スーパーGT富士 GT500クラス/MOTUL AUTECH GT-R大逆転で開幕2連勝

この記事は3分で読めます

松田次生&ロニー・クインタレッリ(MOTUL AUTECH GT-R)スーパーGT第2戦富士500kmは、レース後半に波乱が相次ぐ大荒れの展開となって、最後はMOTUL AUTECH GT-Rの松田次生/ロニー・クインタレッリ組が大逆転で開幕2連勝を飾りました。

スーパーGT第2戦富士500km01レース序盤から盤石の走りでトップを独走していたカルソニックIMPUL GT-Rは、中盤のスティントは安田裕信が務めます。1回目のピットストップの時点で後続に対し10秒以上の差をつけていましたが、2番手につけていたS Road CRAFTSPORTS GT-Rの千代勝正が開幕戦同様にクレバーな走りを披露。少しずつ安田との差を詰めていきますが、安田も好ペースを維持し、なんとか7秒差をキープしていきます。

トップが72周を過ぎたところで、RAYBRIG NSX CONCEPT-GTが100R出口で左リアタイヤのバーストに見舞われます。このバーストによって、ちぎれたゴムが周辺のカウルを全て破壊し、マシンはスピンをして停車。ドライバーシート側のドアまで粉々になる大きなアクシデントとなりましたが幸い伊沢は無事。すると、コース上に飛び散ったパーツを回収するためセーフティカーが導入され、トップ2の差がなくなったことで勢いに乗っていた千代が有利になるかと思われました。

しかし、今年からセーフティカー中のピット作業が禁止になっているのですが、2番手を走っていたS Road GT-Rはガソリンが持たず、やむなくピットインし本山哲に交代。レース再開後に90秒のストップペナルティを受け、表彰台圏内から脱落してしまいます。セーフティカーで安田との差がなくなって、逆転への絶好のチャンスだっただけに不運のピットストップとなってしまいました。

78周目からレースが再開されると、レースはさらに荒れた展開に。S Road GT-Rの脱落で2番手に上がっていたZENT CERUMO RC Fが、TGRコーナーを通過したところでガス欠に見舞われスローダウン。石浦宏明がなんとかピットまでマシンを戻そうと努力しますがプリウスコーナーを立ち上がったところで止まり、リタイアとなってしまいました。

一方、再開直後はピットに入らず、1周を走って2回目のストップを敢行したカルソニックGT-Rは、オリベイラに交代しコースに復帰しますが、セーフティカーランの解除後すぐに作業を終えていたヘイキ・コバライネンのDENSO KOBELCO SARD RC Fに接近を許してしまいます。また、その翌周にはMOTUL AUTECH GT-Rがピットイン。ここでMOTULは給油時間の少なさとメカニックの迅速な作業によって38.5秒でコースに復帰。残り30周を切ったところでカルソニックGT-Rを逆転することに成功しました。

しかし、オリベイラも諦めずに猛追を見せて、すぐさま1秒後方に迫りプレッシャーをかけていきます。このバトルは約10周以上にわたってこう着状態が続きましたが、96周目のTGRコーナーでジョアオ・パオロ・デ・オリベイラがロニー・クインタレッリのインに飛び込みます。クインタレッリはクロスラインで応戦しますがオリベイラも負けじとノーズをねじ込んで、サイド・バイ・サイドのバトルの末に、コカ・コーラコーナーでオリベイラが逆転。トップの座を奪い返しました。

スーパーGT第2戦富士500km02レースはこのままカルソニックGT-Rが逃げ切るかと思われましたが、クインタレッリも最後まで諦めずにプレッシャーをかけ、コンマ6秒差でチャンスをうかがいます。これに対してオリベイラはGT300のバックマーカーもロスなくトップを死守していましたが、なんと残り3周の100Rで左リアタイヤがバーストしてスピン。直前のRAYBRIG NSX CONCEPT-GT同様にマシン後部がバラバラに壊れてしまって、コース脇にマシンを止めました。2年ぶりの優勝までわずかというところで、無念のリタイア。オリベイラは力なくマシンを降りると、コース脇のサービスロードで座り込んでしまって、天を仰ぎました。

思いもよらない形で再びトップに返り咲いたクインタレッリは、最後まで着実に周回を重ねそのままトップチェッカー。40kgというウエイトハンデをもろともしないで、開幕2連勝を飾りました。2位にはDENSO RC Fが入り平手晃平/ヘイキ・コバライネン組がタッグ2年目で初表彰台を獲得。3位には予選で下位に沈んだKeeper TOM’S RC F(ジェームス・ロシター/平川亮組)が粘り強く追い上げて、2戦連続で表彰台を手に入れています。

スーパーGT第2戦富士 決勝レース結果 (500&300)

●GT500クラス優勝:MOTUL AUTECH GT-R ドライバーコメント

ロニー・クインタレッリ
ロニー・クインタレッリ「今回は開幕戦と違い、40kgのウエイトハンデを積んで富士に入りました。予選は4位でしたが、12号車(カルソニック IMPUL GT-R)は別にして、前の2台とは戦えるんじゃないかと思っていました。しかし、第1スティントを走ってみると、40kgのウエイトがけっこう効いて、クルマのバランス的にもあまり決まっていませんでした」

「それでも、タイヤをマネージントし、チームのピットタイミングもすごく良かった思います。ガソリンが失くなるまでなるべく引っ張て、その作戦で2番手になり、そのあとは(松田)次生が満タンでいい走りをしてくれました。セーフティカーが入ったことで、12号車とのギャップが全部失くなりましたが、僕らのピット作業時間もガソリン補給が少ないので短くできました。2位争いは必ずできると思っていましたが、SCの導入でトップを争えるようになりました。最後のスティントはまだ完璧と言えるバランスではありませんでしたが、とにかく軽い燃料でそこそこプッシュできていいスティントにできました。最初のスティントはあまり良くなかったですが、最後は良かったです」

松田次生
松田次生「40kgのウエイトにどこまで苦しめられるかわかりませんでした。昨日の予選はやはり軽いマシンの方が速かったですが、その中でもGT-Rにはポテンシャルがあったので、予選4番手からスタートすることができました。ですが、前半のロニー(・クインタレッリ)のクルマの動きやタイムの推移を見ていたら、本当に苦しそうで、僕もタイヤをどれだけ持たせられるかが、重要だと思っていました」

「第1スティントでロニーが苦しいなかで、一番周回数を引っ張ったことが大きかったです。最終的にセーフティカーが出た後も、僕自身が多く走れたましたし、燃料の補給を少なくできたのも大きかったです。SCのおかげで12号車との差が詰まりましたが、その後は離されないようにすれば、ピット作業で逆転できると分かっていました。SCが入ったことによって流れがきたと思います。ただ、同じGT-R勢として12号車がああいう形で離脱した部分があるのであまり喜べないところですが、こういうレースをきっちり勝つことができたのは、シーズンを通して良かったと思います」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ