スーパーGT富士 GT300クラス/B-MAX NDDP GT-R今季初優勝

この記事は2分で読めます

星野一樹&ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP GT-R)スーパーGT第2戦富士500㎞レース、GT300クラスは1度目のピット作業でトップに躍り出たB-MAX NDDP GT-Rがそのまま首位をキープし、今季初優勝を飾りました。

B-MAX NDDP GT-R

500㎞レースの後半戦は、GT500クラスのRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがクラッシュしたことによるセーフティカー導入から始まりました。GT300クラスが70周を終了した時点でレースは再開。2番手を走るARTA BMW M6 GT3がピットへと戻り、ステイアウトしたB-MAX NDDP GT-R、VivaC 86 MCがひとつずつ順位を上げてトップと2番手につけます。

73周目終わりに、トップのB-MAX GT-Rがピットイン。星野一樹からヤン・マーデンボローにドライバー交代し、ARTA M6より前でコースへ復帰することに成功します。その4周後にはVivaC 86が2度目のルーティンピットを行ったことで順位が整理されましたが、VivaC 86はタイヤ無交換でコースへ復帰。ピットストップ時間を短縮してARTA M6と順位を逆転しました。

No.25 VivaC 86 MC

給油とタイヤ交換を行ったB-MAX GT-Rのマーデンボローが後続を引き離す一方で、無交換作戦に出たVivaC 86の松井孝允はじわじわとARTA M6の小林崇志に差を詰められていきます。84周目終わりにはギャップが3.3秒まで縮まると、ここから小林が1周1秒近く差を詰め、一気にテール・トゥー・ノーズの状態に持ち込みます。

ストレートスピードの違いから小林がホームストレートで前に出るかと思われましたが、VivaCのスピードも負けておらず、松井が応戦。しかし、89周目のコカコーラコーナーで小林がオーバーテイクに成功。2番手となると、12秒前方のマーデンボローを追いかけていきます。

小林は1周1秒近いペースで差を詰めていきますが、ギャップが7秒を切るとマーデンボローもタイムを上げて応戦。2台の差は最終的に3.7秒まで縮まりましたが、ペースをコントロールしていたマーデンボローがトップチェッカーを受け、GT参戦2戦目で初優勝を手にしました。

2位のARTA M6は今季初の表彰台。3位にVivaC 86、4位にUPGARAGE BANDOH 86のマザーシャシー勢が入りました。以下、4位にGAINER TANAX GT-R、5位にJMS LMcorsa 488 GT3と続いています。

スーパーGT第2戦富士 決勝レース結果 (500&300)

●GT300クラス優勝:MOTUL AUTECH GT-R ドライバーコメント

星野一樹
星野一樹「今年、ヤン(・マーデンボロー)という素晴らしいパートナーと一緒に新体制で始まったんですが、岡山は残念な結果になり悔しかったです。個人的にも、去年の富士では勝てそうなレースを落としました。もちろん、(去年の)2位も嬉しかったですが、本当は悔しかったです。そういう意味では、今回の富士は絶対に勝ちたかったです。そのために、ヨコハマタイヤさんも含めてチームときちんと話し合い、富士で巻き返そうと思っていました」

「岡山も勝ちにいったのに、あのような惨敗だったので、みんな悔しかったと思います。だから、絶対に勝とうと思って、それを実行できたのは、チームのおかげだし、ヤンのおかげだし、素晴らしいタイヤを用意してくれたヨコハマタイヤさんにも本当に感謝しています。予選は苦戦しましたが、それでも、5番手という位置をヤンがプレゼントしてくれて、第1スティントも最終スティントも完璧な走りを披露してくれました。僕も、BMWが後ろから来ていましたが、ここで抜かれたら絶対にヤバいと思って頑張りました。本当にチーム一丸で獲った優勝だと思います」

ヤン・マーデンボロー
ヤン・マーデンボロー「今の気分は最高です。スーパーGTの2戦目でこうやって優勝することができて本当に最高です。富士ではテストをしていたし、2日前からチームメイトと一緒にやってきて、クルマも仕上がっていきました。レースでもミスもなく走ることができて優勝することができたので、本当にうれしいです」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ