットアウト後に右リヤタイヤが外れるアクシデントで大きく後退、10秒のペナルティストップを受けた可夢偉は16位でレースを終えています。

スーパーフォーミュラ開幕戦 鈴鹿決勝結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ