フォーミュラE 第8戦 決勝/セバスチャン・ブエミが今季3勝目

この記事は3分で読めます

フォーミュラEベルリン 表彰台フォーミュラE 第8戦 ドイツ ベルリン大会の決勝レースが、21日(土)に行われました。

優勝はセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)。今季3勝目を挙げ、ダブルヘッダーで行われる最終戦にむけてチャンピオンシップリーダーのルーカス・ディ・グラッシとのポイント差を1ポイントまで縮めました。

2位にはダニエル・アブト、3位にはルーカス・ディ・グラッシとABTアウディ勢が続いています。

今回のベルリンePrix、レース前から波乱が待っていました。
予選で上位だったブルーノ・セナとニック・ハイドフェルドのマヒンドラ2台、ベンチュリのステファン・サラザン、ドラゴンのジェローム・ダンブロジオの4台に、タイヤ内圧違反などがあってグリッド降格ペナルティが課せられ、これらのマシンは最後尾からのスタートを強いられることになってしまいました。

ブエミvsベルニュのオーバーテイクバトル炸裂

フォーミュラEベルリン スタート絶好のスタートを決めたのは、2番グリッドのブエミ。スタート直後の第1コーナーのヘアピンでインを取って、ポールポジションスタートのジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン)の前に出ます。後方では多くの接触があり、特に4番手のサム・バード(DSヴァージン)のフロントウイングが外れそう。

スタートでブエミにやられてしまったベルニュですが、こんなことでは諦めません。続く1周目最後の第1コーナー(今回のコースは変則的で、スタートラインとフィニッシュラインが別で、1コーナーのヘアピンをクリアしたところにフィニッシュラインがあります)でブエミにやり返して、奪首して、レースをリードしていきます。

先頭に立ったベルニュですが、ペースはなかなか上がりません。後方には多くのマシンが数珠つなぎで並ぶ展開。

ブエミは苦しむベルニュを6周目にオーバーテイク。マシン幅ギリギリしかないところをブエミが鋭く突いて、先頭を奪います。3番手を走っていたダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)もベルニュのオーバーテイクを狙いますが、これは叶いません。ブエミはどんどんと2番手以下との差を広げていきます。

アプトはようやくベルニュを抜きますが、すでにブエミとは3.5秒の差がついてしまっています。ダメージを負ったバードはオレンジボールフラッグが出されて、ピットへの帰還を余儀なくされてしまいます。これで、せっかくの4番手のポジションをフイにしてしまいます。

ハイドフェルドのオーバーテイクショー

レース序盤に魅せたもうひとりは、ペナルティにより16番手グリッドからのスタートとなってしまったハイドフェルド。ハイドフェルドは、ピットインまでに9台を抜いて、7番手まで上がってみせるのです。

ニコラ・プロスト(ルノー・e.ダムス)

ニコラ・プロスト(ルノー・e.ダムス)

さて、アプトに抜かれたベルニュは、なんとか3番手のポジションを、ニコラス・プロストから守っていました。しかし、シケインのボラードに激突してしまって、右側のフロントウイングを破壊してしまいます。ベルニュはそのまま走行を続けていきますが、再び同じ箇所でボラードにヒット。今度はウイングを完全にぶっつぶれました。しかし、ピットインまであとわずか……ベルニュはポジションをいくつか落としながらも、1台目のマシンで予定の周回数を走りきりました。

ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ)

ルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ)

ブエミがピットに入ったのは、24周目終了時点。アプト、プロスト、ベルニュらもこの段階で入りましたが、ディ・グラッシはエネルギー消費を抑え、1台目のマシンをライバルより1周多く走らせる作戦を実行。結局コースに復帰した時、ディ・グラッシのポジションは4番手まで上がっていました。

しかし28周目にフルコースコーションが宣言されます。これは、ベルニュの1台目のマシンのウイングパーツがシケインに散乱しているためで、マーシャルによって迅速に回収・清掃が行われます。

ブエミは、貪欲に最速タイムも狙います

29周目からレース再開。ブエミはファステストラップを連発して、2番手アプトとの差を10秒以上に開いていきます。このまま圧勝するのかと思いましたが、ブエミとアプトの差は一時4秒弱まで縮まってきます。何かのトラブル?と心配もされましたが、これはブエミがファステストラップ(=2ポイント)獲得を目指すため、前方にスペースを空けていたということのようです。

ブエミが逃げ、アプト、プロスト、ディ・グラッシがひと塊となる展開。しかし、各車なかなか決め手を見出せません。そんな中、39周目の最終1コーナーでディ・グラッシがプロストをオーバーテイク。これでアプト・シェフラー・アウディ・スポートが2-3位体制となります。

先頭のブエミが42周目を走行していた際、ロイック・デュバル(ドラゴン)がクラッシュ。これによりセーフティカーが出動し、隊列がグッと縮まります。

残り2周というところでレース再開。ブエミはリスタートと同時にポンと飛び出して、逃げていきます。アプト・シェフラー・アウディ・スポート陣営としては、チャンピオン獲得を考えると、アプトとディ・グラッシのポジションを入れ替えた方がいい。一瞬、アプトが進路を譲るような素振りを見せましたが、結局入れ替わることはなく、そのままチェッカーを受けることになります。

最終戦ロンドンへ向けてポイントの差は「1」

フォーミュラEベルリン セバスチャン・ブエミブエミは今季3勝目を挙げ、25ポイントを獲得。ディ・グラッシは3位に入って15ポイントを獲得しましたが、両者のポイント差はわずか1(ディ・グラッシ:141ポイント、ブエミ:140ポイント)となっています。この最小ポイント差で、最終戦ロンドンePrixの2レースに臨むことになります。

アプトが2位、プロストが4位と、ルノー・e.ダムスとアプト・シェフラー・アウディ・スポートがトップ4を分け合いました。ベルニュは結局5位、以下ロビン・フラインス(アンドレッティ)、ハイドフェルド、マイク・コンウェイ(ベンチュリ)、シモーナ・デ・シルベストロ(アンドレッティ)、サラザンのトップ10となりました。

3位フィニッシュを果たしたディ・グラッシは、フルコースイエローコーション中のスピード違反が疑われて、レース後に審議が行われましたが、お咎めなしに終わっています。

フォーミュラE 第8戦 ドイツ ベルリン大会 決勝結果
レースハイライト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ