インディ第13戦ミド・オハイオ/ペジナウがポールトゥウィン

この記事は3分で読めます

インディカー第13戦ミド・オハイオ/今季4勝目を挙げたサイモン・ペジナウインディカー・シリーズ第13戦がミド・オハイオ・スポーツカーコースで開催され、ポールポジションからスタートしたサイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)が第5戦以来となる今シーズン4勝目を挙げました。終盤、4番手と好位置につけていた佐藤琢磨(AJフォイト)は、セバスチャン・ブルデーに追突されコースオフ。9位にポジションを落とす悔しい結果となりました。

ウィル・パワー

ウィル・パワー

2014年チャンピオンのウィル・パワー(チーム・ペンスキー)がこの4戦で3勝。一気に流れに乗ったかに見えていた2016年のインディカー・シリーズ終盤戦。しかし、シーズン序盤からポイントリーダーであり続けているサイモン・ペジナウが、ミド・オハイオでは最近の戦いぶりとは一転して、アグレッシブに走ってシーズン4勝目を手に入れました。しかも、パワーを終盤のリスタート後に豪快にオーバーテイクして掴んだ勝利で、ペジナウは「今シーズンのベストレース!」と目を輝かせていました。

今週末になって突然襲われた背中の痛みによって、予選出場も危ぶまれていたというペジナウでしたが、インディカーのドクターによる治療によって予選を走ることができ、ポールポジションをゲット。レースではポールから予選2位のパワーを突き放して、戦いのイニシアチブを握っていました。




ところが、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)とエリオ・カストロメベス(チーム・ペンスキー)の接触で15周目にフルコースコーションとなり、これより前にピットストップを行っていた面々の後方、9番手までペジナウのポジションは下がってしまいます。更に、2回目のピットストップでは、そのスティントを彼より2周長く走ったパワーが彼の前へとピットアウトしてきました。

リードするサイモン・ペジナウ

リードするサイモン・ペジナウ

しかし今回のペジナウは2位に甘んじる気はありません。ジャック・ホークスワース(AJフォイト)のコースアウトで出された今日2回目のフルコースコーションの後、61周目に切られたリスタートでパワーにアタック!バックストレッチエンドの右コーナーからコースの半周に渡って攻めの走りを続け、高速コーナーでもひるむことなくサイド・バイ・サイドでバトル。その気迫に圧倒されたのかパワーがターン9でラインを少し外れると、その隙を逃さずインを突き、最終コーナーでパワーの前へと出てみせます。

コナー・デイリー

コナー・デイリー

ペジナウの前には絶妙のピットタイミングを活かしてトップに立ったコナー・デイリー(デイル・コイン・レーシング)がいましたが、彼は期待した3回目のフルコースコーションが出なかったことからゴール前5周でピットで給油。トップの座はペジナウの元へと戻り、そのままパワーに4秒もの差をもってゴールへと飛び込びました。

3位はカルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)。ホンダ勢トップとなった彼はインディ500以来となる今季2度目のトップ3フィニッシュ。

佐藤琢磨

佐藤琢磨

佐藤琢磨(AJ・フォイト・レーシング)もまた、デイリーらと同じく序盤の早目のピットストップで上位へと進出。最後のピットストップの後に4位を走っていましたが、5位のセバスチャン・ブルデイ(KVSHレーシング)がブレーキングをミスして追突。琢磨ともどもコースアウト。グラベルにスタックせずに済んだ琢磨はコースに復帰しましたが、順位を落とし9位でフィニッシュ。2戦連続のトップ5フィニッシュを惜しいところで逃しました。

インディ第13戦ミド・オハイオ 結果




ドライバーコメント

サイモン・ペジナウ(チーム・ペンスキー)

「今日の戦い方は僕らが考えていた通りのものだった。そして、目指していた通りの結果も手に入れた。残る4レースも思い切り攻め続ける。アグレッシブに戦う時が来た」

カルロス・ムニョス(アンドレッティ・オートスポート)

「今年はピットタイミングにおける不運が多過ぎた。今日やっとベストのタイミングでピットできた。チームにとっても表彰台は久しぶりだ。今週の走り始めはマシンが酷い状態だっただけに、表彰台フィニッシュは嬉しい」とムニョスは喜んでいた。

佐藤琢磨(AJ・フォイト・レーシング)

「予選が20位だったのだから、9位も悪い結果じゃないんですが、4位は間違いないところだっただけに悔しい。あの追突はない・・・。自分たちのラップタイムはまともに戦って4位に入れるレベルにはなかった。しかし、安定したペースで走り、ポジションを守る戦いはできていた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2015年度

スーパーGT第2戦富士 決勝レースはMOTUL AUTECH GT-Rが完勝! フォーミュラE 開幕戦 決勝/セバスチャン・ブエミ圧勝 WEC第2戦スパ決勝は7号車アウディが2連勝 「グランツーリスモ6」が“アイルトン・セナ・トリビュート”を無料公開 F1バーレーンGP決勝レース ハミルトンがポール・トゥ・ウィン! インディカー第3戦 決勝はシボレー勢の圧勝 フォーミュラE 第6戦 ネルソン・ピケJr.が優勝 フォーミュラE 第7戦 モナコ決勝/ブエミ ポール・トゥ・ウイン インディ第5戦決勝レース/ウィル・パワーがポールtoウイン F1スペインGP 決勝/ニコ・ロズベルグが今季初ポール・トゥ・ウィン WTCCニュル決勝レースはシトロエンが連勝 ニュル24時間/僅差でアウディ連覇 フォーミュラE第8戦ベルリン/ルーカス・ディ・グラッシが今季2勝目 スーパーフォーミュラ岡山/石浦宏明ポールトゥウィン F1モナコGP 決勝レース/ニコ・ロズベルク優勝 インディ500/モントーヤ選手が15年振りの勝利 世界ラリークロス第4戦/ソルベルグが今季2勝目 インディカー第7戦デトロイト決勝/ムニョス選手が初勝利 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0/笹原右京、初優勝! 佐藤琢磨今季初表彰台/インディカー第8戦デトロイト決勝 フォーミュラEモスクワ決勝/ピケJr.完勝 F1カナダGP決勝/ハミルトン逆襲のポール・トゥ・ウィン WTCCロシア、ホンダのモンテイロが2年振りの勝利 ル・マン24時間レース/ポルシェ勢圧勝1・2フィニッシュ インディ第10戦トロント決勝/ニューガーデン今季2勝目 スーパーGTタイ決勝/GT500クラスS Road MOLA GT-Rが昨年の雪辱V F1 オーストリアGP 決勝/またもやメルセデス1・2フィニッシュ フォーミュラE第10戦決勝/ブエミがポール・トゥ・ウイン インディ第11戦フォンタナ決勝/グラハム・レイホール優勝 フォーミュラEロンドン決勝/サム・バード優勝ピケJr.初代王者 F1イギリスGP 決勝/ハミルトン逆転母国V インディカー第12戦決勝レース/セバスチャン・ブルデー優勝 スーパーフォーミュラ富士 決勝レース/オリベイラ優勝 一貴2位 インディカー第13戦 アイオワ決勝/ハンター-レイが今季初優勝 F1ハンガリーGP決勝/ベッテルが今季2勝目ビアンキに捧ぐ インディカー第14戦オハイオ 決勝/レイホール地元で今季2勝目 スーパーGT富士決勝/D'station ADVAN GT-R大逆転 F1ベルギーGP決勝/メルセデス1-2フィニッシュ インディ ポコノ戦決勝/ハンター-レイ勝利 スーパーフォーミュラもてぎ決勝/石浦ポール・トゥ・ウイン スーパーGT鈴鹿1000km決勝/PETRONASが今季初V WECニュル/ポルシェ圧勝ウェーバー初優勝 インディ最終戦決勝/ディクソンが逆転で王者獲得 F1イタリアGPの決勝/ルイス独走V、ベッテル2位、ロズベルク出火 スーパーフォーミュラ オートポリス/中嶋一貴初勝利 WEC第5戦オースティン決勝/ポルシェ919が2連勝 スーパーGT SUGO/GT500 大波乱でRAYBRIG NSXが今季初勝利 F1 シンガポールGP決勝/跳ね馬ベッテルがポール・トゥ・ウイン F1日本GP決勝/メルセデス1・2フィニッシュ WEC第6戦富士決勝/ポルシェの逆転で1-2獲得 F1ロシアGP決勝/ルイス・ハミルトン圧勝 スーパーフォーミュラ第6戦SUGO/ロッテラーがポール・トゥ・ウイン F1アメリカGP 決勝/ルイス・ハミルトン今季10勝目 スーパーGTオートポリス決勝/GT500クラスはMOTUL AUTECH GT-Rの勝利 スーパーGTオートポリス決勝/GT300クラスはB-MAX NDDP GT-Rの勝利 F1第メキシコGP決勝/ロズベルグポール・トゥ・ウインで完勝 WEC上海決勝/ポルシェ4連勝 フォーミュラEプトラジャヤePrix決勝/ディ・グラッシ優勝 スーパーGT もてぎ決勝/GT500はKeePer TOM'S RC Fがポール・トゥ・ウイン スーパーGT もてぎ決勝/GT300はTOYOTA PRIUS apr GTがポール・トゥ・ウイン F1第ブラジルGP決勝/ロズベルグ ポール・トゥ・ウイン WEC最終戦バーレーン決勝/18号車ポルシェ優勝 F1最終戦アブダビGP決勝/ロズベルグがポール・トゥ・ウイン

カテゴリー

アーカイブ