フォーミュラE最終戦ロンドンePrix/ニコラス・プロスト2戦連続優勝

この記事は2分で読めます

フォーミュラE最終戦ロンドンePrix ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)2015/16年シーズンのフォーミュラE最終戦ロンドンePrixは3日、決勝レースが行われ、ニコラス・プロスト(ルノー・e.ダムス)が2戦連続で優勝。タイトル争いは、アタック合戦の末、ファステストラップを獲得したセバスチャン・ブエミ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)に軍配が上がり、シリーズ2年目の王座に輝きました。

3コーナーの事故でリヤウイングを失ったセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)のマシン

3コーナーの事故でリヤウイングを失ったセバスチャン・ブエミ(ルノー・e.ダムス)のマシン

オープニングラップの3コーナーで、タイトルを争うルーカス・ディ・グラッシ(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)がブエミと絡み、両者ともクラッシュバリアに衝突。このアクシデントにより、ブエミはリヤウイングを、ディ・グラッシはフロントエンドを大破してしまいレースを戦える状態ではなくなってしまいます。

3コーナーの事故でフロントを大破したルーカス・ディ・グラッシ

3コーナーの事故でフロントを大破したルーカス・ディ・グラッシ

ブエミはバリアから抜けだした後、マシン交換のためにピットイン。ディ・グラッシも壊れた右フロントタイヤを引きずりながらピットまでたどり着き、2台目のマシンに乗り換えます。

両者ともに入賞圏内でのフィニッシュが絶望的となったことで、チャンピオンシップの行方はファステストラップ獲得者に与えられる2ポイントをどちらが獲得するかに委ねられました。

獲得ポイントは同点ながら、ブエミは3位獲得回数でディ・グラッシに遅れを取っていて、王座獲得には、この2ポイントを獲得することが絶対条件。そのためレース中盤以降は激しいファステストラップ争いが繰り広げられました。




マシンチェンジ後、さっそくディ・グラッシは1分27秒037でファステストを記録しますが、アタックのタイミングを探っていたブエミが1分26秒056で逆転。さらに次のアタックで1分24秒582までタイムを上げ、ディ・グラッシを突き放しにかかります。追いかけるディ・グラッシは、その後のアタックで第1~2セクターで区間ベストを記録しますが第3セクターで失速して、ブエミに届きません。

悲願のタイトルを獲得した セバスチャン・ブエミ

悲願のタイトルを獲得した
セバスチャン・ブエミ

ディ・グラッシが一度ピットに戻ってくると、再びブエミがコースイン。このアタックで自身のベストラップを約0.4秒押し上げ1分24秒150を叩き出します。これを見たディ・グラッシはマシンを降りてファステスト更新を断念しました。その後、ブエミのファステストを更新するドライバーは現れずにチェッカー。昨年わずか1ポイントでタイトルを逃したブエミが、悲願のタイトルを手にしました。

レース後、ブエミは「ディ・グラッシが何を考えていたのか理解できない。彼は故意にクラッシュしようとしてきたんだ」とコメント。ディ・グラッシを批難しています。

レースは、1周目のアクシデントを回避したプロストが好走。合計3度もセーフティカーが導入されたにも関わらず、2位のダニエル・アプト(アプト・シェフラー・アウディ・スポート)を7.6秒も突き放してロンドンePrix2連勝を上げました。

3位でチェッカーを受けたのはジャン-エリック・ベルニュ(DSヴァージン・レーシング)でしたが、レース中に規定値を超えるエネルギーを使用していたとして50秒のタイムペナルティが与えられたため、4位フィニッシュのジェローム・ダンブロジオ(ドラゴン・レーシング)が3位に繰り上がっています。

フォーミュラE最終戦ロンドンePrix 決勝結果




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ