F1イギリスGP 予選/ハミルトンが母国で意地を見せポール獲得

この記事は2分で読めます

F1第10戦イギリスGP 予選、ポールポジション:ルイス・ハミルトン、2位:ニコ・ロズベルグ、3位:マックス・フェルスタッペンF1第10戦イギリスGPの予選は、7月9日に気温20度、路面温度25度、曇り空に覆われたシルバーストンで行われました。母国グランプリに臨むメルセデスのルイス・ハミルトンは、フリー走行の全セッションでトップタイムを記録して好調な出足を見せていましたが、予選でも速さは変わらず、一度タイムが取り消される波乱に見舞われたものの、ニコ・ロズベルグに0.3秒以上の差をつけてポールポジションを獲得しました。

マーカス・エリクソンがクラッシュ

マーカス・エリクソンがクラッシュ

なお、セバスチャン・ベッテルはフリー走行3回目終了後にギヤボックスを交換したため、予選前に決勝での5グリッド降格ペナルティが決定。また、フリー走行3回目でマシンを大破させるクラッシュを喫したザウバーのマーカス・エリクソンは、検査のため病院へ運ばれ、予選は不参加となっています。

降雨も心配されましたが、予選は最後までドライ路面で行われました。

Q1

メルセデスがソフトタイヤで真っ先にロズベルグ、ハミルトンの順で1、2番手タイムを記録。約5分が経過したころに、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドが3、4番手に続きました。フェラーリのセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンがレッドブル2台に割って入り、上位勢の順位が確定。

一方、序盤にタイムを出していたマクラーレンのジェンソン・バトンは12番手につけていましたが、終盤タイムが塗り替えられていき、最後のアタックでトロロッソのダニール・クビアトが15番手に浮上。バトンは17番手に後退し、母国で残念なQ1敗退となってしまいました。Q1ではバトン、ジョリオン・パーマー、リオ・ハリアント、パスカル・ウェーレイン、フェリペ・ナッセ、そしてエリクソンがノックアウトとなっています。




Q2

やはり序盤にタイムを出したのはメルセデスの2台。今度はハミルトンが1分29秒243でトップに立って、ロズベルグが1分29秒970の2番手タイムを記録。Q1同様にレッドブルの2台、そしてベッテルが続く序列となりますが、ライコネンがアタック中に最終コーナーでスピンを喫したため、一度ピットに入り、再び最後のアタックを行います。そこでもブレーキングでミスを犯してタイムを失いましたが、結局6番手に落ち着いきます。フェルナンド・アロンソは、最後のアタックでタイムを更新して9位でQ3へ進出。Q2では、セルジオ・ペレス、フェリペ・マッサ、ロマン・グロージャン、エステバン・グティエレス、クビアト、ケビン・マグヌッセンがノックアウトとなりました。

Q3

フリー走行全セッションを制した ルイス・ハミルトン

フリー走行全セッションを制した
ルイス・ハミルトン

少し風が強まった中、最後のセッションでもメルセデスの上位は揺るぎません。まずはハミルトンが1分29秒339でトップに立ち、ロズベルグが1分29秒606で2番手。またもレッドブル、フェラーリが続く展開となります。ところが、ほどなくしてタイムシートからハミルトンのタイムが消えてしまいます。ターン9でトラックリミットを超えたため、タイム抹消となったのです。これによってロズベルグが暫定トップとなり、フェルスタッペン、リカルドが続いていましたが、ハミルトンは最後のアタックに賭けてコースイン。




ロズベルグもアタックに入り、ふたりのタイムに注目が集まりましたが、ロズベルグは自己ベストを更新できず。ハミルトンは最初に出した自らのタイムを上回る1分29秒287をマークして今季6回目、通算55回目となる文句なしのポールポジションを獲得しました。3位は初めてリカルドの上位につけたフェルスタッペン、4位リカルド、5位ライコネン、6位は5グリッド降格が決まっているベッテル、7位バルテリ・ボッタス、8位ニコ・ヒュルケンベルグ、9位カルロス・サインツJr.、10位アロンソという結果となりました。

決勝は7月10日(日)日本時間21時、現地時間13時にスタートします。

F1第10戦イギリスGP 予選結果




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ